【制服がないあなたへ】オフィス用の服選びをお助けします。

【初心者】Canon EOS Kiss X9i,10,10i対応おすすめレンズはコレ!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ひで
ひで

Canon EOS KissXシリーズ9i,10,10iで使える、おすすめカメラレンズを紹介します。

今回の記事では初心者向けにコスパ重視で使いやすいレンズたちを選んでみました。

実際に筆者が購入して使っているレンズも紹介していますので、使ったからこそ分かった特長を簡潔にまとめています。

Canon EOS KissXシリーズ9i,10,10iなら使えますので、レンズ選びの参考にしてみてくださいね。

それでは、どうぞ!

メモ

※今回ご紹介するカメラレンズはその他のCanonのAPS-Cサイズの機種でも使用することができます。

Canon EOS KissXシリーズ9i,10,10iおすすめカメラレンズ【初心者むけ】

さて、本題のレンズをご紹介します。

レンズ選びのポイントとしては、どこでどう使うかを明確にして「レンズのキャラクターをはっきりさせること」が重要になってきます。

使用シーンをイメージしながら読んでみてくださいね。

①まずコレを買え!超コスパな定番神レンズ

単焦点 Canon EF50mm f1.8STM

▼単焦点レンズ・Canon EF50mm f1.8 STMのポイント

おすすめの理由
  • 一眼レフらしいボケが作れる
  • ポートレートに最適
  • 値段がそこまで高くないので、ガシガシ使っても安心!

まずはEOS KISS Xシリーズをお持ちの方に絶対的におすすめしたいのが、こちらのレンズ。

Canon EF50mm f1.8STM(単焦点レンズ)です。

初心者でも写真を撮るのが上手になった!と思ってしまうほど素晴らしいレンズで「神レンズ」とも呼ばれています。

その一番の理由は一眼レフらしいボケの描写が簡単にできるということ。

主にポートレート(人物)を撮るのに適していますので、子供たちや妻(夫)との思い出づくりに旅行に持っていくのをおすすめします。

ポートレート写真
背景がしっかりボケるのが単焦点レンズの特長です。

Canon EF50mm f1.8STMはf値が1.8という、わずかな光の中でも明るく撮れるレンズなので、暗めな室内でもブレずに撮影することが可能です。

あと、このレンズはものすごくコスパがいいです。

フルサイズにも使えるのになんと1万円台!

そのため、撒き餌レンズとか呼ばれています。ふふふ…(笑)

(私たちをレンズ沼にハメるための策略とも言える)

でも超コスパのおかげで最悪レンズを壊したりしてもなんとか買い替えることができるので(痛いけど)

高価なものだとびくびくしながら使わなくていいのがいいところ。

一眼デビューの方が撮影練習に使ったり、子供や奥さんを撮ったりとガシガシ使えるレンズとしておすすめできますね。

ちなみに、こちらはフルサイズ用なのですが一眼レフのKISS Xシリーズ(APS-C)でも使えます。

将来的にフルサイズの一眼レフを手にしたいという人にもおすすめです。

▼レンズの詳細レビューはこちら

EF50mm f1.8ⅱとSTMの違いは?CANON新旧神レンズを比べてみました!
Canon EF50mm f1.8STMがおすすめな人
  • 一眼ならではのきれいなボケ感を味わいたい人
  • 人物ポートレートを撮りたい人
  • なによりコスパ重視の人

②画角が広くて軽い!お出かけ旅行に最適なレンズ

単焦点レンズ Canon EF-S 24mm f2.8

▼単焦点レンズ・Canon EF-S 24mm f2.8のポイント

おすすめ理由
  • 狭い場所でも広く撮れる
  • テーブルフォトやグルメ撮影に大活躍
  • 撮影物の近くにかなり寄れる
  • レンズも軽く持ち運びにピッタリ!

つづいて紹介するのは、Canon EF-S 24mm f2.8 です。

上記で、Canon 50mmEF f1.8 STMをご紹介しましたが、いくら神レンズとはいえ弱点があります。それは画角の狭さ。

50mmEF f1.8 STMはポートレートには最適なのですが、せまい室内や広さのない場所が得意ではありません。

それを補ってくれるのがこのレンズCanon EF-S 24mm f2.8です。

24mm(35mm・フルサイズ換算:38mm)という広角レンズになるので、

建物や場所を広く写すことができます。

ひで
ひで

焦点距離の〇〇mmは数字が小さい方が広い範囲を撮れます。

狭い室内など後ろに下がれない場所やテーブルフォトに活躍してくれます。

テーブルフォト

たとえば、SNSに旅行先でのグルメをアップしたりする際に椅子に座ったまま料理の全体を撮れるのが24mmの強みです。

また、最短撮影距離が9cmとなっており、全体を撮れる一方で撮影物の近くにぐーっと寄ることもできますので、接写して被写体を印象深くするのにも向いています。

ちなみに、ぼくの場合旅行中に9割この24mmだったということもあります。(これだけでいいんじゃねとも思います。)

お出かけにいい点としてはレンズ自体が軽いので、持ち運びもしやすく旅行の相棒としてぴったりだと思います。

Canon EF-S 24mm f2.8がおすすめな人
  • おでかけ先でランチを撮りたい人
  • 旅行で気軽に使いたい人

▼軽くて広く撮れるレンズ

③遠くのものだけじゃなく、印象的な写真も撮れるレンズ

望遠レンズ Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM

▼望遠レンズ・Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMのポイント

おすすめな理由
  • 望遠は遠いところの撮影だけでなく、パーツ撮りに使えて表現幅を増やせる。
  • 動物園やライブショーとかで実力を発揮!
  • ピースサインではない、子供の自然な表情がとりやすい。

このCanon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMは現行のEOS Kiss Xシリーズのダブルズームレンズキットとして発売されているので、お宅にすでにあるという人もおおいんじゃないでしょうか?

Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMは望遠レンズなので基本的には遠くのものを大きく撮れるので、子どものお遊戯会や運動会など被写体に近づけない場所で活躍してくれるレンズです。

水族館や動物園のショーイベントでもステージ上の動物や人物にクローズアップできるので思い出の印象的なシーンをしっかり撮影することができます。

ひで
ひで

おでかけや旅行でここぞという時に持っておきたいレンズです。

さらには望遠レンズは近い距離であっても印象的な写真を撮る時にもかなりオススメです。

望遠レンズは圧縮効果というものが大きいので遠くのものグッと寄せて迫力のある写真が撮れますし、

花嫁さんの前撮り
写真は旧型のEF-S 55-250mm F4-5.6ISで撮影

我が子のかわいい手や小さな靴などパーツにぐっと寄って撮ることができます。

パーツ写真

パーツを撮っておくと思い出の写真をフォトブックにした時などに非常に効果がでてきます。

ポートレートやダイナミックな風景の写真の中に、グッと寄ったパーツ写真があることでメリハリがつき全体のイメージがおしゃれになるんですよね。

また、子供は近くで写真を撮るとカメラを意識したポーズやお決まりのピースサインになり自然な表情でなくなることが多いですが、

望遠レンズだと少し離れたところから自然な表情を撮ることも可能です。

望遠とはいえ使い方によってはタイミングを限定せずにガシガシ使っていきたいレンズです。

Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMがおすすめな人
  • 遠くのものを撮りたい人
  • 人物や建物のパーツを印象的に撮りたい人

④めっちゃ広く撮れる!ダイナミックな景色や室内撮影に便利なレンズ

超広角レンズ Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

▼超広角・Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMのポイント

おすすめの理由
  • 雄大な自然や大きな建物を撮影できる
  • 室内のブログ用写真が撮りやすい。アイキャッチにも。

旅行先で雄大な自然や美しい都会の景色に感動すると、思わず写真に収めてしまいますよね。

でも、家で見返してみるとあんまりダイナミックに写っていない…ということがありませんか?

実はダイナミックさがない理由は、広く写すことができていないから。

でもCanon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMの超広角レンズなら、雄大な自然や大きな建物を写真一枚に収めることができます。

また、超広角レンズEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMはブログやSNSで写真をアップされている方にもおすすめ。

特に室内の全景を撮る時に重宝します。

室内は画角の狭いレンズだと全景を撮りきることが難しいですが、

超広角レンズなら広い範囲を収めることができ、写真一枚でお店の様子などを分かりやすく伝えることができます。

通常のレンズにはない超広角独自の表現により、SNS映えも狙いやすいでしょう。

Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMがおすすめな人
  • ダイナミックな自然や建物の全景を撮りたい人
  • 店内の様子を一枚で表現したい人

Canon EOS KISSシリーズのレンズは結局どれをえらべばいい?

ここまでで、それぞれの画角で使えるレンズを紹介してきました。

たくさんレンズがあって迷ってしまう…というあなたに向けてお話します。

最初の一本が決めきれない…

最初の1本はどれにしたらいいかという人はまず「Canon EF50mm f1.8STM」(単焦点レンズ)ですね。

定番の単焦点レンズですし、このEF50mmというのは実はフルサイズ機にも使うことができるレンズです。

もし、写真にハマってフルサイズ機を買いたくなったとしてもレンズを買い足さなくてもよいので助かります。

旅行やおでかけに使いたい!

もう少し画角が広い方がよいという人は「Canon EF-S 24mm f2.8」もいいですね。

ランチに出かけてブログやSNS用のテーブルフォトを撮りたいという人には、この画角がよいです。

レンズ2本でどんな場面でもカバーしたい

またレンズの役割分担を明確にして、オールマイティーに使いたいという方は・・・

「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM」の望遠レンズと「Canon EF-S 24mm f2.8」の単焦点レンズを持っておけばたいていの場面はカバーできます。

愛用しているカメラ本体 Canon EOS KISS X4の紹介

(写真はEOS KISS X9iのダブルズームレンズキット)

ぼくは今となっては古い機種になりましたが、子どもが生まれた当初に買った一眼レフ、「EOS KISS X4」を愛用しています。

この機種はAPS-Cと言ってフルサイズより少し小さなセンサーを使った機種になります。

今では当たり前になったタッチパネルでもないし、液晶が開くバリアングルでもありません。

▼それでも、次のようなところが気に入ってます。

X4のお気に入りポイント
  • 軽くて使いやすい。
  • ファインダーが覗きやすい。
  • F値などのダイヤル操作が直感的にしやすくスピーディ。
  • ミラーレスでは、レンズが大きいとフロントヘヴィになるが、本体もある程度の重量のためレンズとのバランスが取りやすい。
  • 最新のEOS Mシリーズ(ミラーレス一眼)はボタンなどの操作系が少し小さく感じる。
  • 男性の手のひらにちょうどなサイズ感でママと共有するのにもちょどいい。

EOS KISS Xシリーズはこれからカメラを始めたいなぁとか、子供のために一眼レフを買いたいという人にはとってもおすすめできるシリーズです。

もしかすると、軽量で持ち運びしやすいミラーレスのEOS KISS Mと悩んでおられる方もいるかもしれませんが、

EOS KISS Xシリーズはダイヤルのスピーディーな操作とカメラを構えてファインダーを覗いた時の使用感がMシリーズよりも勝っているため、より撮影する喜びを与えてくれます。

▼現行では、EOS Kiss X10iというものがあり、こちらがおすすめです。

Canon Eos Kissシリーズと一緒に使いたいアイテム

紹介したものすべてを収納できる愛用のカメラバッグ Lecceトート

今回ご紹介した機材をすべて収納できるバッグのご紹介です。

ぼくが愛用しているケンコー・トキナーの「Lecce」(レッチェ)というブランドのものになります。

とにかくカバン自体が軽いのと収納力が抜群なので、めちゃくちゃ気に入っています。

基本はトートバッグの形ですが、ストラップが付いているので、ショルダーとして使うこともできます。

カメラバッグとしての機能もしっかりしていて、中身はクッションが入っており仕切りも付いていますので、

カメラ本体やレンズを分けて収納することができます。

また、このカバンの最大の特徴として、上の画像ではコンパクトになっていますが、

後ろに隠れているカバンの上部を起こしてくると大きなトートバッグになります。

つまり簡単に荷室のサイズを調整できるバッグだとということです。

旅行先では施設のパンフレットや立ち寄ったお店でちょっとしたおみやげが増えることが多いですが、旅先で増えた荷物もカメラバッグに収納することができるのがLecceトートのいいところです。

▼カメラバッグ ケンコー・トキナー「Lecce」(レッチェ)のポイント

  • カバン自体が軽い!
  • トートバッグとショルダーの2WAY仕様
  • 容量が簡単に増やせる。旅行で増えたものを入れやすい。

▼サイズはSとMありますが、Mサイズが大容量でおすすめ。(ぼくは両方のサイズ持っています。)

旅行に最適なカメラストラップ サクラカメラスリング

プラスアルファでおすすめなのが、こちらのカメラストラップ。

赤ちゃんを抱っこするスリングから発想を得たというカメラストラップ「サクラカメラスリング」です。

この「サクラカメラスリング」の旅行でのポイントは他にはないファッショナブルさ。

ストールのようにカジュアルに使うことができますし、豊富な柄展開から自分の好きなものを選ぶことが可能です。

無骨なイメージのカメラストラップのイメージを一新した革新的なアイテムと言えるでしょう。

女性に合う柄も、男性にも合う柄(HOMME)も用意されているので、カメラ好き夫婦の場合は夫婦リンクコーデも可能です!

ぼくがサクラカメラスリングの機能性としてピックアップしたいのは生地が柔らかい点です。

生地がやわらかいことで旅行用のよそ行きのいい服でも、ストラップの摩擦によるダメージが少なくなります。

また、滑りがよいためストラップが引っかからずにすぐにカメラを構えることができ、

子供の一瞬の表情を狙うことができるので、家族旅行で積極的に使いたいですね。

ちなみに、我が家では「サクラカメラスリング」を長年使い続けています。気になる方はこちらの使用レビューを御覧ください。>>>

【レビュー】サクラカメラスリングをフォトグラファーが愛用している理由
サクラカメラスリングのポイント
  • ストールのように使えてワンポイントになる!
  • 生地が柔らかいので服のダメージが押さえられる
  • 滑りが良いのですぐにカメラを構えられる!

Canon EOS KissXシリーズ9i,10,10iおすすめカメラレンズ【初心者むけ】 まとめ

旅行に持っていくべきカメラレンズを中心にピックアップさせていただきました。

お気に入りのものはありましたか?

あくまでぼくの撮影スタイルなので、全てのレンズを用意する必要はありません。

一つずつ揃えて試してみるというのもアリだと思います。

自分の撮影スタイルに合わせて旅行に持っていき、印象深い思い出の一枚を収めてくださればと思います。

ちなみに、カメラレンズが欲しいという方は、楽天であれば「楽天カードの登録でもらえるポイント」でお得に買うことができますよ。

年会費も無料で安心ですし、ポイント還元システムも充実しているので、まだ登録していない人は先に登録してからのお買い物がおすすめです。

楽天カード新規入会

それでは、また!

ひでさんでした!

EF50mm f1.8ⅱとSTMの違いは?CANON新旧神レンズを比べてみました! Canon eos kiss mレビュー!特徴やポイントを解説 口コミも 【コスパ優】おすすめ子育てカメラ15選パパママ向け予算10万程度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください