30代4児パパがブログをはじめた理由とは?(プロフィール)

【ブログ更新のコツ】毎日じゃなくてもいい。できない時は、明日の自分にパスしよう!

この記事ではひでさん流の「子育て中のブログ更新のコツ」を紹介します!

 

子育てをしながらのお仕事や家事ってなかなか思うようにいかないですよね。

なにより、思うように時間がとれないこと。これに尽きると思います。

 

それでも、忙しい合間をぬってブログ更新を励まれているあなたはすごいと思います。

自分自身をほめてあげてください!

ひでさん

よくがんばった!!

ただ、現実問題、子育て中はブログ更新している時にもいろいろなことが起こってきますよね。

特に子どもたちはこちらのことはお構いなしです。

ぼくも筆が乗ってきた!と思うときほど、子どもたちの襲撃にあいます(笑)

 

結果イライラしてしまって、「静かにしなさい!」と、子どもたちに当たることもしばしば。

また、そんな心理状態で記事を書いても悪循環なんですよね。

 

でも、考え方を少し変えると子どもたちと上手く付き合いながらブログ更新をすることができたんです。

 

この記事を読むとあなたも子育てをしながら仕事や家事をスムーズにできるきっかけをつかめるはずです。

 

それではひでさん流の「子育て中の仕事術」について、これから詳しくお伝えをしていきますね。

100パーセントの完成にせず、明日の自分へパスをしよう!

ブログの執筆ってけっこうな時間がかかります。

早い時は1時間ほどで終わりますが、内容が多かったりすると2、3時間、それ以上かかるということもあります。

文章を書くことに慣れてない人や苦手な人はなおさらです。

 

そして、ブログの執筆は一度取り掛かると、最後まで終わらせたいと思いますよね。

うん、わかります。わかります。

更新してスッキリさせたい!

そんな感じだと思います。

 

でも、実は一度ですべて終わらせようという思いが、イライラの原因になっているんです。

「この時間に終わらせようと思っているのにぃ!」と、集中している時に邪魔されたら、誰でもざわざわしてきますからね。

 

ですから、考えを少し変えてみる。

 

具体的に言うと、ブログの執筆を1回で終わらせないようにしてみるのです。

ポイントは「明日の自分にパスをする」です。

 

「明日の自分にパス」というのは、できているところまででよしとして、明日の自分に引き継ぐってことです。

この考え方をすると、ずいぶん心が楽になります。

 

まだ当日に作業できそうなポイントがあるなら、数時間後の私でもいいですが、明日の自分にって、なんだかSFの主人公になったみたいでカッコイイので、こう呼ぶことにします。

具体的にどうするの?

ぼくがおすすめするのは、

子どもたちの襲撃にあいそうだな。

 

体力が持たない。眠すぎるっ!!

というときは、

早々に100パーセントの完成をあきらめること。

そして、文章の流れを箇条書きにしておくことです。

MEMO
緊急時だけでなく、普段から箇条書きで始める習慣をつけておくと、急な用事などに対応しやすくなります。

この記事であれば、

  • 最初に子育てあるあるを書こう(ブログ更新を中心に)
  • 仕事術の概要、キャッチフレーズなど
  • 具体的な内容を書いていく
  • まとめ

 

という感じです。

この作業を先に行うことで、更新作業が中断することがあっても流れを見失うことがありません。

また、なんとなくでも書く内容が決まってくるので、少しの空き時間に各章(箇条書き項目)の内容を考えることができます。

 

ただこれには少しポイントがあって、素材集めや、最初に書きたいことや伝えたいターゲットを明確に決めておくことをおすすめします。

そうすることで、ゴールがはっきりして、より早い執筆が可能になります。(機会があればお伝えします。)

気持ちも重要!1回目の完成度は10パーセントでもOK!

あと、重要なのは自分の気持ちに向き合うことです。

できなかったことを引きずるのではなくて、できたことを喜びましょう。

例えば…

ひでさん

記事を100パーセント仕上げられていない…(モヤモヤ)

と考えるか、

ひでさん

箇条書きもできたし、明日には肉付けするだけで完成だ!早く寝よう!

と考えるかです。

できないときはできません。

そんな時は完成度10パーセントでもよしとして、明日につなげましょう。

10パーセントだったとしても、すぐ記事更新に入れるいいパスだったりもしますからね。

ブログは基本的に楽しく更新する方が長く続けられるので、自分が楽になることを実践していくのも、重要な自分のマネジメントですよ。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

無理をせず「明日の自分へパスをする」と考えてみるだけで、ブログを続けやすくなりますし、心に余裕が出るので、子どもたちにとっても嬉しいことになります。

この考え方はいろいろなところにも応用が利くので試してみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください