30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

【子育て】自分の時間なのにっ!…という時に、あえてとるべき行動とは?

「自分のしたいことがあるのに、できない!」

ってこと、多いですよね。

ほんと、子育ての悩みは尽きません。

 

今回は子育てあるあるな状況での気づきをブロガー目線でお伝えしたいと思います。

ブログ更新中のあるある

ブログ更新しているときに限って、子どもが「遊んで!」って来たり、「おねえちゃんが頭たたいた~!」とか言って来たりしませんか?

ぼくは毎晩仕事を始めようと思った時にそんな感じになります。

さらには、4人子どもがいるのでかわるがわる、4倍で押し寄せてきます。(笑)

 

そんな時に思うことは…

「せっかくいいところだったのに!!」

「考えがまとまりそうだったのに!!」

「集中力が!!」

ということばかり。

おもわず怒鳴ってしまうことも多いですよね。

 

でも、子どもにとっては親が何をしているかなんて、そんなことおかまいなし。

だって、自分の素直な思いを伝えているだけですもの。

 

ただただ、構って欲しい。

ただただ、話を聞いて欲しい。

その思いをストレートに言葉と態度にあらわしているだけです。

ブログ更新作業中の気づき

先日、こんなことがありました。

ブログの更新をしていると、一番下のチビちゃんがやってきました。

まだ、しっかりしゃべれないその子は一生懸命に「あーあー!」とコミュニケーションをとってきます。

 

どうやら、ぼくのひざに乗りたいようです。

パソコンの画面でもみたいのでしょうか?

 

心の中で「来たかぁ」と、思いました。

いつもなら、ちょっと待っててねというところですが、その時はなぜだか、かまってやろうという気分になりました。

 

そこで、思い切って作業をやめチビちゃんをひざにのせてやると…

 

にこにこっ!と、思いっきり笑顔に!!

 

その笑顔を見て、こちらも思わず笑ってしまいました。

結果的にパソコン作業で固まっていた体がゆるんでいいリラックスになりました。

時には思い切ってやめてみるのもおすすめ

そんな出来事から思ったことは、作業をやめてみるのも時には必要だなということです。

 

ブログ更新中に子どもがやってくるとイライラしてしまいがちですが、じつはそうではありません。

作業中というのは、もうすでに余裕がない状態なんですよね。

そんな余裕がない時に子どもがやってくるから、すぐに怒鳴ったりしてしまうんです。

 

余裕がない時に作業をしても効率はあがりません。

だから、子どもがやってきたときは、休むチャンスだと思って、例えいいところであっても、思い切って作業をやめてみましょう。

「そろそろ休憩時間だよ~」と言ってくれるんだと思って、子どもと遊ぶのもいい息抜きになりますよ。

 

現実的に毎回というわけにはいかないでしょうが、思い切ってやってみると新たな発見があるかもしれませんしね。

たとえば、子どもとの時間の中にブログネタが転がっているかもしれません。

今回のぼくのように、まるまるネタにすることだってできますし(笑)

 

やってもいいかもと思ったら、ぜひ、一度やってみてください。

子どもにも自分にも、けっこう効果ありです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください