Amazonチャージ・初回1000pもらえる>>>

アラジン・グラファイトグリル&トースター4枚焼きレビュー メリット・デメリットは?

 

こんにちは!朝はパン派の管理人ひでです。

ひでさん

 

私はキッチンのトースターが壊れて以来、新しいものを探していました。

 

毎朝パンを焼いて食べるので、どうせならおいしいパンが焼けるものがいいと考え、あれこれ悩んだ結果「アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き」に決めました。

 

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きはデザインもかわいいですし、面倒な手間なくおいしくトーストができるので毎朝活躍してくれています。

 

今回の記事ではアラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きを選んだ理由や実際に使ってみて分かったこと、

ライバル機種である「バルミューダThe Toaster」ではなくアラジンを選んだ理由などを分かりやすくお伝えしていきます。

 

トースター選びで悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、どうぞ!

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きを選んだ理由

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きを買った理由を簡単にまとめると次のようになります。

  • ころっとしたデザインとカラーがいい
  • 火力が強いのですぐ焼けて忙しい朝にいい
  • 水なしでさくっモチのおいしいトースターが食べられる
  • 家族が多いので大きいサイズがよかった

 

そもそもトースター探しが始まったのは10年ほど使ってきたトースターが故障して朝食のパンが焼けない状態になったからでした。

 

で、数あるトースターの中からどうしてアラジンのトースターにしたかということですが、

 

その最大の理由は「手間なくおいしいトーストができるから」です。

 

アラジンのトースターの最大の特徴として一気に高温になるというものありますが、これって一気に焼き上げるピザ窯と同じ発想なんですよね。

さとみん
石窯焼きのピザっておいしいですよね!

「遠赤グラファイト」がわずか0.2秒で発熱し、庫内温度を高くします。短時間かつ高温で一気に焼き上げることで、食パンの水分が中に保持された状態になり、外はカリッと、中は水分が残っているのでモチモチとしたトーストを焼き上げることができます。早く熱く調理することが、おいしいトーストを作る秘訣です。

アラジンダイレクトショップ・アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 説明ページより

 

この性能のおかげでおいしいトースターが手軽にできるわけです。

 

ひでさん
しかも手軽に「アラジン焼き」なるおいしい焼き方もできちゃうんです!(のちほどやり方を説明します)

アラジンダイレクトショップ・アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 説明ページより

 

まあ、そのへんにある格安トースターから比べるとけっこう価格がしますが、毎朝おいしいトーストが食べられると考えると投資する価値は十分にあると考えました。

 

 

それとアラジンのトースターはバルミューダのトースターと比較されることも多いのですが、

アラジンは水を入れずに使えるのが決め手でした。

 

私はけっこうめんどくさがりなので、水を入れるひと手間があるとストレスになってそのうちしなくなるだろうし、

水を入れないと本来の力が発揮できないトースターであれば、水を入れなくなると普通のトースターと変わらなくなってしまうと思ったのです。

 

そんなことで最終的にアラジンのグラファイト グリル&トースター 4枚焼きを選びました。

 

 

さらに2枚焼きか4枚焼きかという選択肢もありますが、

4枚焼きにしたのは単純に家族が多いからとピザも時々焼くので、そうしました。

 

購入先は楽天でしたが、時期的なこともあり2カ月弱待ちに待ってようやく手に入れました。

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 外観

グラファイト グリル&トースター 4枚焼き、まず目を惹くのはそのデザイン。

他のトースターとは違い角が丸こっくて独特の存在感を放っています。

そして、この緑のカラー。

近年レトロな石油ストーブで有名なアラジンが作っているだけあって、あのストーブの緑が継承されています。

これはアラジンのブランドカラーと言ってもいいものですが、レトロで落ち着くカラーだと思います。

 

▼本体下部の中ほどにはアラジンマーク

 

▼左側には温度調整のつまみ。100度から280度までとけっこう細かく調整できます。

 

▼右側はタイマー。

 

▼4枚焼きなので後ろが出っ張っています。前から見るとスリムだけどここで庫内の広さを確保しているんですね。

 

▼丸っこい棒のような足ではなく、しっかり大きいので安定して使うことができます。

 

▼側面には調理時間の目安も書かれています。(その他の詳細な焼き時間は説明書に書かれてあります。)

 

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 庫内

▼それでは中を確認してみましょう。

ぱかっと開けると…

こんな感じ。4枚焼きだけあって結構広いです。

 

 

グラファイト部分を見てみます。

下にグラファイトが三灯。

 

上部に一灯のグラファイト。

 

全部で4つのグラファイトがあります。

ひでさん
けっこう多いですよね。

このグラファイトの多さが火力の決め手になっています。

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 使ってみた

ここからは実際に使ってみた様子をお届けします。

 

▼このアラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きですが、普通の食パンであれば4枚入れることができます。

4枚入るとけっこう圧巻ですね。

 

 

▼そしてご覧のように一瞬でグラファイトが点灯するので本当にあっという間に焼けてしまいます。(下手すると焦げてしまいます…)

 

 

0.2秒で発熱する遠赤グラファイトのおかげでトーストが焼けるのが早いですし、

余計な手間もかけずにサクッと中はふわっとというパンが食べられるのが魅力です。(慣れてきたらアラジン焼きがおすすめ!)

網が外せてお手入れが簡単

▼お手入れも簡単です。

パンくずトレイがすぐに取れるようになっていますので、布巾などでさっとパンくずを捨てればすぐにきれいになります。

 

またお手入れに関しては、網が簡単に外れるのも大きなポイントですね。

 

トースターを使っていると焦げやチーズなどがこびりついてしまうことがありますが、

網自体が本当に手軽に外せるので洗剤やスポンジでゴシゴシと洗うことができます。

 

格安トースターではあまりない網外し機能ですが、これはホント便利ですし毎日トースターを使うという人には特に押したいポイントですね。

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き アラジン焼きに挑戦

最初のほうで紹介したアラジン焼きについて説明します。

▼アラジン焼きとはアラジン独自の「外カリ、中モチ」のおいしい食パンを生む焼き方のことです。

しかもこの「アラジン焼き」むずかしいセッティングは必要ありません。

 

アラジン焼きをするには網の前後を180度回転させるだけでOKなんです。

 

ひでさん
それでは実際にアラジン焼きのセッティングをしてみますね。

 

▼こちらが通常状態の網です。

 

 

これを外します。持ち上げるだけですぐに外れます。(2019年に発売のもの)

そしてこのでっぱりの部分を前方に持ってきます。

 

▼こんな感じ。

 

これでセッティングはOK。

 

ひでさん
ね!簡単でしょ?

あとはパンを焼くだけです。

 

ちなみにどうして網を回転させるだけでサクッモチのアラジン焼きができるかというと、網に秘密があります。

 

▼下の写真を見てもらうと分かるのですが、でっぱりの部分がスペーサーになって少し網の位置が通常より高くなっているのが分かるかと思います。

この高さ分パンの上面が上部のグラファイト(おそらく上部のグラファイトの方が火力が強い設定になっている)に近づくのでパンの上面がサクッとなるわけですね。

ひでさん
シンプルなアイディアですが、食べてみると確かに違うので関心しました!

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 使った感想

買ってみて使ってみて良かったなと思うのは、まず見るたびに嬉しくなるデザインです。

白物家電が多いキッチンの中でこのカラーリングとたたずまいは素敵すぎです。

 

昔の電話や扇風機、冷蔵庫を思わせるレトロなデザインもなんだか落ち着きます。

 

 

実用的な部分ではパンが早く焼きあがるところがポイント高いです。

 

火力がありすぎるぐらいなので最初のウチは下手をすると焦げますが、だんだんと時間や火力調整も慣れてくると思います。

 

 

あと、地味に便利なのが4枚焼きについてくるグリルパンです。

 

グリルパンはモノがしっかりしていますし、から揚げやフライものを温めなおす時に重宝します。

グリル&トースターを使って作れる専用のレシピ冊子もついてくるのでレパートリーの幅を広げるのもおすすめです。

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き メリット・デメリット

 

ここからはメリットとデメリットをお伝えしていきます。

メリット

  • レトロなデザインが嬉しい
  • トーストがおいしい
  • すぐに焼けて時短になる
  • グリルパンが使える

 

デザインも優れていますが、実用的なメリットとしてはとにかくパンがおいしくすぐに焼きあがることですね。

あと4枚焼きを選んだのも正解で家族が多い場合はパンや餅などを一気に焼くことができるので、忙しい朝の時短になります。

フライやから揚げなど揚げ物を温めることがある人はグリルパンが便利です。かなりしっかりしたつくりなので長く使っていけそうです。

デメリット

反対にデメリットです。

使ってみて分かってきたのですが、アラジン グラファイト グリル&トースターにももう少しという点がありました。

  • 火力が強いので慣れるまで時間がかかる
  • 温度ダイヤルの指している方向が分かりにくい
  • タイマーが「切」ちょうどでチンと言わない
  • 上の部分がなだらかな山になっているのでモノが置きにくい

 

まず最大の特徴である火力ですが、便利なのですが扱いに慣れるまですこし時間がかかるかなと思います。

特に以前まで使っていたものが火力の弱いモノであればなおさらです。

ですが、うまく使えるようになるとほんとうに手間なくおいしいパンが焼けるので説明書に書いてある目安の時間を見ながら自分なりの焼き加減を見つけていくといいと思います。

ある意味ではそういう楽しさも含んでいるおもしろいトースターだなと言えます。

 

▼それと温度ダイヤルですが、温度を合わせる部分に溝がつけられているだけなので、薄暗いキッチンなどに置くと見にくくて時々真逆を指していることがあります。

上の写真で言えば、正しくは220度付近を指しているのですが、溝の部分が見にくくて反対の100度付近を指しているように見えてしまうのです(この逆もしかり)

 

このため一気に焼こうと思っていたところ適切な時間になってもパンが焼けていないということが数回ありました。

この現象は家族が多い場合にそれぞれが温度調整すると発生しやすいです。

 

ただし回避方法は単純で直前にしっかり温度を確認することによって、温度が低いまま焼いてしまうということは防げるかなと思います。

 

 

また、タイマーの「切」の部分とぴったりなる前に「チン!」という音が鳴ってしまいます。

あるていど長い時間使う時はいいですが、たとえばもう少しだけ(あと1分弱だけ焼きたいなど)焦げ目をつけたいというような使い方をする時には少し慣れがいるなと思います。

 

 

それとウチの女性陣の意見として「オーブンの上に物が置けたら良かったのに…」ということがありました。

以前のトースターは上が真っ平でモノを置けたので便利が良かったみたいです。

とはいえ、最近ではそういうものだと思っているようであまり文句を言わなくなりました。

デザイン的に考えると上に置かない方が汚れないし、ごちゃごちゃしないかなと思っています。

(置こうと思えばお皿一枚くらいは不安定ですが置けるんですけどね)

 

総じてクセのようなものがありますが、私的には道具感があっていいなと思います。

フォルムもレトロですしなんだか放っておけない存在というか、母性くすぐるトースターというか。

そんなトースターおそらくこのアラジンしかないと思いますね。

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 他の人の口コミ

ここからは使っている方の口コミも見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 購入したほうがいい人

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きを購入した方がいい人は次のような人です。

  • 朝が忙しい人
  • めんどくさがりな人
  • 家族が多い人
  • レトロデザインが好きな人
  • ピザとかフライ、から揚げをよく温める人

このあたりに当てはまる人はおすすめできます。

 

反対に焼き加減の扱いに慣れるまでに時間をかけるのは嫌だという人はやめておいた方がいいかもしれませんが、

慣れてくるとその性能や便利さを遺憾なく発揮できるので、1台のトースターを長く使いたいという人におすすめです。

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きか2枚焼きか?

アラジンのグラファイト グリル&トースターには2種類のタイプがあります。

 

2枚焼きと、4枚焼きです。

 

一人暮らしであれば4枚焼きは不要でしょうから2枚焼きがおすすめですが、

家族とお住まいの方はどちらかで悩まれると思います。

 

私は4枚焼きを使っていますが、タイミングによっては4枚焼きでなくとも大丈夫なこともあります。

 

そこで4枚焼きを選んだ方がいい人をまとめてみました。

 

  • 大き目のピザをよく焼く人
  • 出勤・通学時間などが似ていて同時にトースターを使う人
  • グリルパンを活用したい人

 

という感じになります。

 

大きなピザを焼きたいという人は4枚焼きがいいですし、同時にトーストを3枚以上仕上げたいという人は4枚焼きのサイズがおすすめです。

また4枚焼きにはグリルパンがついているので、フライなどの温めを頻繁にする人やグリルパンでの料理をやってみたいという人も4枚焼きがおすすめです。(2枚焼きにはホーローの受け皿がついています)

 

それ以外の人は価格的にもお安い2枚焼きでいいかもしれません。

▼2枚焼き

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き 見分け方

アラジン グラファイト グリル&トースターですが、見た目にどちらが2枚焼きでどちらが4枚焼きか分かりにくいことがあります。

そこで見分け方をお伝えしたいと思います。

 

まず商品名が違います。

2枚焼きは「アラジン グラファイトトースター 2枚焼き」

4枚焼きは「アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き」

となります。

ひでさん
「グリル&」が入っている方が4枚焼きです。

 

また品番がAGT-G13A(G)、AGT-G13A(W)の二つが4枚焼きになります。

CAT-GS13B(G)、AET-GS13B(W)が2枚焼きです。

 

▼まとめると次の通り。

アラジン グラファイトトースター 2枚焼き2枚焼きCAT-GS13B(G)、AET-GS13B(W)
アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き4枚焼きAGT-G13A(G)、AGT-G13A(W)

 

見た目に関しては次のようになります。

 

下の画像で言えば左の2台が4枚焼き、右の一台が2枚焼きになります。

画像:アラジン・ダイレクト・ショップより

 

ひでさん
どこが違うか詳しく見ていきましょう。

 

 

▼下の2枚の画像を比べると温度調整とタイマーのダイヤル左右のスペースの幅が違うことが分かるかと思います。

広い方が2枚焼き、狭い方が4枚焼きになります。

 

ただし、2019年に1回バージョンアップしているので、中古で購入を検討している方は新旧のタイプが混在していると思われますので、注意が必要です。

ちなみに旧品番はAET-GS13N-WとCAT-GS13A-Gになります。

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き どこで買う?最安値は?

購入場所ですが、私は楽天で購入しました。

 

アラジンの公式ダイレクトショップでは定価は22000円(税込み)となっていますので、これより安ければ買いといえます。

 

2020年現在、楽天市場かYahoo!ショッピングでは2万円弱(おそらく最安値)で購入できるようですので

ポイントを考えるとどちらかのサイトがおすすめかなと思います。

 

下のリンクから各サイトの価格を見れますので参考にしてみてください。

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き バルミューダとの比較

アラジン グラファイト グリル&トースターはよくバルミューダのThe Toasterと比較されます。

 

私も実際、対抗馬バルミューダと比較した上で最終的にアラジンを購入しました。

 

その決め手となったのは「水を入れる手間」と「サイズ」でした。

 

まず「水を入れる手間」ですが、バルミューダのトースターは水を入れることで最大限の力が引き出されおいしいトースターができる仕組みになっています。

 

ところが私はめんどくさがりという性格があるので、こういったひと手間がいる場合そのうち水を入れなくなるだろうという危惧がありました。

 

つまりバルミューダをおいしいトースターを焼く目的で買った意味がなくなると判断しました。

 

であれば、水を入れるという作業がなくても最高のパフォーマンスを発揮できるアラジンがいいだろうということで、購入に踏み切りました。

 

ひでさん
ちなみに、スチームを諦めきれない人は、水を入れる代わりになる商品も発売されています。

▼こちらは、ヒット商品になっているようでバルミューダを諦めたけれど、パンをスチームするのが気になるという方はこちらで試してみるというのもいいかもしれません。

 

それともう一つ。

実用的なところで単純に庫内スペースがアラジンの方が広いということがあります。

 

私は家族が多いので一気にパンを数枚焼くこともありますし、お店で買ってきた大きなピザを焼くこともあります。

 

大は小を兼ねる。

私の用途に耐えられるのがアラジンでした。

アラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼き まとめ

今回の記事ではアラジン グラファイト グリル&トースター 4枚焼きをご紹介しました。

 

焼き加減に関しては高性能なスポーツカーのようで

慣れるまでちょっとかかってしまうと個人的には思いますが、そこも含めて愛せるトースターだと思います。

 

このトースターを買ってから毎朝キッチンに行ってパンを焼くのが楽しみになっています。

おいしいと評判のパン屋さんでパンを買ってきて、最高の状態でパンを温めなおすということもできるようになりました。

朝からおいしいトーストを家で食べられるなんてなんて素敵な日々なのでしょう。

 

ぜひ、あなたもおいしいトーストで始める一日を。

 

それでは、また!

ひでさんでした!(@tekutekuhidesan

 

\おいしいトーストで始まる日々を/

 

合わせて読みたい

アラジンのトースターで焼いたパンにコーヒーはいかが?

KINTO ダブルウォール コーヒーカップ コップの水滴垂れ対策に! ハリオのフィルターインコーヒーボトルで美味いアイスコーヒーを作る ブルーボトルコーヒーの清澄マグカップ!デザインや使いやすさはDo?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください