Amazonチャージがお得!1000円もらえるキャンペーン再開>>>

京都三条・喫茶店【六曜社地下店】のコーヒーとドーナツが絶品!!

こんにちには!ひでさんです。(@tekutekuhidesan

日常をほんのりよくする情報を発信しています。

今回は京都の伝説的喫茶店『六曜社』についてお送りします!

ひでさん

京都は喫茶店文化が根付く場所。

その中の一つ、コーヒー好きなら一度は行ってみたいお店が河原町三条にある『六曜社』です。

現在、カフェを営む若い世代も影響を受けているというこのお店。

京都では伝説的なお店になっているようです。

今回はそのお店の様子をお伝えしたいと思います!

それでは、どうぞ!

この記事のポイント
  • 六曜社の場所がわかる!
  • 六曜社の雰囲気がわかる!
  • おいしいドーナツは必ずコーヒーと一緒にたのむべし!

京都喫茶店・六曜社(地下店)の基本情報

所在地〒604-8031 京都府京都市中京区大黒町(河原町通)40−1 河原町三条下 B1F
電話075-241-3026
営業時間12:00~18:00(LO 17:50)
バー18:00~23:00(LO 22:30)
定休日水曜日(祝日の場合は翌日)
アクセスJR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗り換え、地下鉄東西線「京都市役所前駅」下車、徒歩3分 または、JR各線「京都駅」から市バス「河原町三条」下車、徒歩1分
席数25席
タバコ喫煙可
参考リンクマイフェバ
ホームページ六曜社珈琲店

京都喫茶店・六曜社(地下店)の外観

三条通りと河原町の交差点から南に下ってすぐの東側にあります。

左が地下店への階段。右が一階入り口。

地下は奥野修さんが、一階はその息子さんがされています。

六曜社(1階)と六曜社地下店の違いは?

初めていくとどっちに入ればいいか迷うところですが、

1階の六曜社は8時~23時までの営業で地下店の営業は12時~23時までで、18時以降はバーになります。

また、1階は布で豆を濾すネルドリップ地下は紙で豆を濾すペーパードリップという違いがあります。

名物のドーナツは現在ではどちらでも食べることができるようです。

ただ、地下のドーナツは直前まで温めているので温かく(こちらは確認済み)、地上は室温という情報もあります。(当方、未確認)

看板には

自家焙煎コーヒー&ホームメイドドーナツの店「六曜社地下店」営業中

とあります。

ひでさん
学生時代によく通りましたが、この看板、いつも気になっていたんですよね。

階段を降りて地下の店内へ

この階段を降りていきます。

実はこの壁に貼られているタイルは清水焼なのだそう。

京都喫茶店・六曜社(地下店)のレトロな店内

カウンターとテーブル席。昭和の香りが残る店内。

タイムスリップしたような錯覚に陥るのもこの店の特徴でしょう。

河原町に面した通りから階段を降りるとこの風景が広がっているのは古くから喫茶店文化が根付いてきた京都ならではですね。

店内を見渡してみると、意外な風景が。

若い女子や男子がコーヒーを飲みに来ているんです。

流行りの格好で訪れるカップルもいます。

 

店内とのギャップがなんというか、集団タイムスリップですね。

昭和な雰囲気の中に若い子たち。

そんな店内の雰囲気とのギャップがすこし面白く感じました。

 

また、店内が静かです。

雰囲気があるせいか、コーヒーを楽しんでいる客が多いのか。

とにかく、最近の他のカフェとは違う感じです。

京都喫茶店・六曜社(地下店)のメニュー

カウンターが空いていたので、座ります。

マスターの奥野さんとおそらく奥さんがカウンターの中に入り作業をされています。

▼目の前のメニューには

ハウスブレンドコーヒー 500円
マイルドブレンドコーヒー 500円
ミルクコーヒー 600円
ウィンナーコーヒー 680円
エスプレッソ 500円
チャイ 580円
紅茶 500円
りんごジュース 580円
(エスプレッソ以外アイスにもいたします。)

ドーナツ 160円
パウンドケーキ 260円
ロールケーキ 260円
トースト 250円
アイスクリーム 500円

また、産地別で

深煎り
中深煎り
中煎り
浅煎り

が選べます。(2018年4月時点)

ぼくは、ハウスブレンドコーヒー(500円)と名物のドーナツ(160円)を注文。

何気なく座った席がマスターの目の前で、コーヒーを淹れる様子がよくわかります。

テキパキとした動作。最近の淹れ方の本にはない動作。

なるほど。コーヒー好きにはたまらない席です。

 

席についている間もひっきりなしにお客さんが入ってきます。

満席で断られる場面もあったので、席が空いていたのはラッキーでした。

六曜社名物のサクサクのドーナツをコーヒーと。

マスターのコーヒーを淹れる姿を見ながら待っていると、運ばれてきたコーヒーとドーナツ。

さっそく、いただきます。

直前まであたためられていたドーナツはサクサク。

コーヒーとよく合います。

コーヒーはすっきりとした味わい。

評判のお店だけあって、やはりおいしいです。

京都喫茶店・六曜社(地下店)でおみやげの豆を買ったけど…

お店に行って飲んだコーヒーはとても美味しかったです。

ドーナツも最高。

 

…けれど、ちょっと気になったのが、京都のエスプリが効いている感じの対応と、お土産に買って帰った200gのハウスブレンド。

家に持って帰って飲んでみると…

ローストが行き過ぎている感じで、何度も淹れましたが苦かったです。

初めてだったので、ここの持ち帰りってこういう味?…と思いましたが、店とは全然違います。

そうそう行く機会もないので、何度も挑戦してお湯の量を調整したり、早めにお湯を落としてみたりと試行錯誤しながら淹れてみたけれど、ほとんど変わらず。

この焙煎具合で淹れてあの味が出ているとしたら、だいぶすごい。

こんなこともあるのかなと、思っておくことにします。

(それでも、たぶん、また行くとは思います。)

京都喫茶店・六曜社(地下店)のまとめ

京都の伝説的な喫茶店『六曜社』

おいしいコーヒーと昔からの喫茶店の雰囲気が味わえる場所でした。

レトロ好き、コーヒー好きは一度訪れてみることをおすすめします。

それでは、また。

ひでさんでした。

【個人ブログ】京都カフェ巡りならこの店へ!2019年版 おすすめ11選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください