30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

レポ『松川酒店』京都で角打ちというディープ体験しませんか?

今回はちょっとディープな京都を紹介します。

舞妓さんとか、お寺とか、鴨川とか、五重塔とか、大文字とか、京都タワーとか…

…は、まったく出てきません。

そんなディープな京都が気になる方は下記へどうぞ。

四条大丸裏、角打ちの松川酒店でディープ京都を堪能

こちらは四条にある大丸京都店からすぐ近くの酒屋さん『松川酒店』

酒屋さんで「角打ち」(かくうち)ができるお店です。

(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと。
デジタル大辞泉より

場所は高倉通り錦小路上がるです。

外観はこんな感じ。

『松川酒店』店舗情報

住所:京都府京都市中京区高倉通錦小路上ル貝屋町569-2

営業時間:16:00~22:00 (立ち飲み)

定休日:日曜日

問い合わせ:075-221-0817

アクセス:阪急「烏丸」から徒歩10分

にぎわう店内へ

この日は二件目に伺いましたが、中に入るととても賑わっていました。

サラリーマンたちが多く、ほとんどが常連という感じではないでしょうか?

また、建物自体が古く、年季が入っています。昔からの酒屋さんという感じでなんだかほっとしますね。

角打ちはまだ経験も浅く、いまいちシステムが分からないんですが、初心者ながらになんとかいけました。

お店の方が忙しかったり、見当たらない場合は不安になりますが、そんな時は常連さんが席を空けてくれたりして、なんとかしてくれます。(笑)

写真のようなタンスの上やトロ箱の上なんかがテーブルになっていて、ここでおつまみとお酒をいただきます。

このなんとも言えない感じがいいのです。

こちらは、おでん。お出汁がとってもしみていて、うまい。

牛すじの煮込みとこんにゃく。

甘辛く煮込まれたすじの上にのったネギと七味がたまりません。日本酒にもよく合います。

この銀のおぼん、小学校の給食で出てたやつに似ていますね。

色んなところがなんだかノスタルジー。

最後におかみさんにお会計を頼んだらこんなのが出てきました。

こちらも年季の入った、そろばん。

パチパチパチと心地の良い音。

お酒の酔いと相まって、ほんとうにタイムスリップしたような感覚になります。

 

ごちそうさまでした!

ディープ京都を堪能したいならぜひ、松川酒店へ。

おすすめです!

他にも京都にはたくさんの観光名所があるので、人気スポットのクチコミやホテル・旅館ランキングが掲載されている、こちらのページもチェックしてみてください>>>

周辺の観光スポットを楽天たびノートで探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください