Amazonチャージがお得!1000円もらえるキャンペーン再開>>>

一匹丸ごと使った『京都生そばもり平』の穴子そばがヤバい!京都駅八条口みやこみち

京都駅八条口にあるそばとうどんの店『京都生そばもり平』をご紹介します!

ひでさん

京都観光に来て無性にそばやうどんが食べたくなることってありませんか?

もしかすると京都の街並みや空気感がそうさせるのかもしれません。

 

今回はそんなそばやうどんが食べたくなっているあなたに、京都駅八条口にある『京都生そばもり平』を紹介します。

 

実際に『京都生そばもり平』のお店に入ってみると驚きのメニューに出会うこともできました。

どんなメニューだったのか、どんな味だったのか?

詳しくは記事の中でお伝えしていきます。

 

京都駅八条口でランチやディナーを検討されている方はぜひ読んでみてくださいね。

それでは、どうぞ!

この記事を簡単にまとめると?
  • 京都駅八条口の『京都生そばもり平』をご紹介し、あるインパクトメニューの実食レポートをお届けします。

京都生そばもり平 基本情報

所在地〒600-8215 京都府京都市下京区東塩小路釜殿町31−1
営業時間11:00~22:00(LO21:30)
席数45席
クレジットカード
電話075-661-2462
公式サイト・もり平

・近鉄名店街みやこみち

京都生そばもり平 外観

京都生そばもり平 外観

京都生そばもり平 外観

『京都生そばもり平』はJR京都駅の八条口側(南側)にある近鉄名店街みやこみち内にあります。

京都生そばもり平 メニュー

『京都生そばもり平』のメニューはそばやうどんが基本で、京都らしいものを食べたいという観光客のニーズを満たしてくれるものがたくさん用意されています。

 

▼少しメニューの内容を見てみましょう。

 

京都生そばもり平 にしん蕎麦セット

京都のおいしいもん全部入りのような「にしん蕎麦セット」や…

京都生そばもり平 豆腐 ゆば

豆腐やゆばがのったそば・うどん。

京都生そばもり平 ランチ 定食メニュー

お得なランチセットもあります。

京都生そばもり平 カツ丼 カツカレー丼

カツカレー丼など珍しいものも。

おつまみメニュー

16時からはおつまみメニューが提供されます。

ドリンクメニュー

ソルトドリンクやアルコールもしっかりと用意されているので、旅や出張の気分を盛り上げるのにいいですね。

 

▼もり平の数あるメニューの中で、今回ぼくが特に気になったのがこちら。

 

穴子そばうどん

「穴子そば・うどん」です。

 

「丸ごと一本」と書かれています。

 

写真のインパクトがスゴイですが、果たして実物はどうなのか?

気になったので、オーダーはこれに決定しました!

 

京都生そばもり平の丸ごと一本「穴子そば」がやってきた!

 

 

ぼくがチョイスした「穴子そば」がやってきました!

京都生そばもり平 穴子そば

はい!どーーん!!

 

メニューの写真そのまんまでした!

 

器からはみ出す穴子。

 

丸ごと一本はスケールがすごすぎます。

穴子そば iPhoneと比較

比較できるものがないかと比べてみたのはiPhone7 Plus

スマホにしては割と大きい方ですが、ヨユーで穴子の勝利です。

 

▼それでは、さっそく実食です!

 

ジューシーな穴子

まずは穴子から。

ずっしりとした重量を感じながら箸で持ち上げ、かぶりつきます。

 

衣はサクサク。

脂のりがスゴイ穴子でジューシーです。

細かい骨もそこまで気になりません。

そばもおいしい

続いて蕎麦。

温そばではなく、つゆをぶっかけるタイプです。

 

つるつると口に吸いこみました。

麺もほどよくコシがあります。

 

穴子と蕎麦の味を確かめた後はめんつゆを天つゆ代わりにして、穴子を浸しながら食べていきます。

大根おろしと一緒に食べると脂がやわらぎ少しさっぱりとします。

粉山椒

テーブルに用意されている山椒をかけると風味が変わって飽きずに食べることができます。

穴子に粉山椒をかけているところ

穴子にパラパラと山椒をかけてみました。

風味がよく穴子によく合います。

 

正直なところ大きさと脂ののりがすごい穴子なので、後半少しきつくなってしまいましたが、なんとか完食。

年齢的に油物がきつくなっている人は2人の時に頼んでシェアするというのがいいかもしれません。

京都生そばもり平 まとめ

今回の記事では京都生そばもり平の「穴子そば」をご紹介しました。

穴子そばはかなりのインパクトとボリュームで満足すること間違いなしです。

 

その他にももり平は観光客におすすめできるメニューがたくさんなので、京都らしいものを食べたいという人は一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは、また!

ひでさんでした!(@tekutekuhidesan

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください