1分で読める!ひでさんのプロフィールを見る

【写真解説】車のガラス曇り(内側)を素早くエアコンで取る方法とは?

冬場や梅雨時期、車に乗っていると突然、フロントガラスが曇って困ったことありませんか?

手でこすって曇りを取っても、またすぐに曇ってきて前がよく見えず、危険を感じたことがないでしょうか?

 

これをお読みになっている方の中には、曇りを解消しようとしてワイパーを動かしたり、エアコンをいじってみるものの、

温度が高いのがいいのか、低いのがいいのか分からず、さらに悪化させてしまい焦るという経験をお持ちの方もいることでしょう。(ここにいます。)

 

「ガラスの曇りを取る方法」って、運転と同じくらい大事なことなので、自動車教習所で教えてくれればいいのにと思いますが、そうはいかないようで。

今回はそんなお困りのみなさんのために、車のガラスの曇りをサッと解決する方法をお伝えします。

この記事を読むと分かること

●車の窓ガラス、曇りの原因

●フロントガラスの曇りを素早くとる方法

●おすすめの曇り対策グッズ

それでは、どうぞ!

ガラスの曇りの正体=結露

実は、車の曇りの正体は「結露」なんです。

冬に部屋の窓が白くなって文字がかけたり、メガネがキッチンなどで曇ったりすることがありますよね。あの現象と同じものです。

これが、車内でも起こってしまうんです。

しかも、この曇りは窓の内側に発生しますから、ワイパーを動かしても意味がありません。

 

前が見えないまま車を走らせていてはシャレになりませんから、どうにかしてサッと解決したいですよね。

この結露の解消法としておすすめなのが、エアコンを使うことです。

エアコンの設定で内側曇りを速攻解消する!

ただし、単にエアコンをつけただけではあまり改善されません。

ちょっとしたコツが必要なのです。

 

車のガラスの曇りは、「車内の湿度」と「車内の温度と外気温との差」が関係しています。

車内の湿度が高く、かつ車内の温度よりも外気温が低い条件の時(主に冬)に結露が発生します。(夏はこの反対の条件でも起こることがあります。)

つまり、この条件を変えてやれば結露は消えていくわけです。

ポイントとしては…

・車内の湿度を低くする

・車内と外気温との差を少なくする

となります。

 

もし結露が発生してしまったら素早く次のようにエアコンを設定しましょう。

  1. A/Cをオン
  2. 風量を最大
  3. 温度を最低(冷たくする)に
  4. デフロスタモードにする。
  5. 外気導入にする

こうすることで、室内を乾燥させ、窓についた結露を取り除くことができます。

なれないうちは焦りますが、曇り始めたなと思ったら一旦車を停めるなどして、落ち着いて操作してみてください。

 

デフロスタモードというのは、フロントガラス下から風を出すモードのことで、フロントガラスを表した「扇のような形のマーク」がそれです。

リアガラスは「熱線デフォッガー」でも可

こちらはリアガラス(後ろの窓)についているデフォッガー(熱線)の操作ボタン。

これを押すことで、熱線を温め氷や曇りを解消します。

 

注意
実際に熱くなるので、暖めている最中、直後はリアガラスと熱線には触れないように気を付けましょう。

 

また、サイドガラスが曇った場合はエアコンの送風口を窓側に向けて当てることで早めに解消します。

 

続いてタイプ別の操作法を見ていきましょう。(身近にあった車種のみですが。)

マニュアルエアコンの操作方法

車のグレードによって、オートやマニュアルでの操作になってきます。

まずはマニュアルエアコンでの操作を見ていきます。

画像を見ながら設定しましょう。

こちらは、スズキ・ワゴンRでの操作方法ですが、たいていの車種で共通しています。

外気導入は車外の湿度が高すぎる場合は逆効果になることもあるので、その場合は内気循環に切り替えてご使用ください。

※グレードによってはエアコン操作、ボタン配置が違ってきます。

オートエアコン(マニュアルモード)の操作方法

こちらは、通常のエアコン使用ではオートで調整してくれるので便利ですが、曇りを取るとなるとマニュアルより少しややこしいかもしれません。

画像を見ながら事前に練習しておくと安心です。

曇り取りワンタッチ機能付きもある!

オートエアコンではワンタッチで曇り取りを設定してくれるものもあります。

ホンダフィットのオートエアコン

 

ホンダ・オデッセイのオートエアコン

曇りがとれたなと思ったら、再びボタンを押せば通常のモードに戻してくれます。

※グレードによってはエアコン操作、ボタン配置が違ってきます。

その他の結露解消方法

タオルや手でふく

これは、緊急時にはとても有効な方法ですが、根本的な原因が解決していないので、またすぐに曇ってきます。

窓を開ける

外気温との差が大きな原因ですので、車内の温度と外の温度を同じにしてやれば、曇りは消えるはずです。

しかし、速攻性が薄いのと、冬に窓を開けるの寒くて使いづらいので、エアコン方式をおすすめします。

ガラスの曇り・結露を予防しよう!

上記は曇った後の解消法でしたが、ガラスの曇りは事前に予防できます。

突然曇り始めて焦る前にチェックしておきましょう。

まずは、ガラスを綺麗に掃除

ガラスにほこりや汚れがあると水滴が付きやすくなり、曇りやすくなります。

綺麗に拭き上げておくことが肝心です。

洗車グッズを使う

市販のグッズを使い、曇りにくくすることが可能です。

 

こちらは事前に塗布することが必要ですので、車内の掃除と合わせてお使いください。

 

あまり時間がないという方には以下がおすすめ。

ウェットシート方式になっているので、サッと取り出してサッと拭けます。

まとめ

ぼく自身、免許取りたての初心者のころに、曇りが発生して「どうしたらいいんだー!」とパニックになったこともありました。

そんなことにならないように、事前に解決法を知って、対処を覚えておくと、いざという時に焦らなくて済みます。

安全に運転する上で大切なことですから、ぜひ覚えて実践してみてくださいね!

 

▼合わせて読みたい>>>【選び方】4児のパパ直伝!チャイルドシートはマイカーサイズで9割決まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください