Amazonチャージがお得!1000円もらえるキャンペーン再開>>>

vlog用アクションカムOsmo ActionをDJI公式修理に出してみた 発送編

Osmo ActionをDJI公式の修理に出す手順をお伝えします。

ひでさん

購入以来かなり気にいって使っているDJIのアクションカメラ「Osmo Action」

 

このたび自分では治せない中身のエラーが出てきたので、DJIの公式の修理をしてみることにしました。

ただ修理に出すだけではなんなので、発送までの手順を記事にしてみました。

 

DJI製品を使ってみて故障が出ているけど、どうしようかな?という方の参考になればと思います。

 

それでは、どうぞ!

この記事を簡単にまとめると?
  • DJIの公式修理にOsmo Actionを出してみました。エラーの内容をまとめながら発送までの詳細手順をお伝えします。

とつぜんDJI Osmo Actionのエラーが出た

ファームウェアバージョン でハイパーラプスが追加されたり、モニター遅延も改善されてきてますます使いやすくなったOsmo action

コンパクトだし両面モニターだし、やっぱりvlogにも使いやすいな!と喜んで使っていたのですが、

 

おかしなことが起こり始めました。

 

▼この小さなほころびが悪戦苦闘のはじまりでした。

 

ひでさん
まずはエラーの詳細を見ていきます。

RSがEIS表記になってしまった

まず一番はじめにエラーに気づいたのは画面表示がおかしくなったからでした。

 

その表示とはスタビライザー効果が効いていますということを表すRS(ロックステディ)という表示。

 

このRSがオンになっている場合は右上に「RS」と表示されるのですが、この表示がいつのまにか「EIS」と表示されるようになってしまっていました。

ハイパーラプスの項目がなくなった

最近のファームウェアアップグレードで追加されたハイパーラプス。

移動しながらタイムラプスが撮影できる面白い機能です。

タイムラプスの右横に表示されるはずなのですが、どこにも見当たらなくなっていました。

おそらく初期化された状態なのでは?

これらの状態はOsmo Actionが何らかのきっかけで初期化されてしまったのだと考えました。

その理由はOsmo Action発売当初、ファームウェアがアップグレードされる前はEIS表記だったということ。

またハイパーラプスは2019年のファームウェアアップデートで初めて搭載された機能で、それが消えているということは以前の状態に戻っていると推測されました。

 

それなら再びファームウェアをアップグレードすればいいんじゃない?

 

と、言われそうですがそう単純な話ではありませんでした。

 

▼なぜならファームウェアをアップグレードできない状態に陥ったからです。

ファームウェアをアップグレードできない!

これまでのエラーの状態を見るとぼくの「Osmo Action」はファームウェアをアップグレードする前の最初期の状態になっていると思われます。

ところが、ファームウェアバージョンを見ると最新の「01.06.00.20」という表記になっているんです。

 

中身は初期化状態、でも表示上は最新のファームウェアという矛盾がアップグレードできないということにつながっていました。

 

ファームウェアのアップグレードは主にアプリの「DJI Mimo」を通して行うのですが、

本体上は最新のファームウェアになっているので、アプリのDJI Mimoと連携させてもアップグレードのお知らせが出てこず、アップグレードのおこないようがありませんでした。

MEMO

公式サイトからファームウェアをダウンロードしてSDカードに入れて行う「手動アップグレード」も行いましたが、機能しませんでした。

自分で対処してみたけど無理だった

なんとか本体を初期化させてファームウェアがダウングレードできたらチャンスはあるかも?と思い、

本体内の「工場出荷時の設定に戻す」も試してみましたがだめでした。

 

どうやら「工場出荷時の設定に戻す」はいろいろと触ってしまった項目をデフォルトにするというくらいの機能で、本当の初期化機能ではないようで、結果的にファームウェアのバージョンまでは初期化されませんでした。

 

▼これで完全に自分の力では詰みましたので、DJI公式の修理に出してみることにしました。

 

次からはDJIの修理の申し込み手順をお伝えしていきます。

 

DJIの修理申し込み手順を解説(Osmo Action)

修理申込み開始

DJIの公式ページにアクセスします。

上部にある「サポート」をクリックし、その中にある「オンライン修理受付」をクリック。

オンライン修理受付をクリック。

申し込み開始をクリック。

同じページの下に「よくある質問」があり、修理の流れを確認することができるので見ておきましょう。

ログインしていない場合はログインしましょう。

機種情報の入力

購入した時にアクティベーションを行っている場合は登録されている製品が表示されます。

修理で送る製品を選択して「次へ」をクリックします。

故障詳細を記入

ここでは故障情報を入力していきます。

まずは「修理」か「交換」かを選択します。

症状によって最適な項目を選択しましょう。

今回は「ファームウェアのアップグレード失敗」が近いと思ったので選択しました。

空欄に故障やエラーの詳細を記入します。

▼実際に書き込んだ内容は以下の通り。

最新のファームウェア(01.06.00.20)アップグレード後、しばらく順調に使えていましたが、いつの間にか右上のRSマークがEIS表記に。
他の部分を確認してみるとハイパーラプスの項目もなくなっており、どうやら初期化されてしまったようです。

その後、再びファームウェアをアップグレードしようと試みましたが、DJI Mioアプリと接続してもアップグレードの表示がでません。

Osomo actionの本体を確認してみると「詳細」内のファームウェアver.は01.06.00.20(6009)と書かれてあり最新のようです。

ですが、お伝えしたようにEIS表記、ハイパーラプスの項目など、あるはずのものがありません。

初期化もできず、ファームウェアアップグレードもできず困っています。

よろしくお願いいたします。

 

「購入先」「購入日」を選択します。

今回修理依頼する「Osmo Action」はDJIの公式オンラインストアではなく、楽天のDJI公式で買ったのですが

最適な選択肢がなかったので「オンラインストア」を選びました。

購入証明書をアップロードします。

最悪購入証明書はなくても大丈夫なようですが、スムーズに修理を進めるためにアップロードすることにしました。

購入証明書はDJI公式ストア、Amazonの場合は注文画面のスクリーンショットでもいいとのこと。

その場合…

  • 注文番号
  • お届け先
  • 注文内容

…の詳細が含まれていなければならないと書いてあります。

 

その他のストアで購入した場合は「正式な購入証明書」が必要だと書かれてあります。

「正式な購入証明書」がどれを指すのかわからなかったのですが、商品が届いたときに箱に入っていた「納品書兼領収書」をスマホで写真をとりデータをアップロードしました。

「納品書兼領収書」は注文番号、お届け先、注文内容が書いてありますし、DJIのハンコも押してあるのでいいのではないでしょうか?

購入証明書アップロードの具体的な進め方は、「ファイルを選択」をクリックして画像データをアップするか、直接画像データをドラッグ&ドロップするかです。

「ファイルを選択」してアップロードする例です。

購入証明書の画像を選んで「開く」をクリック。

画像ファイルがアップロードできたら「確定」をクリックしましょう。

  • 購入先
  • 購入日
  • 購入証明書をアップロード

ができたら「次へ」をクリックします。

「DJI Care Refresh」に加入している場合はチェックボックスに印をつけましょう。

発送物を確認する

つづいて発送するものの確認です。

今回は「Osmo Action」の中身故障なので「製品一式」としてすべて送りました。

ドローンなどは送信機や機体など壊れている部分だけ送るといいと思います。

確認をして「次へ」をクリックします。

発送情報の記入

つづいて発送情報を記入します。

「新しい住所を追加」をクリックします。

送り返してもらう住所を記入しましょう。

完了したら「保存」をクリック。

追加された住所を確認して「次へ」をクリック。

提出

最終確認です。

記入した項目を確認します。

利用規約も確認しておきましょう。

確認が終わったら「確定」をクリック。

「オンライン修理受付サービス利用規約に同意します。」のチェックボックスに印をつけ、提出をクリックします。

これで記入事項は完了です。

 

▼最後に重要な作業があるので、進みましょう。

ケースを印刷する

オンラインで情報を記入しただけでは何も起こりません。

これ以降は自分で故障した製品を発送する作業が必要になってきます。

オンライン修理申込みが完了しました。修理品を弊社までご発送ください。

と書かれています。

 

ぼくは最初ケースと書いてあるので返送用の入れ物が送られてくるのかと思っていましたが、

そうではなく「一件の修理」という意味の「ケース」でした。

 

ですので箱は自分で用意して送らなければなりません。

 

また

「ケースを印刷する」をクリックしてケース情報を印刷した上で、発送する製品内に同梱してください。

とあります。

 

▼右上の「ケースを印刷する」をクリックして、下記のケースを表示させます。

 

ケースを印刷して、送る箱の中に一緒に入れます。

ひでさん
送付先はメモしておきましょう。

故障した製品を梱包してDJIに送る

精密機械を送るので緩衝材と段ボール箱を用意しました。

これらは家にあったものですが、手元にない場合は百均などで購入も可能です。

SDカード自体に問題がない場合はSDカードを抜いておきましょう。

忘れがちなのが保護フィルター。

交換になった場合にきっちり戻ってくるかわからないのではがしておきます。

Osmo Action本体のチェックが終わったら梱包していきます。

さきほど印刷したケースの紙も忘れずに同梱します。

この後ガムテープできっちりと閉じました。

製品を送る準備が整ったら集荷してもらうか、店舗へ行きましょう。

今回は『クロネコヤマト』の店舗に持って行って発送しました。

MEMO
DJIへは「着払い」で送ってください。

Osmo ActionをDJI修理に出してみた まとめ

今回はDJIのOsmo Actionを修理に出す方法のご紹介でした。

少し手順がありますがゆっくり進めていけばそう難しくはないでしょう。

 

現在「Osmo Action」を修理に出している最中なので結果的にどうなったかというのは、後日お伝えしたいと思います。

 

それでは、また!

ひでさんでした!(@tekutekuhidesan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください