YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

ZOOMで発表者ツールを相手に非表示にしてプレゼンする方法

 

ZOOMでパワーポイントの発表者ツールを使ってプレゼンする時に、相手に発表者ツールが見えてしまうトラブル。

その原因は画面共有のウィンドウ指定がうまくいっていないからです。

また画面共有の手順を誤ると煩雑になり、ミスが起こりやすくなるので要注意です。

この記事ではミスすることなくZOOMでパワポの発表者ツールを開始する方法をお伝えします。

この記事を読めば発表者ツールを相手に非表示にしながら、自分では発表者ツールを確認してプレゼンやセミナーや会議を行うことができます。

まだZOOMとパワーポイントの併用に慣れていない人は必見です。

 

ZOOMの画面共有 パワーポイントの発表者ツールを相手に非表示にする手順(PC1台)

ZOOMの画面共有で使用するパワーポイントの発表者ツールですが、

実はモニターが1つの場合と2つの場合で表示が少々変わってきます。

多くの人はノートパソコン一台についているモニター1つだと思うので、まずはモニター1つの場合から説明してから

後半にモニター2つ(デュアルディスプレイ)の場合を説明します。

①「発表者ツールを使用する」のチェックマークを外して使わないようにする

モニター1つの場合と2つの場合どちらも共通している操作から説明します。

パワーポイントで発表者ツールを使わないという人はこの作業で一発解決です。

▼発表者ツールを使用するの左側にあるチェックマークをはずしましょう。

これでスライドショーを初めても発表者ツールからスタートすることはありません。

(ただし、経過時間を確認したり、次のスライドを見たりすることはできません。)

②パワーポイントの発表者ツールを使いながら、相手に見えなくする方法

つづいて、やっぱり便利なパワーポイントの発表者ツールをZOOMでも使いたいという場合です。

ZOOM参加者から見えてしまう発表者ツールを非表示にしながら使う方法をお伝えします。

PC1台でZOOMを使い、パワーポイントのスライドショーで発表する場合、次の手順が最もミスがなく発表者ツールを相手から見えないように隠すことができます。

  1. ZOOMを立ち上げ、ミーティングルームに入る
  2. パワーポイントを立ち上げる。
  3. 画面共有を始める
  4. スライドショーを始める
  5. 発表者ツールを有効にする

 

▼具体的な手順を見ていきましょう。

 

まずはZOOMを立ち上げて、ミーティングルームに入っておきます。

つづいて、パワーポイントを立ち上げて、発表したいスライドを出しておきます。

この時点ではスライドショーを開始する必要はありません。(この時点でスライドショーを開始すると作業手順が増えてしまいます)

 

▼つづいて、ZOOMで画面共有を開始します。

画面の共有をクリックしましょう。

 

▼パワーポイントのウィンドウを指定し、共有をクリックします。(ウィンドウをダブルクリックでも可)

 

▼自分のPCではパワーポイントのウィンドウに切り替わり、参加者にはパワーポイントの画面が共有されます。

 

▼つづいて、スライドショーを開始します。

(この時点でスライドショーを開始がベスト)

 

▼画面いっぱいにスライドショーが表示されます。参加者には大きくスライドショーが表示されている状態になるはずです。

この時点で表示されているスライドショーのどこでもいいので、右クリックし、「発表者ツールを表示」をクリックします。

 

▼すると背景が黒くなり、自分のPCには発表者ツールが表示されます。

参加者にはスライドショーの大きな画面のみが表示されているはずです。

これで、発表者ツールを使いながらプレゼンがおこなえます。

ちなみに発表者ツールでは

  • 経過時間
  • 現在時刻
  • 次のスライド内容
  • ノート(カンペ)

が分かりやすく表示できるので便利ですよね!

 

▼以上の手順を実施し、実際にどう映っているのかを事前に確認しておきましょう。

次の項目に確認方法をリンクさせておきますので、ご覧ください。

 

ZOOM画面共有でパワーポイントのスライドショーの動きを自分で確認する方法

ZOOMはPC1台では実際参加者側に映っている画面共有の映像を確認することができません。

ですが、スマホで同じミーティングルームに同時ログインすると実際の内容が確認できます。

プレゼンや会議前に事前にリハーサルして動作を確認しておくといいでしょう。

▼下記のリンクにスマホでスライドショーの動きを確認する方法をまとめています。

ZOOM自分の画面共有を確認する方法でスライドの表示ミスをなくそう!

 

ZOOM画面共有パワポの発表者ツールを相手に非表示にする手順 2画面(デュアルディスプレイ)の場合

ここからはモニター2つのデュアルディスプレイの場合の設定方法です。

デュアルディスプレイの場合は少し動作が変わってきます。

デュアルディスプレイの場合はスライドショーを開始すれば「発表者ツール」のチェックマークが入っている状態でスライドショーを開始すれば自動的に発表者ツールになります。

 

ただし、ZOOM画面共有のウィンドウ指定を間違わないことが肝心です。

ウィンドウの指定を間違うと相手側からはスライドを次に送っても動いていない状態で映ってしまいます。

▼失敗のないように次の手順で進めてきましょう。

 

ZOOM画面共有パワーポイントのの発表者ツールを相手に非表示する 手順

デュアルディスプレイで発表者ツールを相手に非表示にする方法は次のように進めていけばOKです。

  1. 画面の共有をクリック
  2. 画面2のウィンドウ指定
  3. スライドショー開始で発表できる

・・・という流れです。

補足ですが、画面共有で画面2のウィンドウを指定する理由はデュアルディスプレイを使った場合自動的に

  • 画面1が発表者ツール
  • 画面2がスライドショー

という表示になっているからです。

(Windowsのディスプレイ設定が正しくできている場合)

つまり、相手に見せたい画面(画面2)をあらかじめ指定しておくということです。

 

ちなみに、スライドショーを画面共有開始前に行ってしまった場合ミスが出る可能性が高まるのと、作業手順が大幅に増えるので注意です。

▼スライドショーを先におこなうと、こんな感じになります。(こっちは悪い見本なのでしないでね。)

  1. スライドショー開始(発表者ツール)
  2. 発表者ツールでタスクバーの表示させる
  3. ZOOMに切り替える
  4. 画面の共有をクリック
  5. 画面共有のウィンドウ指定で迷う 正解は画面2

といったかんじで、操作がややこしくなるのでやらないでください。

ウィンドウ指定を間違った場合→表示設定の発表者ツールとスライドショーの切り替えしてみる

ウィンドウ指定を間違って、発表者ツールが相手に見えている状態の時に以下の方法を試してみていください。

パワーポイントの発表者ツールの上部に表示設定という項目があるので、クリック。

 

▼つづいて、「発表者ツールとスライドショーの切り替え」を選択します。

これで、画面1と画面2の表示が切り替わるので、うまくいくと思います。

これでダメだった場合は、関係のないウィンドウを指定してしまっている可能性があるので、画面共有を停止して再度画面共有のウィンドウ指定を見直してみてください。

 

ZOOMの画面共有 パワーポイントの発表者ツールを相手に非表示にする方法 まとめ

ZOOMの画面共有でパワーポイントの発表者ツールが見えてしまうので、隠す方法は?ということについてお伝えしました。

リモートワークやセミナーも多く開催され、主催者になる方も多いと思います。

ZOOMとパワーポイントのスライドショーを使う場合は今回の方法で事前にリハーサルを行っておくことをおすすめします。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください