YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

ICレコーダー文字起こしにおすすめの機種ベスト7 口コミも紹介

会議や講演会の録音や文字起こしに役立つICレコーダーのおすすめを

安心感のある有名メーカーを中心に集めました。

 

それぞれのICレコーダーの機種の特徴と参考動画、ユーザーの口コミをピックアップしてまとめました。

記事の最後には決めきれない人に向けて管理人がタイプ別のおすすめICレコーダーをプッシュしています。

 

文字起こしはICレコーダーの音質で決まるので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、どうぞ!

 

icレコーダー7選!文字起こしにおすすめの機種を紹介 口コミは?

 

SONY ICD-UX570F

内蔵マイクステレオ(Sマイクシステム) モノラル
内蔵メモリーICD-UX570F:4GB
対応外部メモリーmicroSDHC/microSDXC
最大録音時間<ICD-UX570F>
LPCM 44.1kHz/16bit 5時間20分
MP3 192kbps 39時間45分
MP3 128kbps 59時間
MP3 48kbps(モノラル)159時間
電池持続時間マイク録音時 LPCM 44.1kHz/16bit 約20時間
MP3 192kbps/128kbps/48kbps(モノラル) 約22時間
電池の種類内蔵リチウムイオン充電式電池
質量約48g(電池含む)
FMラジオ
USB充電
急速充電

SONY ICD-UX570Fの特徴

トピック
  • Sマイクシステムで聞きやすい自然な音を録音できる
  • おまかせボイスで簡単に高音質録音
  • 急速充電にも対応

 

ソニーの技術で遠くの音や小さな音までクリアに集音する「Sマイク・システム」をそなえています。

このため高感度と低ノイズを実現しているので、聞きやすい自然な音で録音することができ会議などのシーンでも声を明瞭に記録することができます。

 

また「おまかせボイス」という機能では人の声の録音向けに入力レベルを判断し、適切なマイク感度に自動で設定します。

さらに背景ノイズも軽減してくれるので初めて操作するという方でも簡単にいい音を録音することができますし、

ICレコーダーを色々操作してしまって重要な会議の内容が判別できないということも防ぐことができます。

 

フォーカス録音という機能では指向性が強くなり、録音対象の両サイドの音を抑えることができるので、周りの雑音を入れずに狙った人物の声をはっきりと録音することができます。

この機能は講演会やセミナーなどの広い会場での録音に向いていますね。

 

次にサイズを見ていきましょう。

SONY ICD-UX570Fは薄さが約12.2ミリ、重さが48グラムと持ち運びに便利で負担にならないサイズになっています。

 

さらに意外と便利なのが、USB端子が本体収納式だということ。

別途コードを用意する必要がなく本体のUSB端子を出せば、すぐにパソコンにつなぐことができデータ転送をおこなえます。

 

その他、SONYICD-UX570Fは物理ボタンも大きく直感的に操作できるのでストレスなく録音データにアクセスできたり、録音を素早く開始することができる点が特徴です。

 

SONY ICD-UX570Fの参考動画

 

▼後で記事内で紹介しているオリンパスやパナソニックとの比較もあるので参考になります。

 

 

SONY ICD-UX570Fの口コミ

Amazonでの評価は口コミ数が310件以上、総合評価が★4.0と高評価です。

 

▼もうちょっとなレビュー

性能自体は全く問題ないが、電池の持ちが取扱説明書に記載の時間に遠く及ばず、限界でも18時間程度だった。
前機種の方が持ちが良いのは知っていたが、あまりにも電池ゲージの減りが激しく、外出先で凄く不安になる。

出典:Amazon

 

唯一気になるのはバッテリーは公表データほどはもたない点でしょうか。しかし、使っていて減りが早く困ったという経験はありません。
良品だと思います。

出典:Amazon

 

電池の持ちを気にされている方がいらっしゃいました。

気になる方はUSBが挿せる携帯バッテリーなどを持っておくといいかもしれませんね。

 

▼良いレビュー

そして音質のSONYを標榜するだけあり、きれいに録れて、お好みの音質で再生できます。イコライザー付きで、自分好みの音にカスタマイズできるのが素晴らしいと思います。

出典:Amazon

 

会議の録音に使用しています。
いまのところそのほかの目的には使用していません。
過去10台以上の録音機を会議の録音に使用してきましたが、その中で一番録音結果を聞き取りやすいです。
バックアップとしてPCM-A10も使用していますが、こちらのUX570Fの音の方がよいです。
特に良いのは背景のホワイトノイズが非常に少ない事です。

出典:価格com

 

以前、初めてボイスレコーダーを使用するにあたり、レビュー評価の高い某国製の安い商品を購入しましたが、使いづらく保存できないことも何度か続いたため、こちらの商品を購入しました。
やはりSONYです。
きれいに録れているし、付属している簡易的なソフトが書き起こし時に役立ちます。

もしこの商品を迷いレビューを見ている方がいるなら、自信をもってオススメします。

出典:Amazon

 

↓ ↓ ↓

 

▼SONY ICD-UX570Fの個別レビューはこちらから。

SONY ICD-UX570Fシリーズレビュー文字起こし効率アップの機能を紹介

 

OLYMPUS DM-750

内蔵マイクステレオ モノラル
内蔵メモリー4GB
対応外部メモリーmicroSD
最大録音時間リニアPCM形式:内蔵メモリ
(4GB) 48.0kHz/16bit : 約5時間
44.1kHz/16bit : 約5時間30分MP3形式:内蔵メモリ
(4GB) 320kbps : 約24時間30分
128kbps : 約61時間
64kbps : 約123時間
8kbps : 約985時間
電池持続時間MP3形式(128kbps) アルカリ乾電池 : 約35時間
ニッケル水素充電池 : 約25時間
電池の種類単4形乾電池1本(LR03)
またはオリンパス製ニッケル水素充電池1本
(本体内充電はオリンパス製BR404を使用のこと)
質量72g
(電池含む)
FMラジオ
USB充電
急速充電

OLYMPUS DM-750の特徴

トピック
  • アップデートで録音シーン「文字起こし」追加!
  • 3つのマイクで自然な音
  • ボイスチェイサーで失敗なし

2021年のファームウェアアップデートで録音シーンに「文字起こし」が追加され、音声認識アプリによる文字起こしに適したモードが搭載されました。

これは文字起こしを頻繁にする方にとって期待できる機能と言えます。

 

OLYMPUS DM-750は3つのマイクを搭載しており、自然なステレオ感を生み出したりありのままに録音できる点が特徴です。

 

また録音環境に合わせて録音レベルを調整してくれる「ボイスチェイサー」機能も搭載しており、

音が小さすぎた、音が大きすぎて音割れしてしまったということを防ぐことができます。

 

さらには以下の5つの録音シーンセレクトがあり(ファームウェアアップデートで「文字起こし」が追加)

  • 口述(騒音下)
  • 会議
  • 講義
  • 商談
  • 口述

場面を設定するだけで最適な録音状態になるように設定することができます。

 

ハード面ではUSBケーブルが不要のダイレクト端子を採用しており、わずらわしさがありません。

またクリップとしても、スタンドとしても使えるアタッチメントがついてくるので、様々な場所に設置することができるのも良い点です。

 

OLYMPUS DM-750の参考動画

 

 

OLYMPUS DM-750の口コミ

▼もうちょっとなレビュー

難点は電池を入れ替えるたびに、「時刻設定」、「電池の種類の選択」、「音声ガイドの有無」の3つを聞かれること。特に時刻設定はかなり面倒くさいし、音声ガイドもうざい。初期設定を記憶しておいて欲しい。

出典:Amazon

 

▼良いレビュー

先日、初めて10人くらいの会合で会議のシーンに設定して録音してみました。今回の場合ですが、よく録れていましたが、スピーカーでの音は明瞭さにやや欠けている部分があったので、イヤホンで聞いてみるととても明瞭に聞き取れました。離れた人の声も近くの人と同じ程度の音量で記録されていました。再生を一旦止めると、次に再生する時に3秒前に戻ってから再生してくれる機能は、後で文字おこしをするのにとても便利でした。1時間半録音して、文字おこしには10時間以上かかったと思いましたが、それでも充電池は半分くらい残量がありました。

出典:PayPayモール

 

録音状態はテーブルを囲むように着席し計8人での打合せで機器の場所な胸ポケットでしたが、全員の声が鮮明に録音できておりました。メモを取り議事録を作成する際には大変役に立ちそうです。

出典:PayPayモール

 

オリンパスは初めてでしたが、やはりシェアトップを競うだけのことはあると思います。1万円以下で、まず金属製の外装がリジッドで信頼性高く、サンヨーのような壊れ方は、同じ環境下で起こりえないように見えます。サンヨー、ソニーと3台同時に同じ講義を録音してみましたが、オリンパスが格段によく録れていました。ファイルはいつもmp3で、その後文字おこし等行いますが、全く不満がありません。

出典:Amazon

 

書き起こしソフトとともに、面談や会議の記録を作るのに購入しました。 まだ使い始めですが、バッテリーの持ち、メモリーは十分です。
多人数の会議でとおくの人の声もまずまず録れてます。
音楽を取るわけでは無いので音質は気にしていませんが、クリアーに獲れてはいるようです。
大きさも気になりませんし、インタビューを受ける人も気になる様子はありません。

出典:Amazon

 

講習会で試してみたが、
録音性能は文句なく良かった。

講習会に限らす会議などにも向いていると思います。

出典:Amazon

 

Panasonic RR-XS470

内蔵マイクステレオ モノラル
内蔵メモリー8GB
対応外部メモリーmicroSD
最大録音時間【内蔵メモリー(8GB)使用時】
<ステレオ>
PCM-44.1kHz:約12時間
MP3-320kbps:約53.5時間
MP3-192kbps:約89.5時間
MP3-128kbps:約134.5時間
MP3-64kbps:約269時間
<モノラル>
MP3-32kbps:約538.5時間
MP3-8kbps:2154.5時間
電池持続時間【付属単4形充電式エボルタe×1本を使用時】
・再生時
<ステレオ>
PCM-44.1kHz:約6.0時間
MP3-320kbps:約7.5時間
MP3-192kbps:約8.0時間
MP3-128kbps:約8.0時間
MP3-64kbps:約8.5時間
<モノラル>
MP3-32kbps:約8.5時間
MP3-8kbps:約10時間
・録音時
<ステレオ>
PCM-44.1kHz:約11.5時間
MP3-320kbps:約15.0時間
MP3-192kbps:約15.5時間
MP3-128kbps:約15.5時間
MP3-64kbps:約19.5時間
<モノラル>
MP3-32kbps:約20.5時間
MP3-8kbps:約22.0時間【別売パナソニック単4形アルカリ乾電池×1本を使用時】
・再生時
<ステレオ>
PCM-44.1kHz:約9.5時間
MP3-320kbps:約11.5時間
MP3-192kbps:約13.0時間
MP3-128kbps:約13.5時間
MP3-64kbps:約15.0時間
<モノラル>
MP3-32kbps:約15.0時間
MP3-8kbps:約16.5時間
・録音時
<ステレオ>
PCM-44.1kHz:約18.5時間
MP3-320kbps:約21.5時間
MP3-192kbps:約22時間
MP3-128kbps:約26.5時間
MP3-64kbps:約32.5時間
<モノラル>
MP3-32kbps:約37時間
MP3-8kbps:約38時間間
電池の種類DC1.2V(付属単4型充電式エボルタe×1本)
DC1.5V(単4形アルカリ乾電池×1)「別売り」
質量約55g/約44g(付属充電式電池を含む/含まず)
FMラジオ
USB充電
急速充電

 

Panasonic RR-XS470の特徴

トピック
  • ズームとノイズキャンセルのあわせ技でクリアな音
  • 録音シーンセレクト搭載
  • FMラジオも聞ける録音できる

Panasonic RR-XS470はセンター強調処理とノイズキャンセル機能を組み合わせた「センター強調クリアズーム録音」が可能で、指向性の強いズーム機能と雑音低減を両立しています。

 

また場面に合わせた「録音シーンセレクト」を搭載しており、

  • 語学学習
  • カラオケ
  • 楽器演奏
  • 会話
  • 会議
  • 講義

…から場面を選べ、その場に適した設定で録音することができます。

 

さらにこの機種ではFMラジオを聞くことができるので、通勤途中にラジオを楽しんだり録音したりというような使い方も可能です。

 

 

Panasonic RR-XS470の参考動画

1つ前の型ですが、参考にはなると思います。

 

 

Panasonic RR-XS470の口コミ

▼もうちょっとなレビュー

2つだけ難点を書くと
1.LED連続点灯で使用すると極端に使用時間が短くなる。
2.USBで充電しながら使えない。
性能/機能に対して価格は安いと思います。

出典:Amazon

 

▼良いレビュー

ソニーのICレコーダー(10年前)から買い換えですが
便利なところは

・FM録音が可能。
・LINEでの録音も可能。
・プラグインパワー方式のため、外部マイクが接続可能。
・8GBでまず困らないが、microSDも使用可能。

かゆいところに全て手が届いた感じで満足しています。
肝心の録音性能も、7M程の細長い会議室で端から端でも
聞き取れる性能で満足しています。

価格も1万を切るのに合わせて、他の中華製ICレコーダーよりも
安定、安心なので安い買い物かなと思います。

出典:Amazon

 

音楽再生音質に関してはほぼ満足。CD機器再生と比べれば少し劣るのは当然かも知れませんが、ヘッドフォン再生なら十分です。
ファイル内インデックス間の繰り返し再生、フォルダ内のランダム再生、メモリ内ランダム再生など再生メニューが豊富な点も長所。
バッテリーが乾電池であり、電池切れに対し即座に交換できて充電式より便利です。

出典:Amazon

 

性能は文句なし。マイクロSDで容量も増やせる。単四電池なので緊急時も電池が有れば問題無し。
USBでパソコンにも簡単にデータ転送。

出典:Amazon

 

↓ ↓ ↓ ↓

パナソニック(Panasonic)
¥12,980 (2021/10/25 00:48:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

SONY ICD-TX650

内蔵マイクステレオ モノラル
内蔵メモリー16GB
対応外部メモリー
最大録音時間LPCM 44.1kHz/16bit 24時間15分
MP3 192kbps 178時間
MP3 128kbps 268時間
MP3 48kbps(モノラル) 715時間
電池持続時間マイク録音時LPCM 44.1kHz/16bit 約12時間
MP3 192kbps/128kbps/48kbps(モノラル) 約15時間再生時(本体スピーカー) LPCM 44.1kHz/16bit 約4時間 *7
MP3 192kbps/128kbps/48kbps(モノラル) 約5時間 *7再生時(ヘッドホン) LPCM 44.1kHz/16bit 約12時間
MP3 192kbps/128kbps/48kbps(モノラル) 約15時間
電池の種類内蔵リチウムイオン充電式電池
質量約29g
FMラジオ
USB充電
急速充電

SONY ICD-TX650の特徴

トピック
  • 薄くて軽い!
  • 小さくても高性能マイク搭載
  • ワンプッシュ録音で取り逃しなし

最大の特徴は小さくて軽いことで、薄さが7.4mm、重さが約29gとなっています。

このため胸ポケットに入れて使用しても違和感なく、机上に置いてしようしても目立つことなく録音することができます。

しかもデザインもおしゃれで高級感があり、一見ICレコーダーには見えない質感があるのがいい点です。

 

小さいとは言え、マイクもしっかりしていて「高性能デジタルマイク」が搭載されています。

小型でも自然なステレオ録音を実現するためにパラボラ形状を採用し、音声をマイク内部でダイレクトにデジタル信号へ変換し高音質化もおこなっています。

 

また会議の録音で便利なステレオ強調録音機能では、後で文字起こしをする際に立体感が出て誰が発言したか分かりやすくなるという特徴もあります。

 

さらに胸ポケットなどに入れて録音するのに便利な「ワンプッシュ録音」という機能では

電源がオフの状態でも録音ボタンを押せばすぐに録音をスタートしてくれるので取り逃しが少なくなります。

合わせて本体上部に動作表示ランプがあり、確認しやすく録音時は赤く点灯するので録音ミスを防ぐことができます。

その他、急速充電にも対応しておりバッテリー残量が残りわずかでも3分の充電で1時間の録音をすることができます。

これなら大事な会議の際の直前に充電し忘れたことを気づいてもすぐに対応することができます。

SONY ICD-TX650の参考動画

▼外観や細部などはこちらがわかりやすいです。

 

 

▼音声に関してはこちらの方の動画を御覧ください。

 

 

SONY ICD-TX650の口コミ

amazonでの評価は口コミ数が470件、総合評価が★4.0となっています。

 

▼もうちょっとなレビュー

悪い点: レコーダー本体で再生すると雑音が入り聞き取りにくいところがあるので、自分なりのカスタマイズが必要です。パソコン    に   接続するとクリアな声が聞こえるので、音質をはっきりさせたい人にはパソコンから聞くのがいいと思う。 本体と接続するとソフトが起動してデータがすぐに転送されます

充電タイプなので耐久性は3日しか使ってないのでわかりません  しかしお勧めの一品です

出典:価格.com

 

▼良いレビュー

マイクスピーカー+5~6人の会議で使用(録音)して使っています。
マイクスピーカーのそばに置いて使ってみましたが、聞き取りにくくなることも無く、マイクの感度は十分だと思います。あまり低音は拾わないマイクのようで、会議用としてはそのほうが声が聞き取りやすくて良いと思います。
ノイズは気にすれば聞こえますが、音声の邪魔になるような感じはしないです。
操作性は、小さい割には結構良いと思います。

出典:Amazon

 

とても小型で高性能と考えてます。写真で見ると大きい印象でしたが、実際は胸ポケットにすっぽり入りまったく目立ちません。また、会議議事録取りに買ったので、胸ポケットに入れて会議に臨んだのですが、さすがSONY製と思えるぐらいクリアにはっきり参加者の発言が聞き取れました。

出典:Amazon

 

あまり他人に録音していることを意識させないような用途で。

私は病院で医師の指示を帰ってから、「あれ、これやって
よかったっけ?」とかよく忘れたするのでポケットに入れて
メモ代わりに使用しています。
他は会社で急に会議の議事録の係になったりするので
常に携帯しておくと大変便利です。
バッテリーが切れてても1分ぐらいの充電で2、3時間の
会議では十分でした。

ハラスメント対策にもなりますし。トラブルを避けるための
記録をとるのに使いやすいです。

出典:価格.com

 

やはり安物やスマホでは音質が足りないです。
いざというときの証拠として使うため、少しでも音質良く残すためにしっかりした商品を、ということで買いましたが非常に満足しています。
胸ポケットに目立たぬちょうど良いサイズ感に、即時録音開始のボタンなど、ニーズが押さえられています。やはりオーディオ製品はソニーかと思います。

出典:Amazon

 

このタイプは文字起こしで使うというより、もしものときのための録音をされる方が多いようですね。

 

↓ ↓ ↓

 

OLYMPUS Voice Treck VP-20

内蔵マイクステレオ モノラル
内蔵メモリー8GB
対応外部メモリー
最大録音時間リニアPCM形式
22.05 kHz/16 bits 約23時間30分
MP3形式
128 kbps 約130時間
MP3形式
32 kbps mono 約525時間
MP3形式
8 kbps mono 約2100時間
電池持続時間【録音時】

リニアPCM形式
22.05 kHz/16 bits アルカリ乾電池使用時:約24時間
ニッケル水素充電池:約19時間
MP3形式
128 kbps アルカリ乾電池使用時:約27時間30分
ニッケル水素充電池:約21時間
MP3形式
32 kbps mono アルカリ乾電池使用時:約40時間
ニッケル水素充電池:約27時間30分
MP3形式
8 kbps mono アルカリ乾電池使用時:約50時間
ニッケル水素充電池:約34時間

電池の種類単4形乾電池1本(LR03)またはOMデジタルソリューションズ製ニッケル水素充電池1本
質量37.5g
電池含む
FMラジオ
USB充電
急速充電

OLYMPUS Voice Treck VP-20の特徴

トピック
  • コンパクトでどこにでも収納できる
  • 擦れ音フィルターでポケットの中でも高音質録音
  • ワンタッチ録音で取り逃しを防ぐ

ちょっと太めのペンに近いサイズ感が特徴の『OLYMPUS Voice Treck VP-20』

 

まず録音性能ですが、ポケットやバッグの中に入れて録音するときに、あらゆる方向からの音を捉えることができる「全指向性ステレオマイク」を搭載し、

低ノイズ・高音質録音を実現しています。

 

また「ボイスチェイサー」機能で入力感度を自動調整してくれるので音割れや音が小さすぎるというトラブルを防ぐことができます。

 

他のメーカーにはない機能としてポケットの中でのカサカサ音を低減できる「擦れ音フィルター」も備わっています。

また録音シーンセレクトの中にもスーツのポケットでの使用が想定された「ポケット」というモードがあったり

かなりビジネスシーンでの使用を考えられた機種だなと感じます。

 

操作面ではポケットに入れたままでも簡単に操作できる「ワンタッチ録音」が搭載されていたり、

ケーブルを使わずに充電できる「USBダイレクト接続」も備えています。

 

また本体上部にクリップがついているので、胸ポケットに挟んでおけば気軽に録音することができますし、見た目はまるでペンなので相手に意識されることもありません。

 

電池に関しては単4が使えるので、もしもの時に市販の電池が使えるのもメリットですね。

 

OLYMPUS Voice Treck VP-20の参考動画

▼前モデルですが、参考になると思います。

 

OLYMPUS Voice Treck VP-20の口コミ

Amazonでの評価は口コミ数が70件、総合評価が★4.0となっています。

 

▼もうちょっとなレビュー

ボタンが小さく、違うボタンを押しがちです。

出典:価格.com

 

▼良いレビュー

とにかく軽い!
そのうえ、これまで使用していた、SONYのリニアPCMレコーダーと遜色のない録音状況。
表示部分が小さいため、メニューがシンプル。初めてICレコーダーを使用する方でも、迷うことがないだろう。

出典:Amazon

 

仕事でメモと併用して使ってます。
本体スピーカーで再生音はイマイチですが、イヤホンで聞けばバッチリです。
スリムな本体なので収納に困りません。
目立つ色なら暗いカバンの中でも直ぐに取り出せると買ってから後悔しました(^_^;)

出典:Amazon

 

会議や打ち合わせの記録に使っています。録音はスイッチひとつ。USBで直接パソコンに接続できるので保存も簡単、還暦過ぎた私でも全く問題なし。

出典:Amazon

 

↓ ↓ ↓

 

iFLYTEK Voiter

録音形式オーディオ .wav, .aac
ビデオ .mp4
テキスト .txt
ピクチャ .jpg
ストレージ内蔵 16GB
クラウド 10GB
ノイズキャンセリング
PC接続
文字起こし対応言語日本語・英語
バッテリー2500mAh
プロセッサクアッドコア
SIMカード

iFLYTEK Voiterの特徴

トピック
  • 録音と同時にリアルタイムで文字起こしが可能
  • PCを通したオンライン会議でも文字起こしできる
  • 動画を撮影しながら字幕を出すことができる

iFLYTEK Voiterはなんと録音したそばからリアルタイムに文字起こしをしてくれるというガジェットでスマホに近い機能があります。(ネットワーク接続時)

 

録音性能が優れていて、8つのマイクを搭載し会議の録音では場所がはっきり分かるようになっていますし、

パソコンをとおしたオンラインの会議の音声でもしっかり認識してくれるのも強みとなっています。

 

またノイズ除去にも優れていて、雑音や環境音などをしっかり抑制し人の声だけはっきり聞き取ることができるようになっています。

 

iFLYTEK Voiterの他のICレコーダーにはない機能としてスマホのように動画を撮影することもできるのが特徴です。

なんと動画撮影においてもリアルタイムで文字生成をしてくれるので動画上に字幕を出すことも可能です。

 

 

どこでもリアルタイムで文字起こしをしたいという場合にはSIMカード必須ですが、

Wi-Fi環境でもネットワークに接続して書き起こしできるので、取材先で録音してWi-Fiのあるところでアップロード、文字起こしという使い方をすれば

新たに回線を契約しなくてもよさそうです。

 

▼こちらの記事も参考になります。

世界一と話題の音声認識の実力は!? AI文字起こしツール「VOITER」を使ってみた(GetNaviweb)

 

ただ気になるのは「文字起こし」サービスが2年目以降に実質月額制になるということ。

▼サイトでは次のように表示されています。

VOITER SR502J(VOITER)VOITER mini A1J(VOITER mini)
文字起こしサービス
1年目
無料で使い放題毎月200時間まで
文字起こしサービス
2年目以降
毎月3時間まで無料
月額2,180円(税込)で使い放題
毎月1時間まで無料
月額1,750円(税込)で200時間まで

 

少ししか使わない方は無料で使える可能性があるのですが、数時間のインタビューや会議を月に数回行うという方は必ずオーバーしてきます。

このあたりは要チェックですね。

 

iFLYTEK Voiterの参考動画

 

 

▼この動画を見る限りではかなりの精度でリアルタイム書き起こしをしてくれていますね。

 

 

iFLYTEK Voiterの口コミ

 

↓ ↓ ↓

 

iFLYTEK Voiter mini

録音形式
ストレージ内蔵32GB
ノイズキャンセリング
PC接続
文字起こし対応言語日本語・英語
バッテリー550mAh
プロセッサ
SIMカード

iFLYTEK Voiter miniの特徴

トピック
  • VOITERの小さいバージョン
  • スマホとつないでリアルタイム文字起こし
  • レトロなカセットテープデザイン

VOITERの小さい版ですが、そのデザインが特徴的でカセットテープの形をしておりどこか懐かしさを感じさせます。

 

VOITERと同様にネットワークに接続した状態であればリアルタイムに文字起こしが可能。(こちらはSIMカードではなくスマホとBluetooth接続でテザリングなど)

AIが文字を自動修正してくれるので使えるテキストを自動的に作成することができます。

 

操作も簡単で電源ボタンと録音ボタンのみで操作が可能。

画面がないのが気になるところですが、そこは付属アプリでの操作も可能なためそちらで確認できます。

 

またVOITERと同じく360度から集音可能(こちらは2マイク)で、最大距離が5メートルです。少人数の会議なら充分に対応してくれるでしょう。

自動で話者を判別してくれる機能もあるので、議事録をとる際にも重宝します。

メモリーも32GBとたっぷり用意されています。

 

遊び心が効いているのが4種類のシールが付属すること。

これをはればよりカセットテープ感が出て楽しいガジェットになることでしょう。

 

 

miniの方も気になるのは2年目以降。

文字起こしサービスが月額制になります。詳しはVOITERの項目をチェックしてみてください。

 

iFLYTEK Voiter miniの参考動画

 

 

▼話者分離機能もとても便利そう!

 

iFLYTEK Voiter miniの口コミ

 

 

↓ ↓ ↓

 

文字起こしにおすすめのICレコーダー こんな人にはこれ

高音質にクリアに録音して、文字起こしの負担を減らしたい

コンパクトに目立たず使いたい

とにかく楽にテキストを仕上げたい

 

icレコーダー7選!文字起こしにおすすめの機種を紹介 口コミは? まとめ

今回の記事では文字起こしに使えるICレコーダーを紹介しました。

 

スマホでも録音できる時代ですが、大事な会議や講演会、インタビューは確実に専用のICレコーダーで録音するほうが

トラブルを未然に防ぐことができます。

 

ぜひ、今回の記事がみなさまのお役にたてたら嬉しいです。

それでは、また。

▼ICレコーダーと合わせて使える、とっておきの文字起こしワザ紹介します。

Googleドキュメント音声入力【mp3文字起こし】が止まるのを防ぐ方法

▼こちらの記事も要チェック!

VB-Audio Virtual Cableで夢の自動文字起こしする方法!・Windows

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください