1分で読める!ひでさんのプロフィールを見る

Facebookの友達申請・怪しいアカウントを見分る方法とは?

こんにちは!ひでさんです!(@tekutekuhidesan

Facebookの怪しいアカウントの見分け方をお伝えします!

ひでさん

さとみん

ひでさん!
どうしました?

ひでさん

さとみん

Facebookで友達申請が来たんですが…、ちょっと怪しい感じがして承認するかどうか悩んでいるんです…。
なるほど。たしかに、なんでもかんでも友達承認していたら危険な場合もありますからね。

ひでさん

さとみん

怪しいアカウントをどうやって見分ければいいのでしょうか?
悩みどころですよね。それじゃあ、今回は怪しいアカウントの見分け方をみていくことにしましょう!

ひでさん

さとみん

お願いします!

怪しいアカウントを友達承認してしまうと何か問題があるの?

あやしいアカウントと友達になってしまった場合に出てくる大きな問題を次に挙げてみます。

  • 相手に個人情報を見られてしまう。
  • メッセンジャーのやりとりが簡単にできるようになってしまう。
  • 出会い系への勧誘
  • アカウントの乗っ取り
  • 友人たちにも申請がきて迷惑がかかる場合がある。

詳しくは以下で見ていきましょう。

相手に自分の情報を見られてしまう。

友達になることで、限定公開していた情報も見られてしまいます。

その情報をもとにあなたの興味にあったメッセージが送られてくるという可能性もあります。

メッセンジャーでのやりとりが簡単にできるようになってしまう。

友達になっていない人からメッセージが来た時は通常、フィルターがかかって通常の受信ボックスとは違う「メッセージリクエスト」というところに入るのですが、

友達になってからは通常のメッセージとして表示されてしまいます。

そのため、対応に時間をとられたり、ブロックをしたりという作業が発生してきます。

出会い系への勧誘

メッセージ機能や、タグ付けなどで出会い系に誘導されることがあるようです。

最悪の場合、アカウント乗っ取り!

個人情報をもとにパスワードを予測され、最悪アカウントをのっとられることも!?

友人たちにも申請がきて迷惑がかかる場合がある。

あなたが怪しいアカウントを承認した場合、あなたの友達にも怪しいアカウントから申請がくる場合があります。

ちょっとした例で説明してみます。

 

怪しいアカウントをX、あなたのFacebookでつながりのある友人をAさんとしましょう。

Aさんはセキュリティ上、申請の受付を「友達の友達」に範囲設定をしていることとします。

 

あなたが怪しいアカウントXを承認した時点で、XはAさんの「友達の友達」になってしまいます。

その結果、Xからの友達リクエストがAさんに来るようになってしまいます。

 

また、Aさんの友達確認画面には「共通の友達1人」と表示され、Xがあなたの友達であることが表示されてしまいます。

「この人が承認したのだから大丈夫かも。。。」

と思わせてしまうこともあり、さらにXの申請範囲が広がる可能性があります。

 

さらには、Xが迷惑な行為をした場合、友達承認していたあなたにマイナスイメージがつくことも想像されます。

 

▼さて、次からはそんな「怪しいアカウント」を友達承認しないために、通常の友達申請と見分けるポイントをお教えします。

Facebook怪しいアカウント見分け方のポイント

怪しいアカウント6つのポイント
  1. 共通の友達がいない、少ない
  2. 本人ではない、女性アイコン
  3. 本人ではないイケメンアイコン
  4. 外国の名前、写真
  5. 投稿していないもしくは投稿数が少ない
  6. 写真だけの投稿

共通の友達がいない、少ない

まずはじめに確認しておくべきところです。

共通の友達がいないのにとつぜん申請が来ているというのは警戒すべきでしょう。

経験上8割以上が怪しいアカウントです。

本人ではない、女性アイコン(美人)

ちょっとセクシーなアイコンだったりすることがあります。

明らかに男性をターゲットにしていますので、ひっかからないように。

本人ではないイケメンアイコン

整ったお顔のモデルさんかな?と思うようなイケメンアイコン。注意が必要です。

外国の名前、写真が外国人

見知らぬ外国人からの申請はかなり怪しいです。

怪しすぎて反対に承認はしないと思うのですが…。

投稿していないもしくは投稿数が少ない

申請があったアカウント見に行ってみると、投稿がないというのも見分けるポイントです。

投稿していないのは、友達申請するためだけに作っただけのアカウントの可能性が高いです。

写真だけの投稿

風景写真や、どこかから引っ張ってきたような写真が並んでいる。

これは偽装工作です。

 

以上のような点を押さえて怪しいアカウントに引っかからないようにしましょう。

怪しいアカウントを承認してしまった場合の対応

もし、承認してしまったらすぐに友達削除しましょう。

頻繁に同じ怪しいアカウントから申請がくるようならブロックもいいですが、名前や写真を変えて申請がきたりするので、ブロックはあまり意味はないかもしれません。

迷惑アカウント対策はどうすればいい?

リアルで会うことのある人以外ともつながりたいという方は、プロフィール欄や固定投稿に「友達申請の際は必ずメッセージをください。」と表示するのがおすすめです。

メッセージがなかったら承認しないという意思表示をするわけです。

この対策をしても、怪しいアカウントから申請は来ますが、自分の中でルールを作ることで危険かどうか考える時間ができます。

まとめ

ぼくがFacebookを使用して5年以上になりますが、いまだに迷惑アカウントから申請がきます。

怪しいアカウントのことで悩まれている人も多いと思いますし、もしかすると承認してしまってトラブルになっている人もいるかもしれません。

SNSには危険な面もありますから、自己防衛をしながら、有効に使っていきたいですね。

 

それでは、また。

ひでさんでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください