YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

ドコモデータコピーでandroidからiPhoneへ移行する方法 機種変更

 

ドコモのアプリ「ドコモデータコピー」を使って

androidスマホ(ソニー、エクスペリア)から、iphone(7plus)に乗り換えました。

 

やってみると意外と簡単で、しかも初めてのオンライン注文でしたが、全て自宅で手間取ることなく設定できました。

 

そこで、今回はアンドロイドスマホからiPhoneへの移行一部始終をお伝えしたいと思います!

それでは、いってみましょう!!

この記事をすすめたい人

●アンドロイドスマホから、iPhoneに替えたい!

●ドコモショップで待つのがイヤだ。

●ドコモオンラインでスマホを注文した人。

 

ドコモデータコピーでandroidからiPhoneへ移行する方法 手順解説

 

まずは、iPhoneを操作できる状態にしよう!

届いたiPhoneは初期状態ですので、操作できる状態にします。

こちらの公式ページを見ながら進めてください。

▼リンク>>>商品到着後の設定・開通(利用開始の手続き)

SIMカードをiphoneに挿入する

一番初めはSIMカードを挿入するところから。

アンドロイドスマホからiPhoneの移行ではSIMカードが変わってくるので、無料で新しいものを発行しました。

これをiPhoneへ入れます。

クリップなどの先が丈夫で細いものを用意して・・・

iPhoneの横にある穴をぐっと押します。

すると、SIMカードを入れるところが出てきます。

カードから外し、SIMカードを装着して…

再び挿入します。

androidスマホからiPhoneへデータ移行する

操作できる状態になれば、次はデータの移行です。

下記のリンク先の説明に従って操作していきます。

▼リンク>>>ドコモ スマートフォンからiPhoneへのデータの移行

 

使用するアプリはアンドロイドスマホ、iPhoneとも「ドコモデータコピー」です。

 

移動できるデータは次の通り。

「ドコモデータコピー」では、連絡先・画像・動画・カレンダーのデータを一括でスピーディにコピーすることができます。

 

入っていない場合はアンドロイドスマホ、iPhoneともにアプリをダウンロードしておきましょう。

 

また、次のアプリでも移行が可能とのことです。

 

Apple社が提供する「Move to iOS(iOSに移行)アプリ」をご利用いただいても、データを移行することができます。

 

注意
アンドロイドで使用していたアプリによってはデータを移せないものもありますので、ご注意ください。

画面上に出る「操作ガイド」に従っていけば迷うことはありません。

iPhoneでは、SDカードを入れるところがないので、Wi-fi接続にてデータを移していきます。

 

所要時間として50分ほどかかりました。

 

iPhoneはドコモオンラインで注文

ドコモユーザーであるひでさんは、オンラインで注文することにしました。

オンライン注文にした一番の理由はドコモショップの待ち時間がすごいこと。

店員さんのサポートは心強いですが、それでも自分ですることを選びました。

慣れていない人には難しいかもしれませんが、ネットやスマホをそれなりに扱える人はダンゼン!自分ですることをおすすめします!

自宅でネット環境があれば、割とすぐにできるので、時間の節約にもなります。

▼リンク>>>docomo Online Shop

こちらが届いた「iPhone7 Plus」

開ける瞬間はわくわくしますね!

ドコモデータコピーでandroidからiPhoneへ移行する方法 まとめ

アンドロイドスマホからiPhoneの移行は少しハードルが高いと感じていましたが、やってみると意外とすんなりできました。

もし、「iPhoneに変えたいんだけど、アンドロイドだし…」と思っている方は参考にしてみてくださいね。

それでは、また!

ひでさんでした!

▼リンク>>>docomo Online Shop

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください