30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

立ちPCデスクを工具なしで自作してみた!その効果とは?

今回はPCの使い方を体調に合わせてカスタマイズしてみよう!という記事です。

PCで長時間作業をしていると、お尻が痛くなりませんか?

ひでさん

ぼくもどうやら座りすぎたようで、最近、座骨がいたくなってきました。

しばらくキーボードを打っていると、おしりに違和感が出てくるので立って少しリセットしたりしています。

 

よくなったかなと思って、座わってみるのですが、またすぐに痛くなってきます。

とは言っても、立っていては仕事にならないし…。お尻もいたいし…

 

むむむ、どうすれば。。。

 

となっていたところ、ふと思いつきました!!

 

「立ってPCをさわれるようにしたらどうだろう?」

「市販のものは高いから、すでにウチにあるものを使って、工具も使わずにできないだろうか?」

 

結論から言うと、その思いつきは大当たりでした!

そして、思わぬ効果もあったので、これから詳しくお伝えしたいと思います。

 

では、どうぞ!

体の不調が「スタンディングデスク」制作の理由

この立ちPC机(スタンディングデスク)を作ろうと思ったわけは、大きくは次の2点が理由です。

  • 座っているとお尻が痛くなってくる。
  • 視線を上げて、肩こりを解消したかった。

お尻が痛くなるのは先述の通りですが、最も大事なのは視線を上げることでした。

ぼくの場合ですが、視線を上げていると、肩がこりにくいんです。

でも、椅子に座っていると位置をいくら調整しても目線が下がり、首がまっすぐにならなかったんですね。

 

一方で、立ったままの前方を見る姿勢なら視線が上がっていました。

そこで、そのまま作業できないかと考えたのが制作の大きな理由です。

スタンディングデスクを使ってみての感想

現在はサブ機であるノートパソコンを高い台の上に置いて使っています。

こんな感じで設置して立ちながらPCを使っています。

 

やってみた結果ですが、これ、とってもいいです!

お尻に負担がかかりません。

なんと言ったって座ってませんから!

運動不足も解消できる気がします!

ひでさん

立ちPC机で作業するメリット

ちょっとここで、立ちPC作業(スタンディングデスク)のメリットをまとめたいと思います。

立ちPCのメリット

●お尻が痛くならない!血流もよくなりそう!

●身体をほぐしやすい。

●作業効率があがる。

●電話などの対応への動作が早くなる!

お尻が痛くない!

まず、お尻が痛くならないということを目指して開発したわけですが、これはもちろん大成功!

なんてったって、座ってないんですから!痛くなりようがありません!!

ストレッチ運動もしやすく、ペース配分できる!

あと、ぼくの場合、座っていると画面に集中しすぎる傾向があって、疲れたなと思ったときでも頑張ってしまうのですが、

立っていると、自然と足を動かしたり、伸びたりという動作に移りやすいんですよね。

なので、疲れたときにストレッチなどの運動にすぐ移れるため、上手に仕事と休憩のペースを配分できるようになりました。

作業効率がよくなる!

立って作業すると、立っているだけあって、座っているよりかは疲れます。

けれど、この状態が作業を効率的にして早く終わらせよう!という意識につながります。

具体的にはYahoo!のトップページの記事につられて無駄にだらだらと、ネットサーフィンしたりしなくて済みますよ。

立って会議をすると、時間が短くなって効率的と言われていますが、これと同じ効果ですね!

(疲れたら、痛くならない程度に座ればいいんです。)

電話対応が早くなる!!

あと、固定電話への初動があきらかに早くなります。

座っている時に電話が鳴ると、「よいしょ!」と立ち上がるタイムラグが少しあったのですが、立っているおかげで、ぱっと!スムーズに電話を取ることができました。

これは自分自身驚きでした!

 

さて、いいことずくめの立ちPC。

続いてはどうやって作ったのかを見ていきましょう。

工具なし、簡易DIY!作り方は3ステップ!

自作というと、ちょっと手間だという方もいますが、心配いりません!

今回は工具はいっさい使わないDIY。

身の回りにあるものを工夫してつかって、スタンディングデスクにしてしまいます!

 

ちなみに、市販のものはこんな感じ。

魅力的ですが、高いですよね…。

やっぱり、DIYですよ、DIY!!

 

ということで、必要なものは次の通り。

  • 本棚やラック
  • 幅広、奥行きのある板
  • 調整用の本や、ケース

ね、けっこうシンプルでしょ?

では、続いて手順を追って説明しますが、あっという間にできてしまいますよ。

 

  • 手順1
    板を置く場所の高さをそろえる
    まずは、本棚やラックの上の高さを揃えましょう。

    高さがある棚であれば、一番上の段に板を乗せてそのまま使えますが、ぼくは、書類入れで調整して少しかさ上げいます。

  • 手順2
    板を置く
    ホームセンターなどで買ってきた板を置いて、平らになるように微調整します。

    がたがたすると、キーボード操作をする時にストレスになるので、確実に設置しましょう。

    左右幅と奥行きがある板のほうがマウスや参考資料などのPC以外のものを置きやすいです。

  • 手順3
    微調整して、完成!
    高さを自分に合うように、がたつきなどを調整して…はい、あっという間に完成です!

    おめでとうございます!

  •  

 

ぼくの場合は本棚と、PCラックの使っていない板を応用しました。

ですので、今回の費用は0円!

お家にそういったものがない方でもホームセンターで、5000円以内でそろえることができますよ。

MEMO

机の高さについて

私の身長が168cm。机の高さは床から117cmにしています。

微妙に高いので、今後微調整したいと思ってます。ご参考に。

高さは使う人によって違うので、実際にノートパソコンを置いて調整したほうがいいでしょう。

▼最適な高さを自動で計算してくれるサイトを見つけました!参考に。>>>

Bauhutte Life・自動計算であなたに最適なスタンディングデスクの高さを知る

注意点

使ってみての注意点です。

  • 腰やひざの悪い人は適度に休みましょう。
  • 高すぎると腕や肩に負担があるので、ベストな位置を探して、少しずつ様子をみながら微調整しましょう。
  • 板の角は丸いほうがいい。なければ、アームレストを併用するとベストです。
  • コードの位置に気を付ける。

板の角がとがっていると、少し痛いです。やすりで削るか、テープなどで養生することをおすすめします。

また、PCの電源コードが高い位置から下がることになります。

足を引っかけてPCを落としてしまわないように、配線にも気を配ったほうがいいでしょう。

まとめ

色々な面で効果があるスタンディングデスクの自作です。

身の回りにあるものであれば、安くというか、ほぼタダで作ることができます。

ぜひ、一度試してみることをおすすめいたします。

それでは!

 

▼持ち運びできる、これもいいかも!>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください