Amazonチャージがお得!1000円もらえるキャンペーン再開>>>

簡単!lightroomでjpeg+Rawが一枚しか表示されない場合の解決法

カメラ設定でファイルの保存方式をjpeg+Rawにしているのにlightroomで読み込ませると写真が一枚しか表示されない。

どうやってjpegとRawのデータを表示させるの?

そんな疑問にお答えします。

今回のゴール:lightroomでRawとjpegを並べて表示させる

こちらの記事をお読みの方はカメラ側の設定でRawとjpegで撮っているのに、lightroomで画像を読み込むとRawデータしか表示されない状態だと思います。

▼こんな感じでお悩みのはずです。

▼それを最終的に次のようにしていきます。

Rawとjpegが並んだ状態になりました!

これなら撮影地で設定したホワイトバランスや露出を反映したjpegが確認しやすくなりますし、またjpegでいい感じの写真が撮れている場合はいちいち現像することもなくなります。

 

▼それでは、Rawとjpegを並べて表示する方法の詳しい手順は以下で解説していきます。

 

ライブラリーを見やすくする

初期状態のlightroomではRawかjpegかぱっと見分からないと思います。

そこでどのデータを表示しているのかすぐにわかるようにしておきましょう。

操作は簡単。

「J」キーを押すだけです。

 

「J」を押すと次のように表示されるようになります。

ファイル名の下に解像度やARW+JPEGなどのファイル形式が表示されるようになりました。

SONYのRAWファイル形式のことですね。

Raw+jpegを並べて表示させる方法は2パターンある

Raw+jpegを並べて表示させる方法は2パターンあります。

ひとつは画像データを取り込む前に設定し、取り込み時にRawとjpegを並べて表示させる方法。

もうひとつはすでに取り込んでいる画像データに設定を適応させ、Rawとjpegを並べて表示させる方法です。

ひとつずつ見ていきましょう。

これから読み込む予定なら

これからカメラ側で設定したRaw+jpegを取り込むなら次の設定をしてみてください。

 

まず編集を開き、環境設定をクリックします。

 

つづいて読み込みオプションの中の「RAWファイルの隣にあるJPEGファイルを別の写真として処理する」にチェックを入れてください。

チェックを入れられれば「OK」をクリックします。

この設定の後に画像データを読み込めば、Rawとjpegを並べて表示させることができます。

すでに画像データを取り込んでしまっている場合

つづいてすでにRaw+jpegのデータを取り込んでしまっている場合です。

まずはRawとjpegを並べて表示させたいフォルダを「右」クリックし、フォルダを同期をクリックします。

「新しい写真(○○数字)の読み込み」にチェックが入っていることを確認して、同期をクリックします。

読み込みが始まりますが、この時点ではまだ並んで表示にはなりません。むしろ、なぜかJPG一枚だけという表示になります。

でも、これで大丈夫です。

もういちどフォルダを探し、普通にクリック(左クリック)しましょう。

すると表示が変わり、下の画像のように表示されます。

無事Rawとjpegを並べて表示させることができました!

Rawとjpegで表示が変わらない場合は?

無事Rawとjpegを並べて表示させることができたけど、

あれ?どうやらまったく同じ画像が表示されている気がする…。

その理由は「埋め込まれたプレビュー」が関係しています。

本来のRawの表示にする記事を書いていますのでもう少しお待ちください。

 

▼書きましたのでこちらを参考にしてください。

LM Rawとjpegが同じに見えるのはなぜ?埋め込まれたプレビューが原因  本来のRaw画像を表示させる方法

まとめ

今回はlightroomでRawとjpegを並べて表示させる方法をお伝えしました。

私もlightroomは勉強中ですが、発見や学びがあれば引き続きお伝えしていきたいと思います。

それでは、また!

ひでさんでした!(@tekutekuhidesan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください