YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

itunesでCDアルバム情報を自動で再取得する方法 曲名を間違えた時に使える

 

今回はitunesのCDアルバムの曲名を再取得したい時に使えるワザをご紹介します!

ひでさん

CDをitunesでパソコンにインポートする時に自動取得する曲名が違ってしまうことがありますよね。

今回はそんな時にitunesでCDアルバム情報を自動で再取得する方法をお伝えします。

ただし、レンタルCDなどで元のCDが手元にない場合は使えない方法なので、注意してください。

この記事のポイント
  • CDからインポートしたitunesの曲名情報の再取得方法がわかる!
  • 手作業でタイトルを変更する必要はなく、自動でOK!
  • ただし、CDをインポートするタイミングで!

それではどうぞ!

 

itunesでCDアルバム情報を自動で再取得する方法(曲名を間違えた時に!)詳細手順

▼今回は間違って取得しまっているCD情報を正しいものに変更していきます。

itunes トラックリスト 間違い

こちらのCDはQUEENの「Greatest Hits Ⅲ」になりますが、CDの曲名とデータが違っています。

さとみん

17曲目に注目してください。上の画像では「Thank God It’s Christmas」という情報になっていますが、私が持っているCDのパッケージ裏面には「I Was Born To Love You」とクレジットされているんですよ~。
なるほど。洋楽版に多い海外版のCD情報が表示されてしまっているんですね。それでは次のように設定していきましょう。

ひでさん

①CDをドライブに挿入し、itunesのインポート画面を表示させる

インポート画面

まずは、PCでitunesを開きCDを挿入します。

上の画像のような画面になるので、右側にある歯車マークをクリックします。

MEMO

CDを挿入しインポートするタイミングでしか自動変更できません。その後は手動で入力となります。

②右側にある「歯車マーク」をクリック

itunesの歯車マーク

この歯車マークをクリック。

③トラック名を取得をクリック

続いて、「トラック名を取得」をクリック。

④表示されるアルバムタイトルのどれかを選択する

バージョン違いの情報

ここで、2つの候補が出てきました。

 

CDによってはもっと表示される時もあります。

 

ここが少しポイントで、見た目にはわかりませんが、どちらかが、日本版のトラック情報になります。

 

どちらかを選択できたら、「OK」をクリック。

もし、違った方を選んでしまった場合はインポートせずにCDを挿入するところから再度同手順をふんで、違う方を選択しましょう。

ひでさん

⑤変更できたかトラック(曲名)をチェックする

正しいitunesのトラック名

「Thank God It’s Christmas」が、「I Was Born To Love You」に変わりました!

 

以上で作業は終了です。

さとみん

よかったー!手軽に変更できました!!

itunesでCDアルバム情報を自動で再取得する方法(曲名を間違えた時に!) まとめ

itunesでは、意外と簡単な作業でトラック情報の変更が可能です。

 

ただし、インポート後やレンタルCDなどですでにCDが手元にない場合は手動での入力になります。

 

今回のバージョン違いは洋楽CDに多い現象ですので、CDのトラック名をしっかりチェックしてからインポートすることをおすすめします。

 

もし、お困りの方はぜひお試しくださいね。

それでは、また!

ひでさんでした!!

▼QUEENファンなら、こちらもチェック!>>>

映画『ボヘミアンラプソディー』DVD/BD祝発売!QUEEN情報まとめ

 

2 COMMENTS

981BX

当方もこの記事ですごく助かりました。40曲もあるCDで、タイトル名取得が二種類出てきて、何気なく上のタイトルを選んだところ、順番がめちゃくちゃなものでした。
itunesから取り込んだ曲を一旦消去し、再度取り込む時に、こちらのやり方を参考に歯車から取得タイトルを、もう一つの別のものにしたところ、正しい物だったのでそれで無事取り込む事ができました。
ありがとうございました!

返信する
ひでさん

>981BXさん
ありがとうございます!40曲を手入力は時間がかかるでしょうから、お役に立てて光栄です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください