30代4児パパがブログをはじめた理由とは?(プロフィール)

【動画解説あり】はじめてでもできる!コイン精米機のやさしい使い方

こんにちには!ひでさんです。(@tekutekuhidesan

日常をほんのりよくする情報を発信しています。

今回は、お米をもらったときに役立つ無人コイン精米機の使い方をお伝えします!

ひでさん

MEMO
最後の方に精米機の動画を載せていますので、時間のない方はそちらからどうぞ!

農家さんからお米をいただきました!わーい!

あれ?でもこのお米スーパーに売っているものとちょっと違うような…。
そのお米、もしかして少し茶色っぽくありませんか?

ひでさん

た、たしかに!茶色っぽいです!
それは、精米前の玄米の状態ですから、普通に炊飯器で炊くには精米しないといけないんですよ。

ひでさん

ええっ!そうなんですか?

…と、こんな風に田舎暮らしをしているとお米をいただくことがありますが、そのお米って実は精米前のものがほとんどなんです。

つまり、精米は自分でしないといけないということ。

じゃあ、どうすれば精米できるのか?

そこで!役立つのが精米機なんです!

田舎では無人精米機が自動販売機のように道端に置かれていて、よく目にします。

でも、いざ中に入って使おうとなると初めてではあたふたしてしまうもの。

そこで、今回は事前に精米機の使い方を予習して上手に使っちゃいましょう!

この記事を読めば簡単に精米機の使い方をマスターできますよ。

それでは、どうぞ!

この記事のポイント
  • 精米機の使い方をマスターできる!
  • 精米機の使い方の流れを説明します。

無人精米機を使おう!

こちらの精米前のお米(10kg)を精米していきます。

▼精米機の建物です。

『クボタクリーン精米屋Super健康精米』とあります。

この中にはいって機械を操作し精米していきます。

利用する手順を確認しよう!

まずは簡単に使い方の流れを説明します。機械に表示されているのは次の通りの手順です。

STEP.1
お金を入れる
営業中のランプがついていればお金を入れる(100円玉)
STEP.2
玄米を機械に入れる
玄米投入口シャッターが開いたら玄米を入れる 注:もみ付きは精米できません。
STEP.3
お米の出口に袋を付ける
空袋をつける
STEP.4
ボタンを押す
好みの白さのボタンを押すとスタート
STEP.5
残っていればお知らせしてくれる
運転が停止した時にお米が残っていれば、表示と音声でお知らせします。
STEP.6
お米を袋に入れる
精米が完了すれば、足でペダルを踏み米を出す

・・・と、このような流れになっています。

利用方法を詳しく解説!

▼利用を始める前に精米機を利用するにあたって注意点があります。

注意

もみ殻がついているものは精米できません。玄米の状態のものを投入しましょう。

その他、投入禁止になっているのは次の通り。

・玄米の投入量は一回2キロ以上

・もみ・水分の高い玄米(17%以上)、くず米、虫食い米、胴われ米

水分の多いもの、状態の悪いものは注意しましょう。

ひでさん

それでは、実際に精米機を使っていきましょう。

まずはこちらにお金を入れます。肝心の金額ですが…

  • 10kgまで100円
  • 20kgまで200円
  • 30kgまで300円

と書かれています。

たとえば10kgちょっとなど、微妙に設定量を超えるのであれば、とりあえず100円入れて動かしてみて足らなければ追加してみるといいでしょう。

お金を入れるとゆっくりとシャッターが開くので、ここにお米を入れます。

次にお米の出口に袋をセットします。

ボタンを押します。

▼こちらの機械では…

  • 健康精米
  • 標準
  • 上白
  • クリーン白米

…が選べます。

普通に毎日のごはんとして利用する場合は「標準」でOKです!

ひでさん

クリーン白米だと研ぎ手間が少し減るのではないでしょうか?

 

ボタンを押すと大きな音とともに精米が始まります。

しばらくする(数分)と精米が終わり、出口にお米が溜まってくるので、ペダルを踏んで袋の中にお米を落としましょう。

ペダルを踏むまではお米が落ちないので焦らなくて大丈夫です。

ひでさん

使用後は周りをきれいにしよう!

ちりとりやほうきが置いてあることが多いので、こぼれたお米などをきれいに集めます。

これで、精米完了です!

おつかれさまでした!

ひでさん

仕上がりを比べてみる

一目瞭然ですね!

動画でおさらいしよう!

まとめ

はじめての無人精米機の使い方いかがだったでしょうか?

いきなり行くと難しいですが、こちらの記事で予習をして挑んでみてください。

慣れるとどうってことなくなりますよ。

それでは、また!

ひでさんでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください