【制服がないあなたへ】オフィス用の服選びをお助けします。

【使用レビュー】ZUCA PRO KURO-LUX Travelのメリット・デメリットと口コミは?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • ZUCA PRO KURO-LUX Travelの良い点や気になるところは?
  • ZUCA PRO KURO-LUX Travelの口コミでの評価はどうなんだろう?
  • 他のモデルとの違いは?

こんにちは!旅行によく行くひで(@tekutekuhidesan)です。

私は今回座れるスーツケース「ZUCA PRO KURO-LUX Travel」を実際に旅行に使用したので、使ってみた感想やポイントを記事にまとめました。

この記事で分かること
  • ZUCA PRO KURO-LUX Travelの良い点・悪い点
  • ZUCA PRO KURO-LUX Travelのみんなの口コミ
  • 通常モデルとの違い
  • 各部の詳細

使ってみた結論としてZUCA PRO KURO-LUX Travelは頑丈でタイヤの音も静かでデザインがよくおすすめできるスーツケースだと言えます。

ただし、一般的なスーツケースに比べて重さがあったり開口部の仕様にクセがあることも分かりました。

どういった点が気になるかなどZUCA PRO KURO-LUX Travelのポイントは記事の中でくわしく紹介していきます。

この記事を読めば購入を判断することができるでしょう。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelレビュー 良いところ

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelを実際に使用して感じた良いところを紹介していきますね!

ZUCA PRO KURO-LUX Travelのメリット
  1. 椅子として座ることで疲れを軽減できる
  2. ポーチで日ごとに服や小物を分けられて便利!
  3. タイヤが大きくアスファルトや石畳でも静か!
  4. 本体カバーも付属している

①椅子として座ることで疲れを軽減できる

椅子として座ることができる機能があります。これはズーカの最大の特徴ですね!

スーツケースのまわりを取り巻くフレームがかなり頑丈で、耐荷重がなんと136kgあります。

このため足を浮かせて座ってもびくともしません。

実際に旅行先で順番待ちの際に使ってみましたが、めちゃくちゃ楽でした。

ひで
ひで

待ち時間や、ちょっと休みたい時に使えます。

ちなみに、座り心地ですがフラットで金属製の座面なので長時間には向いていないと思いますが、座面が広いので思ったよりは快適でした。

ちょこちょこ座るにはかなり快適な方だと感じました。

②ポーチで日ごとに服や小物を分けられて便利!

サイドが色分けされたポーチが付属します。

洋服や小物を日別や人別に分けられるので便利です。

たとえば大きいサイズには大人の洋服、小さいのには子どもと分けることができますし、

この色には2日目の洋服、この色には3日目という風に使ってもいいでしょう。

▼ズーカ専用設計なので、下の写真のようにぴったりと収納することができます。

サイズは色ごとに微妙に違いますので、入れたいものに合ったものをピックアップして持っていけばOKです。

③タイヤが大きくアスファルトや石畳でも静か!

京都旅行で使用してみましたが、驚くほど静かでした!

アスファルトはもちろんのこと、花見小路などの石畳の継ぎ目がある部分も静かに走行できました。

通常のスーツケースのタイヤだと走行音は「ガーー!」という硬質で大きい音なのですが、ズーカは「サーー」という感じであきらかに音が小さいです。

走行時の振動もほとんど手に伝わることもないのでかなり快適でした。

④本体カバーも付属している

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelには本体カバーも付属しています。

使い方は下の写真のように被せてから・・・

バックルを2箇所とめればOK.

バッグをひっぱる際や飛行機利用の荷物預けの際に傷の防止になります。

カバーをしていてもハンドルを伸ばすことが可能なので使いやすいです。

カバーのサイドにはジッパーがあるので、開けば本体のサイドポケットにアクセスできるようになっています。

今回の旅行では使う場面がなかったので家に置いていきましたが、飛行機を利用する場合や海外旅行などには合ったほうがいいなと感じました。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelレビュー 気になるところ

ZUCA PRO KURO-LUX Travelのデメリット
  1. 重い
  2. 狭い面積の部分が開くのは好みが分かれるかも
  3. 細長いので一度バランスが崩れると大変

デメリット① 重い

ZUCA PRO KURO-LUX Travelは本体重量が4.2kgあり少し重いです。

だいたい1〜3泊用で容量が32Lほどの中では重い部類に入るでしょう。

そのため軽さを重視する人には向いていないと言えます。

ただしその分頑丈さがあったり、他にはない座れる機能がありますし、重いとはいえタイヤが静かに振動なく動いてくれるのでひっぱっている場合はほとんど重さを感じません。

ズーカが特段重いといえばそうでもなく、↓のように同じくらいの容量で重めのものもあります。

ZUCA PRO KURO-LUX Travel 2輪 32L4.2kg
無印良品・バーを自由に調節できる ハードキャリーケース(36L)(2023年モデル)2.9kg
リモワ・エッセンシャル 4輪 36L3.2kg
リモワ・トパーズ 4輪 32L4.6kg
グローブ・トロッター サファリ 34L4.2kg

このあたりは軽さか機能か、どちらを重視するかで決めるといいでしょう。

デメリット② 狭い面積の部分が開くのは好みが分かれるかも

スーツケースの開き方に特徴があり、好みが分かれるかもしれません。

多くのスーツケースで広い面積側が開く仕様になっていますが、ZUCA PRO KURO-LUX Travelは細いほうの狭い面積側が開くようになっています。

この仕様のため通常のスーツケースのように床に置いて荷物を出し入れする場合は底が深く少々見づらい場面があります。

ですが、ズーカ方式のポーチを使用する場合はあまり見づらさは関係なくなるので細い面積側が開いても問題なく使えます。

よくあるスーツケースから買い替える場合ははじめこの使い方になれる必要があると思います。

デメリット③ 細長いので一度バランスが崩れると大変

ZUCA PRO KURO-LUX Travelは細長いほうにタイヤがついているので、移動中にバランスが大きく崩れると制御が難しくなる場面があります。

これは細長タイプのスーツケースにはどうしても起こってくる問題です。

筆者も急いでスーツケースを引っ張っている最中に挙動が大きく乱れたことがありました。

この細長いタイプはバランスが乱れることがありますが、引っ張って走行する際にボディが邪魔になりにくいので狭い通路や人が多い場所ではそのメリットを発揮してくれます。

どうしても不安な方は同じ座れるズーカで「ナビゲーター」というタイプがおすすめです。

ナビゲーターはよくある広い面積の部分が開く仕様になっていて違和感なく使いやすいです。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelの口コミは?

悪い口コミ

マイナスな点
・やはり重いです
 飛行機で機内持ち込みする時には一苦労
 ラゲッジに落とさないよう上げるのが大変
・幅が狭いので移動中に暴れることあり
 バランス崩すとブンブン振られます
 まあ、慣れれば滅多におこらなくなります
 (これはフライヤーだと殆ど発生しません)

いろいろ書きましたが本当に買って良かったと思える商品でした。

出典:Amazonより

気になったところ
開口部が小さいので面積のある物は入れずらいか入れられない。レインカバーライトはもう少し覆う面積を増やして欲しい(特に横の部分)。走行軽い→引っ張りながらハイペースで歩ける→小さな段差で片輪が跳ねる→暴れ出す→止めるのが大変。フレームの角が他人に当たるとケガしないか心配になる→全体的に角、縁がもう少し丸くできると安心、なのでトラベルカバーをなるべく付けている→カバーの脱着がめんどくさい(脱着の手間や時間自体はそんなにかからないのであくまで気持ちの問題)。2輪なのでその場でクルクル回せない、置いた位置の微調整がやり難い。空の状態でも重量がある。

4輪のキャスターバッグと目的は一緒でも別の種の物と考えて、機能や特性を理解した上で扱えればとても便利なバッグです。

出典:Amazonより

残念な所は、やはり機内に持ち込んだ際に棚に入れるのが女性にとっては重くて大変でした。座席と座席の間には入らないので、通路をふさいでしまうのですぐに終(しま)わないと迷惑になる点です!

出典:Amazonより

良い口コミ

その他:容量に意外と無理が効く。結構無理やり入れてもトラベルカバーやレインカバーライト(別売)が使える。バス停・駅のホーム・店などの順番待ちに座って待てる。開口部が小さいので狭いビジネスホテルの壁とベッドの間で全開にしておける、その状態で通行できる。天井部が平らなのでキャリーオンバッグなど上に載せた物が安定。全体的にガッシリしているのでどのように置いても安定安心。ポーチが思った以上に便利。

出典:Amazonより

椅子がない所でも座れる
 この部分がこの商品の最大のポイント
・イスがあるところならテーブルにもなる
 待合室でちょっとした作業ができます
 なので専用座布団は実はいらないです

(中略)

・転がしてる時の圧倒的な静音性
 アスファルトを移動してる時に特に実感
 ほんっとうに静かです
・誰とも被らないデザイン
 滅多に使用してる人をみかけません
 CAに「素敵ですね」って言われたことも

出典:Amazonより

デザインがカッコいいので他の人とかぶりません!ポケットが沢山あり、とても便利でした。特にサイドにポケットが良かったです。

出典:Amazonより

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelはこんな人におすすめ

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelは次の人におすすめです。

ズーカがおすすめな人
  • 頑丈で座れるスーツケースが欲しい人
  • タイヤの性能が高く静かに走行させたい人
  • スーツケース内の荷物を効率的に整理したい人

まず、ズーカ最大の特徴である座れる機能がいい人におすすめです。

実際に旅行で使ってみましたがちょっと休憩したい時や行列の待ち時間にはかなり有効でした。

またタイヤの走行音もかなり小さく、ひっぱっている時に伝わる手の振動もほとんどありません。

住宅街などでスーツケースをひっぱる場合は音が気になるので、そうったシーンでの静粛性を重視したい人に向いています。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelにはポーチがついているので、スーツケース内が散らかりがちだという人もおすすめです。

たとえば、服はこのポーチ、洗面類はこのポーチという分け方もできますし、複数泊するなら日ごとに分けることも可能です。

このポーチや本体カバーなども標準でついてくるのでかなりお得だと言えます。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travel 通常モデルとの違い

実はこのモデルは2種類あり、今回紹介しているのが特別版の「ZUCA PRO KURO-LUX Travel」で通常版が「ZUKA PRO Travel」となります。

機能やサイズはほとんど違いがありませんが、見た目とポーチの材質に違いが出てきます。

ZUCA PRO KURO-LUX Travel
(ZUKA Japan Edition)
ZUCA PRO Travel
カラーBlackの1色のみSilver / Black
Black / Black
2色展開
フレームマットブラック塗装シルバー
ブラック
インサートバッグ
(ポーチ)
コーデュラナイロン1680デニール バリスティックナイロン
ロゴブラックホワイト
価格43,000円(税込み 47,300円)36,000円(税込み 39,600円)

価格差が7,000円あるので見た目と材質に投資できるか?で判断すればよいかと思います。

ひで
ひで

余裕があればさらにカッコいいKURO-LUX Travelを選びたいところ。

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travelの特徴まとめ

ZUCA(ズーカ)は2004年にアメリカ・カリフォルニアで誕生したキャリーバッグブランドです。

いくつかのラインナップがあるズーカですが、今回紹介する「ZUCA PRO KURO-LUX Travel(Japan Edition)」はズーカの中でもスタンダードな形のものになります。

▼「ZUCA PRO KURO-LUX Travel(Japan Edition)」はとてもデザイン性が高くかっこいいです。

開き方が変わっていて、面積が狭いほうが開くようになっています。

フレームがかなりしっかりしていて耐荷重136kgあり、椅子として座ることができます。

衣類などを小分けにできるポーチが付いてきます。

タイヤが大きく静音に優れる

ズーカ・ZUCA PRO KURO-LUX Travel 外観や細部を確認

「ZUCA PRO KURO-LUX Travel(Japan Edition)」の外観を見ていきましょう!

フレームが目立つデザインをしているため無骨で他にはないかっこよさがあります。

前から見たところ
横からみたところ
後ろから見たところ

上部はアルミニウム合金のフレームでおおわれていて座れるようになっています。

底面もフレームで覆われていてかなり丈夫に作られていることが分かります。

タイヤ(ホイール)は直径10センチのポリウレタンでできています。

▼こちらはネームタグを入れる部分ですが、カバーができるようになっていて芸が細かいです。

また様々なところにジッパーがあり、小物を入れられる部分が多くあります。

▼メイン部分へアクセスできるジッパーの上部にはマグネットで簡易的に固定できるカバーがあります。

カバーのマグネット部分

内部と付属品

ここからはスーツケース内部の様子です。

▼「ZUCA PRO KURO-LUX Travel(Japan Edition)」は面積の狭いほうが開きます。

蓋の部分は収納になっていて、ジッパーを調整してマチを広げることができます。

バッグの中にはポーチが入っているので取り出します。

全部で6つのポーチがあります。

ポーチの側面に色分けがされていて、サイズも少しずつ違います。(同じカラーは一緒のサイズ)

こちらの透明のポーチはTSA(機内への液体持ち込みの規制)に準拠しています。

本体全体をおおうことができるカバーもついてくるのも特徴です。

【使用レビュー】ZUCA PRO KURO-LUX Travelのメリット・デメリットと口コミは? まとめ

この記事では「【使用レビュー】ZUCA PRO KURO-LUX Travelのメリット・デメリットと口コミは?」について書きました。

頑丈なフレームで座れる機能がある他にはない特徴があるスーツケースでした。

高性能なタイヤのおかげで走行音も静かなので、音が気になる方には特におすすめしたいです。

ポーチも荷物整理にかなり使えるので人とかぶらないけれど、機能性も高いスーツケースが欲しいという方はぜひチェックしてみてくださいね。

それでは、また。

ひででした。

【レビュー】R&Y RENTALのサービスはどう?スーツケースを借りて調査しました 【口コミ】エアークローゼットの利用レビュー!おすすめプランはコレ! 【女子旅】1泊2日旅行の持ち物は?必需品チェックリストで忘れ物なし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください