YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

Windowsサウンドデバイス名を変更する方法 分かりやすくできて便利

 

この記事ではWindowsのサウンドデバイス名(音声の表示名)を変更して分かりやすくカスタマイズする方法をお伝えします。

 

この作業を完了すれば、入力や出力の音声を見た目でぱっと変えられますし、ZOOMなどのオンラインミーティングで音声が出ないなどのトラブルを防ぐことができます。

 

それでは、さっそくやっていきましょう!

 

Windowsサウンドデバイス名を変更する方法

▼Windowsサウンドデバイス名を変更するには次の手順を踏みます。

  1. 画面右下の音量マークを右クリックします。
  2. サウンドをクリックし開きます。
  3. サウンドの中の再生タブをクリック。
  4. サウンドデバイス名を変更したい項目を右クリック。
  5. プロパティをクリック。
  6. 全般タブが表示されるので、テキスト入力バーに好きな名前を入れる。
  7. 全般タブが表示されるので、テキスト入力バーに好きな名前を入れる。
  8. 入力できたら、適用をクリックしOKでウィンドウを閉じる。
  9. 完了

 

それでは、具体的な手順を画像つきで解説していきます。

 

▼まずは画面右下の音量マークを右クリックします。

つぎにサウンドをクリックし開きましょう。

 

▼サウンドの中の再生タブをクリック。

 

▼サウンドデバイス名を変更したい項目を右クリック。

 

▼プロパティをクリック。

 

全般タブが表示されるので、テキスト入力バーに好きな名前を入れる。

 

入力できたら、適用をクリックしOKでウィンドウを閉じる。

 

 

これで、作業は完了です。

おつかれさまでした!

 

 

Windowsサウンドデバイス名を変更する方法 まとめ

Windowsのサウンドデバイス名を変更する方法をお伝えしました。

お好みの表示名にすることで、音声の入力出力がどれにつながっているか分かりやすくなりました。

ZOOMなどのオンラインミーティングでも使えるのでぜひ試してみてくださいね。

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください