30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

大阪梅田地下のレンタルボックスキャビンでお宝さがし!委託販売も可能

こんにちには!ひでさんです。(@tekutekuhidesan

日常をほんのりよくする情報を発信しています。

今回は、レンタルボックスCABIN(キャビン)をレポートします!

ひでさん

大阪・梅田の地下に面白いお店を見つけました!

そのお店の看板には「レンタルボックス」とあります。

んん? レンタルボックスってなんぞ??

という方のために、レンタルボックスとはいったいどういうお店なのか??

さっそく、ひでさんが、レポートしてみたいと思います!

この記事のポイント
  • レンタルボックスキャビンの様子が分かる!
  • レンタルボックスの仕組みがわかる。

レンタルボックスCABIN(キャビン)の基本情報

住所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル 地下2F
電話:06-6344-0509
営業時間 11:00~19:30
日・祝は18:00まで。お盆・正月・GWは休み

ホームページ>>>レンタルボックスCABIN

レンタルボックスCABIN(キャビン)の外観

大阪駅前・梅田の地下にある第二ビルの地下。

レンタルボックスCABIN(キャビン)というお店があります。

 

上の写真はお店の外側から見たところですが、なにやらたくさんのものがケースの中にディスプレイされています。

▼近くに寄ってみると・・・

ケースの中には小物やDVD、貴金属、ブランド服、有名人のサインやカメラのレンズ、昔のアイドルが表紙の雑誌などなど。

ジャンルは様々で、ディープ感がすごくて、めちゃくちゃカオスです。

でも、そのカオスさがとてもおもしろく、何があるんだろうと気になってしまうお店になっています。

レンタルボックスとは?

実はこのキャビンというお店、レンタルボックスと言って、正方形状のひとつひとつのスペースがレンタルできて、中に入れた好きなものを委託販売できるシステムになっています。

 

「小さなフリーマーケットスペースの集合体」と言ってもいいでしょう。

ボックスの中のものを、どうやって購入するの?

フリーマーケットと言っても、委託販売なのでボックスのレンタル主さんはいません。

キャビンの店員さんがいるので、声をかけて鍵を開けてもらい商品を見たり、購入をします。

委託販売することもできる!

陳列されているものを買うだけではなくて、ボックススペースをレンタルして手軽に小さなお店を持つことができます。

レンタルボックスとは、ボックスを月単位でレンタルしていただく、委託販売システムです。
お客様はボックスのオーナーとして、簡単・気軽に自分のお店感覚で自分の作品や商品を自由に展示・販売して頂けるシステムです。

レンタルボックスCABIN

スペース内の商品が売れれば、キャビンでは売上金の85%を受け取ることができます。

仕入れたもの以外にも、ハンドメイドのものを並べてもいいかもしれませんね。

CABINのレンタルボックス使用料金

ボックスの種類は…

  • ガラスケース(前後が透明)
  • 前面ガラスの木製ケース
  • 大型ケース

の3種類から選ぶことができます。

サイズは45cmの正方形、

たて88cm・よこ85cm・奥45cmの大型タイプとあります。

すべて鍵つきになっており、一ヶ月単位の契約で、2000円~13000円の間でレンタルすることができます。

レンタルボックスのメリット

今回はじめてレンタルボックスを訪れてみましたが、店内を物色すると想像以上に面白いものがたくさんありました。

ネットショップや実店舗で新品をあつかうお店、中古店を扱うお店などがありますが、レンタルボックスにはそれらとは違った魅力があります。

ちょっとここで、レンタルボックスを利用するメリットを考えてみました。

買う人のメリット

買う側のメリットとしては次のような点が考えられます。

  • 個人が値段を付けているので、場合によっては安く手に入るかも
  • 商品が通常のお店やネットにはないものが並んでいる。
  • 掘り出し物が見つかるかも
  • 実際に触って確かめられる。

ぼくが見たところでは芸能人・有名人のサインが販売されているのは面白いなと思います。

その他ではカメラ用品を扱っているボックスも多いので、じっくり探してみるとレアなものが見つかるということもあるかもしれません。

最近ではメルカリなどのネットフリマアプリなども充実していますが、店舗に足を運んで触って確かめられるという点は強みだと思います。

実際に買うかどうかはおいておいて、宝探し感覚で面白いものを見つけられるのもいいですね!

ボックスをレンタルして、商品を売る人のメリット

  • 簡単に販売ができる。
  • (キャビンの場合)一ヶ月単位の契約なので、気楽!

メリットとしては、気軽に販売できるということに尽きるでしょう。

店舗を借りる必要もありませんし物理的なスペースも小さいので、ほぼ設備投資がいりません。什器なども買う必要がないので、気持ち的にも気軽です。

それでいて、ものを売る喜びを味わうことができます。

 

ただ、見た所全部のスペースが埋まっていたので、スペースをレンタルするには予約をして待つ必要があるかもしれません。

デメリット&注意点

一方でレンタルボックスにはデメリットもあると思います。

  • 個人が値段を付けているので、相場からずれる可能性もあり。
  • 製品の状態が判断しづらい

個人が値段を付けているので、購入する際には必ず相場を調べることをおすすめします。

また、カメラ本体やレンズなどの機械製品は状態の判断が難しいため、製品の状態を見分けるポイントを調べた上で購入される方がいいと思います。

まとめ

さて、レンタルボックスキャビンのご紹介でしたが、いかがだったでしょうか?

個人的にはネットとはまた違ったディープさがたまらない店内でした。

利用する上で注意するところはあると思いますが、上手に使えばお宝を発見できるかもしれませんね。

 

大阪駅前は新しくなりましたが、梅田周辺の地下やビルの中には昔ながらの面白い店がたくさん残っています。

このあたりも紹介していければと思います。

それでは、また!

ひでさんでした!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください