YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

車をポチる!?新車オンライン販売の値引き、メリットデメリットは?

昨今の状況やインターネットショッピングの盛況により

日本でもサービスが始まった新車のオンライン販売。(現状はサブスクリプションサービス)

 

気になる新車の値引きについては、オンラインなら人件費がかからなさそうというイメージがありますが、

実際に調べてみると、なんと新車のオンライン販売では値引きが期待できないことが分かりました。

 

詳しくは記事の中で解説していきますね。

 

合わせて新車のオンライン販売のメリット・デメリットについても調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

新車オンライン販売の値引きはある?

新車のオンライン販売の値引きですが、現状ではオンラインだからと言って値引き幅が大きくなるというのはなさそうです。

(サービス開始当初はキャンペーンで安くなるという可能性もありますが)

 

そもそも実店舗で販売されている新車がどうして値引きされるのか?ですが、

この理由はディーラーごとにノルマや在庫車があるからです。

 

つまりこのノルマや在庫車という下地があって

購入促進をするために値引きをするわけです。

 

ここを踏まえて、オンライン新車販売を見てみると

 

オンライン新車販売では

基本的にメーカー直販となるため、店舗に在庫を置くこともなくノルマもないため値引きをする必要がありません。

 

またメーカーは新車を販売する際に事前に予約するシステムを取ることが予想されるため、

その時点で予約されている台数を生産すればいいので、ロスがなく過剰在庫になることもないのも

値引きされない理由になるかと思われます。

 

ただし、今後新車オンライン販売が好評で

各メーカーが参入し、競争状態になれば値引きの可能性も大いに出てくるでしょう。

 

そこはぜひとも期待したいところですね。

 

新車オンライン販売のメリットとデメリット

つづいて、新車のオンライン販売のメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

メリット

  • 販売店が少ないメーカーの車でも現地に行かず買える
  • 対面の回数を減らせる
  • 場所や時間を選ばず商談できる
  • 価格設定がわかりやすい
  • 事前予約でメーカー側は効率の良い生産計画を立てられる

 

以上のように新車のオンライン販売はユーザーにもメーカーにもメリットがあります。

 

ユーザー側の観点から言えば、ネットで完結させるならお店に足を運ぶ回数をゼロにできますし、

店舗の営業時間を気にせずどんな時間であっても新車購入の手続きをすることができます。

 

またメーカー側は直販で価格設定をシンプルにできますし、事前予約を取り入れれば予約台数を把握できロスなく生産することができるので、在庫を抱えなくて済みます。

 

デメリット

  • 実車に乗ることができない
  • 諸手続きを自分でしないといけない
  • 値引きが期待できない
  • 現状、サポートはディーラー頼みになる

 

デメリットとしてはやはり実車を見たり触ったりすることができないのは大きいですね。

 

また、車庫証明などの手続きも自分でしないといけないのも煩わしさを感じる人には向いていないでしょう。

 

修理やサポートの面では個人で修理工場を探すというのはあまり一般的ではないので、結局ディーラーを頼ることになると考えられます。

 

懇意にしている修理工場があったとしても、リコールなどが出た際には確実にディーラーに預けないといけません。

 

新車のオンライン販売はどんな人に向いているの?

現状は国内の新車のオンライン販売はサブスクリプションサービスとなっていますが、

今後オンラインで納車まで完結できる場合、どんな人におすすめなのか?と考えると

 

やはり圧倒的に時間短縮をしたい人やディーラーに行く時間が取れない人が向いていると言えます。

また、人と対面したくない人にもおすすめです。

 

現状、新車のオンライン販売は値引きが期待できないので、時間や手軽さが最大のメリットになってきます。

そこに価値を感じられる場合はありだと思いますね。

 

ただ結局、諸手続きをしに行かないといけないことや、購入価格を考えるとまだまだ実店鋪に行って試乗や細部を確認するほうが何かと有利な気がします。

 

そのあたりを天秤にかけて判断してみるといいでしょう。

 

新車のオンライン販売の注意点は?

特に実車に触ったり、乗ったりできないということをしっかり納得しておかないと大きな不満点が残ることになるでしょう。

 

個人的な考えとしては、オンライン販売を利用するとしてもどこかでは一度試乗することをおすすめします。

 

新車オンライン販売の販売形式としてはスマホやAmazon、楽天などでのオンラインショッピングの形とほぼ同じですが、

 

圧倒的に違うのは「価格」です。

 

はっきりいって100万円を超える買い物を実物を見ずにポチるというのは、庶民的感覚からすると非常に恐ろしいです。

 

ですので、この車だと決めていたとしても一度は試乗したいです。

 

もし試乗しないということであれば、ベストセラーで定評のある人気車種を選ぶという選択肢になるかと思います。

 

多くの人が喜んで使っている車種ですし、たとえ失敗してもリセールが期待できます。

 

現状のサブスクリプションサービスでも人気車種にしぼって提供されているようですので、「売れている人気車種」を選ぶというのは新車のオンライン販売での安全策となるでしょう。

 

新車オンライン販売のディーラー側のメリットはあるの?

新車オンライン販売は実はディーラーにもしっかりメリットがあります。

 

新車販売をオンラインが担っていけば、ディーラーの仕事がなくなるのでディーラーはデメリットでは?

と考えがちですが、

 

新車販売台数が落ち込んでいる昨今、すでにディーラーの収益の要は車検やサービスに移っています。

 

そのため、新車販売に関わるコストや手間を減らし、サービスなどに注力するという流れが出てきています。

 

それを後押しするのが新車のオンライン販売ですので、ディーラー側にもしっかりメリットがあるのです。

 

昨今の状況で実店舗に行く人は減っています。

 

それは、買ってもらえるチャンスも減っているということになりますが、

 

減っているからこそ1回1回の商談の重要度が上がっています。

 

その少なくなったチャンスに注力できるということは大きな意味があると考えられます。

 

新車オンライン販売 愛車の下取りはしてくれる?

下取りについてですが、ホームページの表記があいまいなので、正直なところよくわかりません。

 

ですが、ホンダが2021年10月から開始した「ホンダ・オン」ではサイトにチャット方式の下取り見積もりシステムが用意されています。

実際に見積もりを利用してみましたが、車種の特徴や状態を答えていくだけで、査定額が簡単に分かりました。

 

ここから購入の際に下取りしてくれて、本体価格を差し引いてくれるといいのですが、それができるかどうかは調査中です。

 

新車オンライン販売の値引き、メリット・デメリットは? まとめ

今回の記事では新車のオンライン販売の情報についてまとめてみました。

 

昨今の状況でオンラインがますます活発になる中、いよいよ新車もオンラインで買えるところまで来ました。

現状はサブスクリプションサービスとなっていますが、すぐに新車が単体でも買えるようになるでしょう。

気になる人は引き続きチェックしてみてくださいね!

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください