Amazonチャージ・初回1000pもらえる>>>

映画「ミッション:8ミニッツ」レビュー 時間制限タイムリープ謎解きの結末は?

タイム系におすすめな映画「ミッション:8ミニッツ」をレビューします!

映画「ミッション:8ミニッツ」レビュー 基本情報

上映日2011年10月28日
制作国アメリカ
上映時間93分
ジャンルSF、ミステリー

映画「ミッション:8ミニッツ」レビュー あらすじ

乗客全員が死亡した電車テロの犯人を突き止めるためタイムリープする主人公スティーブンス(ショーン)。

しかし、過去に戻れる時間はわずか8分間だけだった。

一方、なぜか主人公の質問に答えず急かせるようにミッションへ導くオペレーション室。

同じ時を繰り返し、真相にたどり着くことはできるのか?

映画「ミッション:8ミニッツ」レビュー 感想

謎で始まり、少しずつミッションの内容や真相が分かっていく過程が面白かった。

過去の電車の中は自由に動けるけど、現実に戻ってきた時には密閉空間でどこにいるかも謎のまま話がすすむというミステリアス展開。

さらに主人公スティーブンスの質問に全然答えないオペレーション室の様子に主人公の気持ちになってヤキモキさせられる。

しかし、真相が分かってくるとどうしてそういった態度をとるのかという意味が分かってくる。

 

タイムリープの設定はトム・クルーズの「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に近いが、今作のタイムリープの設定は物語に深みを与えていておもしろい。

タイムリープを繰り返し真相が分かるにつれて、乗客たちやヒロイン、クリスティーナのことが切なくなってくるがラストにしっかり回収するのは見事。

ミステリー好き、タイムリープもの好きにおすすめしたい映画だ。

 

ただ、少し言わせてもらうと

オペレーション室の女性・グッドウィンと主人公スティーブンスがどうやって理解し合えたのかというところをもう少し描いてくれればよかったと思う。

あと分かりにくかったのが、過去がいつか?ということ。

これはあとで調べて分かったのだが、電車テロはオペレーション室とのやりとりがおこなわれる現実の朝のできごとだったよう。

だから、あんなに焦っていたのね。

それと、主人公とクリスティーナの関係性が恋人なのかなんなのか分からなかったので、このあたりははっきり描いてくれていると観やすかったかなと思う。

それでも、全体的にかなり面白い部類に入るので、少しでも興味の出た方はぜひ観て欲しい映画だ。

 

今回の「ミッション:8ミニッツ」は家にいながらレンタルできるAmazonプライムビデオでの視聴でした。

 

今はステイホームの時期なので上手くストレスコントロールできるように家で楽しめることを探したいですよね。

 

そんな方には『Amazonプライム』がおすすめです。

 

Amazonプライムに入会すると…

  • お急ぎ便の追加料金がいらなかったり
  • 映画やドラマが見放題だったり
  • 本や雑誌を読むことや音楽も聴けたり
  • 服の試着も可能です

 

というような、かなり豊富な特典を年会費4900円で受けることが可能になります。(月々に換算すると400円ちょい)

 

必要なものがすぐに届き、特典もものすごいと考えれば、かなりお得なのでこの機会に登録してみてはいかがでしょうか?

 

▼詳しい特典の一覧が以下のリンクから見れます。

Amazonプライムについて

▼Amazonプライムはこちらから登録可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください