パパママ&赤ちゃんも喜ぶ!使いやすいチャイルドシートコチラにまとめました!

【比較】JINS/ Zoff/ 眼鏡市場・曇り止めレンズの評判口コミは?

こちらの記事ではメガネショップ各社のくもり止めレンズの違い(価格・スペック)について書いています!

ひでさん

 

JINS・Zoff・眼鏡市場・OWNDAYS(オンデーズ)などのメガネショップ各社では、オプションで曇り止めをつけることができますがどんな違いがあるのでしょうか?

 

調べてみると曇り止め加工の方法や価格に大きな違いがありました。

 

結論から言うと、コスパ的には「JINS」が優秀で次いで「OWNDAYS」が良かったです。

 

くわしくは記事の中でくもり止めレンズの各社の比較、口コミなどをお伝えしていきます。

それでは、どうぞ!

この記事のポイント
  • メガネショップ各社の「曇り止めレンズ」の違いが分かる
  • メガネ購入の参考に。

 

各メガネショップの曇り止めレンズ(防曇加工) 比較早見表

 

【2022年最新】スペック比較

まずは各社のスペックを比較していきます。

JINS Zoff 眼鏡市場 OWNDAYS
スペック 薄型非球面レンズ
UV99%以上カット
薄型非球面レンズ
UV約99%カット
薄型非球面レンズ
UV99%カット
反射防止キズ防止
UV99%カット
屈折率
(くもり止めを選択できるもの)
1.60
1.67
1.60
1.67
1.60
1.67
1.74
1.60
1.67
1.74
防曇タイプ 撥水+吸水性ウレタン樹脂 吸水 2種類から選べる

・ノーメンテナンスタイプ
(吸水)

・メンテナンスタイプ

 

親水
曇り止めレンズのネット取扱 あり
遠近レンズは店頭のみ
あり
遠近レンズは店頭のみ
あり
遠近レンズは店頭のみ
あり
遠近レンズは店舗のみ

 

防曇タイプは年々進化しているようで、最近では吸水させる仕組みをもたせるのがトレンドとなっています。

吸水させるタイプは各社ノーメンテナンスをうたっていて、薬剤をつけたりクロスで拭いてくもり止め効果を復活させる必要がないようになっています。

 

ただ曇り止め効果に対するメンテナンスをほとんどしなくていいとはいえ、汚れなどに対しては独特のお手入れ方法が必要なので、レンズを薬液でガシガシ洗う人やラフに扱いたいという人は少し考えたほうがいいかもしれません。

 

フレームとレンズ同時購入の場合・くもり止めの費用は?

ここではフレームとレンズの同時購入の際の費用をみていきます。

JINS Zoff 眼鏡市場 OWNDAYS
フレーム購入時・曇り止めオプション代 +¥5,500 +¥3,300 +¥3,300 +¥5,500
その他の追加費用
(レンズの厚みによる)
なし 薄型外面非球面
屈折率1.60
+¥8,800

超薄型外面非球面
屈折率1.67
+¥11,000

カラーレンズ
屈折率1.60、1.67
+¥6,600〜

なし なし
合計費用 フレーム代+¥5,500 最低 フレーム代+¥12,100
(1.60レンズとくもり止めオプションの合計)
フレーム代+¥3,300 フレーム代+¥5,500
フレーム最低価格を考慮した場合 4000円台+¥5500 4000円台+¥12,100 9000円台+¥3,300 4000円台+¥5,500

 

上記の表を見るとフレーム+オプション代だけでよい眼鏡市場が最安になりますが、実は眼鏡市場はフレームが9900円〜となっています。

 

JINSやOWNDAYSはフレームの最安が3000円台や4000円台から用意されているので、そちらと比べると眼鏡市場はたとえ最安のフレームであったとしても最終的な価格が高くなります。

 

ですので、フレームとくもり止めつきのレンズ同時購入でなるべく実質費用を抑えられるのはJINSかOWNDAYSといえます。

 

 

レンズ交換のみ・くもり止めの費用

一方、他社製のフレームを持ち込んでレンズだけ注文し、オプションで曇り止めをつける場合はどうでしょうか。

JINS Zoff 眼鏡市場 OWNDAYS
他社フレームでのレンズ交換 OK

(例外あり)

OK

他社枠加工料¥3,300

(例外あり)

OK

(例外あり)

OK
レンズ代 ¥5,500 ¥6,600 ¥11,880 ¥7,700
フレーム購入時・曇り止めオプション代 +¥5,500 上記レンズ代に含まれる +¥3,300 +¥5,500
その他の追加費用
(レンズの厚みによる)
なし 薄型外面非球面
屈折率1.60
+¥8,800

超薄型外面非球面
屈折率1.67
+¥11,000

カラーレンズ
屈折率1.60、1.67
+¥6,600〜

なし なし
合計 ¥11,000 最低 ¥15,400 ¥15,180 ¥13,200

 

レンズ交換のみでくもり止めをつける場合、JINSが最安です。

つづいて、OWNDAYSですね。

 

この2社はフレームとレンズ同時購入でもかなりコスパがいいシステムになっていたので、出費をおさえたい人にはかなりおすすめできます。

 

一方、Zoffは格安ショップの割に薄型非球面を選ぶとプラス料金がかかるので、価格優先ではちょっと選びにくいです。

 

 

各メガネショップの曇り止めレンズ(防曇加工)の口コミ評判を比較

ここからは各社のくもり止めレンズの口コミ・評判をみていきましょう。

 

JINS(ジンズ)の曇り止めレンズ 口コミ評判

▼イマイチな口コミ

 

▼いい口コミ

 

ジンズが気になる人はこちらの記事もおすすめ!

【本音】ドクターアイズはひどい?各メガネショップの感想も正直に話します

 

 

Zoff(ゾフ)の曇り止めレンズ 口コミ評判

▼イマイチな口コミ

 

▼良い口コミ

 

眼鏡市場の曇り止めレンズ 口コミ評判

▼イマイチな口コミ

 

▼良い口コミ

 

 

OWNDAYS(オンデーズ)の曇り止めレンズ 口コミ評判

▼イマイチな口コミ

 

▼良い口コミ

 

各メガネショップの曇り止めレンズ(防曇加工)を比較 まとめ

今回の記事では各メガネショップの曇り止めレンズ(防曇加工)を比較してみました。

 

コスパで見ると、フレーム同時購入ではJINSとOWNDAYSが、レンズ単品購入ではJINSがもっとも優れていることがわかりました。

 

各社それぞれに機能に優れたものやデザイン性のある独自のフレームがあるのでそこを加味するとまた違った結果になると思います。

あとは、この記事を参考にくもり止めの機能のある自分に似合う眼鏡を見つけてくださればと思います。

 

それでは、また。

ひででした!

こちらの記事もおすすめ!

ノーズパッドマスクの代用品を中心に、メガネが曇らないグッズ6選 【口コミ】メガネのシャンプーの売り場はどこ?評判や使い方も紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.