30代4児パパがブログをはじめた理由とは?(プロフィール)

体ぽかぽか!しょうが湯のおいしい作り方とコツ

どうも!ひでさんです!

今回は冬におすすめ!おいしいしょうが湯の作り方をご紹介します!

ひでさん

寒い季節。

あたたかい飲み物で体を温めて、風邪をひかないようにしたいものですよね。

そんな時にぴったりなのが、『しょうが湯』

粉状のものをコップに入れてお湯を注ぐだけで、しょうがの香りと、あまからい味、そしてとろ~りとした食感が味わえるやみつきになる飲み物です。

 

でも、このしょうが湯。

作る時に次のような悩みはないでしょうか?

 

しょうが湯を作る時の悩み

  • お湯を入れているのに、とろっとならない!
  • すぐに冷めてしまう!

さとみん

しょうが湯づくりって、簡単そうで意外とむずかしいですよね…

こんな悩みを抱えたままではせっかくのおいしいしょうが湯が台無しです。

でも、ちょっとしたコツでおいしく仕上げることができるんです!

この記事を読めばおいしいしょうがゆを簡単に作ることができますよ!!

それでは、いってみましょー!

この記事をおすすめしたい人
  • しょうが湯をおいしく作りたい!
  • 体をあたためて風邪を予防したい!

自然王国・『生しぼりしょうが湯』を使います

hot water with ginger

しょうが湯

created by Rinker
協和
¥580 (2019/09/22 14:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

これはたまたま家にあったものなので、コンビニやドラッグストアで売っているものなど、なんでもいいです。

おいしくつくる4つのポイント!

それでは、おいしく飲むための作り方を説明します!

次の4つのポイントを押さえておきましょう。

おいしく作る4つのポイント
  1. 沸騰したお湯を使う!
  2. お湯を少なくする
  3. よくかき混ぜる
  4. コップを温める

1~3までは裏面の作り方に書いてある通りです。

召し上がり方:一袋を湯呑み茶碗に入れ、約120ml沸騰しているお湯を注ぎ、よくかき混ぜてお召し上がりください。

引用:裏面の説明より

最大のポイントは、沸騰しているお湯を注ぐということですね!

実は温度が低いお湯だと、とろとろにならないんです!

ガスコンロの場合だと、沸騰したお湯を時間を空けずにコンロからおろしてすぐに注ぐといいです。

 

また、お湯を少なくすることと、注いだらすぐによくにかき混ぜることも効果的です。

 

あと、オリジナルの要素としておいしいコーヒーの淹れ方でよく言われるように、粉を入れる前にお湯を注いでコップを温めておくのがおすすめです!

コップを温めることによって冷めにくく、いつまでもあつあつのしょうが湯が楽しめますよ。

しょうが湯づくりを実践しよう!

それでは、ここからは写真で実際の作り方を解説していきます。

まず、お湯が湧いたらコップを温めるために、粉を入れずにお湯だけ注ぎます。

しばらく置きます。10数秒でOKです。

お湯を捨てて、粉を入れます。

お湯を注ぎます。

この時、沸騰から時間がたちすぎてしまったら再び沸騰させることをおすすめします。

すぐによーくかき混ぜます。

はい!これで、とろっとろっの「しょうが湯」のできあがりです!!

コップを温めているので、時間がたっても冷めにくくなっており、あつあつが楽しめます。

猫舌の人はコップをあたためなくてもいいかもしれませんね。

ひでさん

まとめ

今回はしょうが湯をちょっとしたコツでおいしく飲めるライフハックでした!

これからの季節体を温めて風邪を予防してくださいね!

それでは、また!

ひでさんでした!!

created by Rinker
協和
¥580 (2019/09/22 14:22:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください