30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

新・北九州みやげ、ネジチョコ×中川政七商店のコラボver. が新幹線で買えてお得!

こんにちは!

そうしょく系男子ひでさんです。

日常をよりよくする記事を発信しています。

 

最近、北九州界隈で話題のおみやげがあります。

その名も『ネジチョコ』といいます。

 

上の写真を見てもらえれば分かるように、どうみても茶色いボルトとナットですが、実はチョコなので、食べられるという面白いお菓子なんです。

いいおみやげはないかと探している方は要チェックですよ!!

3Dプリンタで作った回せて食べられるネジ

この「ネジチョコ」

ただのボトルとナットのチョコではありません。

この「ネジチョコ」には、最大の特徴があるのです!

 

それについては、公式ホームページを見てみましょう。

『明治日本の産業革命遺産』が世界遺産に登録されました。
この遺産群の中には、北九州市の『官営八幡製鉄所関連施設』が含まれています。
“世界遺産のある街・北九州”のお土産として市民からのアイデアで製鉄所の鉄をイメージした、ボルトとナットの形のチョコレートが生まれました。
チョコレート型は3Dプリンタで作成し、ネジチョコは作られています。
カカオ50%のスイートチョコを使用して作られたボルトとナットのチョコレートは、実際に締めて遊ぶことが出来ます。

とあります。

 

そう、

この『ネジチョコ』

実は、チョコレートなのに、

「ネジとして実際に締めることが出来る」お菓子なのです。

(しかも、最新技術である3Dプリンタも使っている!!)

 

食べ方は、バラバラで食べてもいいし、ボルトとナットを締めてから一緒に食べてもOKです!

でも、たいていの場合は締めちゃいますけどね。

 

次からは、内容を見ていきましょう!

まずは、通常版

この銀色のボックスはシンプルな「ネジチョコ」

 

色違いで茶色のボックスがあるのですが、そちらは「ネジチョコココア」になります。

関係ありませんが、「コ」が多いのが気になりますね…。

こちらの写真は、「ネジチョコココア」

ココアパウダーで錆びた鉄の質感を表しているとのこと。

この正方形のボックスサイズはそれぞれ5個入り。

 

他には大きなサイズの15個入りがあります。

中川政七商店とコラボ、新幹線ネジチョコ

ここからは、特別バージョンの紹介です。

山陽新幹線に乗った際、車内販売で買い物をすると、上のようなパンフレットをもらったことがないでしょうか?

こちらは、奈良に本店を置く工芸品や雑貨を扱うおしゃれなお店、

中川政七商店とJR西日本フードサービスネットがコラボした企画『走る日本市プロジェクト』の案内パンフレットで、

「ここでしか買えないお土産」として、車内販売ワゴンで新幹線沿線の工芸品や特産物の加工品などが売られています。

企画自体は2015年から始まっているようですが、2017年の第二弾として、8月25日~12月下旬まで、

山口・福岡編として商品が特集されていいます。

 

その中に「ネジチョコ・特別バージョン」があります。

それが、こちら。

左が「走る日本市」の特別バージョン(600円)。右が通常バージョン(432円)。

特別バージョンは子どもが喜びそうな新幹線のパッケージに変化しています。

中身は2種類のお味入りでお得!

中身は通常の5個入りより、1つ増えて、6個入り。

しかも、「ネジチョコ」と「ネジチョコココア」の両方の味が入っています。

 

通常版には、味が混ざっている商品がないので、

どちらの味も楽しみたいという人はこちらの方がいいかもしれません。

 

通常版より値段は少し上がりますが、「ネジチョコ」と「ネジチョコココア」をそれぞれ買うよりはお得になっています。

袋にも違いあり

こちらは小倉駅で買った通常版の「ネジチョコ」の袋。

こちらは新幹線車内で買った、「ネジチョコ」の袋。

この袋に魅力を感じたら、多少値段が上がっても、車内で買う一択になると思います。

まとめ:特別バージョンはこんな人におすすめ

ということで、まとめです。

このネジチョコは次のような人におすすめです!

・新幹線が好きだ!

・中川政七商店が好きだ。

・2つの味をお得に楽しみたい。

・ワゴンのお姉さんとお話ししてみたい。

 

驚きと面白さで必ず喜んでもらえるおみやげなので、九州方面にお出かけの際はぜひ、チェックしてみてくださいね!!

12月下旬までの販売ということなので、気になる方はお早めにお買い求めをおすすめします。博多駅で買えるようです。

 

参考 「新幹線ネジチョコ」博多の珍しいレアものお土産!ネジチョコの限定パッケージハカテン

 

▼通常版をチェックする

 

リンク

公式サイト:GRAN DA ZUR リンク

JR西日本フードサービスネット(走る日本市、通販サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください