【制服がないあなたへ】オフィス用の服選びをお助けします。

【京都レトロ喫茶】出町柳ゴゴで懐かしのクリームソーダを堪能!店内もシブくていい!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは!レトロ喫茶好きのひでです。

雑誌で見て気になっていた出町柳の喫茶店「ゴゴ」に行ってきました。

思っていたよりもアクセスしやすく、店内はレトロ感満載でありながら地元の人に愛される温かさがあるお店でした。

そんなゴゴでクリームソーダやたまごサンドをいただいてきたので、店内の様子と合わせてお伝えしていきます。

喫茶店ゴゴが気になっている人はぜひチェックしてみてください。

それでは、どうぞ!

【京都レトロ喫茶】出町柳ゴゴ 概要

ゴゴは京都・出町柳にある昔ながらの喫茶店です。

1963年(昭和38年)創業なので60年以上の歴史があります。

地元の方や学生さんに愛されているお店で、最近はレトロブームの影響もあって雑誌に紹介されることも。

立地は出町柳駅からほど近く、付近には京都大学や鴨川デルタなどがあります。

ひで
ひで

出町柳駅からすぐなのでアクセスしやすいです。

【京都レトロ喫茶】出町柳ゴゴ 外観

「ゴゴ」の外観を見てみましょう。

建物2階部分(お店は1階のみ)の大きな2つの窓とひさしの緑と白のストライプが目を引きます。

前を通るとコーヒーの香りがしてくるので、通り過ぎることはないでしょう。

店舗の左側に縦長の白い看板に独特な文字で「まろやかな舌ざわり 独特なゴゴの珈琲を」と書かれてあります。

入口横の突き出た部分は焙煎室になっていて持ち帰り用の豆を注文するとここで量ってくれます。

ドアのすぐ脇には木製のとても格好いい看板があります。

木彫りでロゴやデザインにものすごく惹かれます。

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ 注意点

店内の張り紙に「写真を撮る時は声をかけて下さい」とありました。

またカウンター側や他のお客さんが映らないようにとのお願いでした。

昔ながらの喫茶店のため店内は喫煙が可能となっています。

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ 内観

それでは、お店の中に入っていきましょう。

時間は11:20分ごろ。

私が入った時は奥のテーブル席におじいさんが一人とカウンターに一人。

最初、私はカウンターに座っていましたがおじいさんが帰宅されたのでテーブル席に案内してもいました。

店内は非常に趣きがあり、レトロ好きにはたまりません。

昔の電話が壁にかけてあったり、

「COFFEE」と書かれた木の彫刻。

額に飾られたコーヒーのイラスト。

天井の照明たちも細工が凝っていて見ているだけで楽しめます。

ゴゴで特徴的なのは壁や天井の模様。

無数の波紋のような模様が描かれています。

近くで見ると立体的になっておりクロスではないことが分かります。

この模様が他にはないゴゴ独自の特徴を強くしているようです。

ちなみに奥のテーブル席はタバコの煙が充満しにくい席のようで、あいていればタバコを吸わない人を案内してくれるようです。

▼なるべく、というのがお店の雰囲気をあらわしているようです。

メニューはテーブル席の壁にぶら下げられています。

こちらはシンプルでかわいらしいシュガーポット。

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ メニュー

それでは、ゴゴのメニューをチェックしていきましょう。

トーストやサンドウィッチ。

ドリンクはブレンドやストレートコーヒー(シングルオリジン)、カフェオレやウィンナー珈琲も選べます。

その他のドリンクメニューも充実しています。

甘いものはクリーム珈琲やクリームソーダ、クリームコーラ

珈琲ゼリーやアイスクリームもあります。

朝11時まではモーニングサービスをやっています。

なんと500円という良心価格で珈琲などのドリンク、トースト、バナナorゆで玉子が選べるセットです。

追加珈琲(おかわり)は200円でできます。

京都の繁華街から少し離れているためか、かなり良心的な価格でした。

近くの学生ならそうとうに通っただろうなと思います。(近くって京大だけど・・・)

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ サンドウィッチ(玉子)とクリームソーダを注文

数あるメニューから今回注文したのはサンドウィッチ(550円)とクリームソーダ(600円)。

量を確認してなかったのですが、かなり多かったです。

これで550円。ちょっと心配になるくらいのコスパです。

食べてみるとまずパンがふわふわで、中の玉子もジューシーに焼き上げてあります。

メロンソーダは一見なんの変哲もなさそうに見えますが、よく見るとめちゃくちゃアイスが大きいです。

そのサイズはストローを挿す隙間もないほどです。

来店時が11時台だったので、さくっと食べられるかなと思ってたのですがかなりお腹いっぱいになりました。

(サンドウィッチ食べきれなかったので、袋に入れてもらいました。)

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ オリジナルブレンドのコーヒー豆をお土産に

お土産に200gのオリジナルブレンドを購入して帰りました。

入り口横に焙煎室があるのでお店の方がそちらに行って豆をつめてくれました。

家でも淹れてみましたが深煎りでとっても美味しかったです。

旅で出会った味を家でもしばらく楽しめる珈琲豆のおみやげ、おすすめです。

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴへのアクセス

ゴゴへのアクセスについてお伝えします。

京阪出町柳駅4番出口から徒歩で2分ほど。

道の南側を東へ歩けばすぐにたどりつきます。

店名ゴゴ
所在地〒606-8204 京都府京都市左京区田中下柳町8−76
営業時間8:30〜17:00
定休日日曜・祝日
備考喫煙可能

【京都レトロ喫茶】出町柳・ゴゴ 近くのおすすめスポット

ゴゴの近くにあるおすすめスポットを紹介します。

京都の名所でもあるので、ゴゴに行ったついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ゴゴの最寄り駅である京阪の出町柳駅のすぐ西に鴨川が流れています。

そこには高野川と賀茂川が合流して鴨川になる地点「鴨川デルタ」(三角形という意味)という場所があります。

川の中に飛び石が設置されていており、ちょっとしたアスレチック(?)を楽しむことができますよ。

ぜひ、立ち寄ってみてください。

また橋を渡った西側には豆餅(豆大福)で有名な「出町ふたば」という和菓子屋さんがあります。

京都らしいお土産やお菓子を求めている人にはかなりオススメです。(行列になっているのでそのつもりで。)

【京都レトロ喫茶】出町柳ゴゴで懐かしのクリームソーダを堪能!店内もシブくていい! まとめ

この記事では「【京都レトロ喫茶】出町柳ゴゴで懐かしのクリームソーダを堪能!店内もシブくていい!」について書きました。

喫茶ゴゴは出町柳からアクセスしやすく、レトロな雰囲気も充分に味わえる喫茶店でした。

時間帯によっては混雑することもあるので余裕をもってお出かけください。

それでは、また。

ひででした!

【おすすめ】インスタ映えする京都のカフェ&喫茶店13選を紹介! 【青い光が幻想的】喫茶ソワレの見どころやメニュー、待ち時間は? 【京都レトロ喫茶・築地】アンティークとウインナーコーヒーで至福の時間に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください