YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

テントの試し張りはどこでする?公園や河川敷よりキャンプ場が正解な理由

新しいテントを買ったら、細部も確認したいし、きっちり立てられるか不安なのでキャンプをする前に試し張りをしたい。

でも、どこでテントの試し張りをしたらいいかわからない。

 

私もテントを買って試し張りできるところを探し回りました。

 

最終的にベストと判断したのは「キャンプ場」でした。

 

どうして、近所の公園や河川敷などではだめなのか?

どうしてキャンプ場がいいのか?

詳しくは記事の中でお伝えしていきます。

 

それでは、どうぞ!

 

テントの試し張りはどこでする?

テントの試し張りをする候補地は次のとおり。

  • キャンプ場 ←イチオシ!
  • 公園
  • 河川敷
  • 自宅の庭
  • 自宅内
  • テント講習会・設営会

 

以下の項目でくわしく解説していきますね!

 

結論:キャンプ場のデイキャンプ利用がおすすめ おすすめな理由とは?

色々と調べた結果、テントが張れる場所をいろいろと探すよりも実際のキャンプ場へ行って、デイキャンプ利用をして試し張りをするのが一番いいとわかりました。

私も実際にあれこれ悩んだ結果キャンプ場へテントを試し張りしにいきましたが、キャンプ場に行って良かったと感じています。

 

▼さっそくキャンプ場を予約したい方はこちらの記事が参考になります。

↓ ↓ ↓

キャンプ予約サイト比較7選+α!いい点・悪い点をズバリ

 

 

テントの試し張りをするのに「キャンプ場」がおすすめな理由は次のようになります。

  • 理由1:テントを張れる場所探しが大変
  • 理由2:実際のキャンプ場で張るメリットが大きい

 

ひとつずつ理由を見ていきましょう。

 

▼テントを張れる場所探しが大変

まず、自宅周辺で探すのはけっこう難しいという印象です。

テントを張っても大丈夫な場所を見つける労力もいりますし、自治体は大丈夫と認識していても町のローカルルールや地主さんによって禁止されているところもあったりします。

それに普段、テント張りをしていないところでペグをカンカンやっていると人の目も気になります。

自治体や周辺住民に確認したりという手順を踏めば確実ですが、もうそれならいっそのことキャンプ場に行った方がいいなと私は思います。

 

▼実際のキャンプ場で張るメリットが大きい

またこれは実際に私が経験したことなのですが、キャンプ場に行ってテントの試し張りをするとメリットが大きく次のようなことがわかってきます。

  • キャンプ場へのアクセスルートが分かる
  • キャンプ場の施設や管理人さん、雰囲気が分かる
  • サイト区画にどれぐらいのテントを張れるか分かる
  • キャンプ場に慣れることができる

・・・と言った感じです。

特に「サイト区画にどれぐらいのテントを張れるか分かる」というのは重要で、キャンプ場がフリーサイトでなく区画が決まっている場合はしっかりと試しておいた方がいいです。

むしろサイト区画がこれだけと決まっているキャンプ場の場合は本当なら、テントを購入する前に長さを測りにいくほうが確実ですし、

サイト区画の広さが決まっているキャンプ場が自宅の最寄りだったりすると頻繁に利用する可能性もあるので、サイト区画はしっかりサイズを測ってからテントを購入するというのがダメージが少なくてすみます。

 

ちなみに、私はキャンプデビューでパップテントを買ったのですが、自宅の最寄りのキャンプ場ではサイトが狭い区画しかなく、設置するもギリギリという感じでした。

もう少し大きなテントや多人数用のファミリーテントだとアウトでした。。。

 

こうやって、テントとサイトの区画のサイズ感も分かるので、実際のキャンプ場に行ってテントの試し張りをするのがおすすめです。

 

また、キャンプ場が山の林間サイトであれば真夏の暑い時期でも比較的涼しく設営することができます。(汗はかくと思いますが)

林間サイトであれば公園や河川敷などの木陰のない平地よりも夏のテント試し張りに適していると言えます。

 

 

 

・・・とはいえ、キャンプ場が近くにないという方もいらっしゃると思いますので、

適宜自分にあった場所を探すのがいいでしょう。

 

▼以下に、その他のテント試し張り候補地を挙げておきます。

 

公園

地方の田舎の状況ですが、公園は難しいなと思います。

近くの公園をいくつもまわり、入り口にある注意書きが書いてある看板を確認しました。

 

直接テント禁止とは書いていませんが暗にダメという表現がされているところがほとんどでした。

 

たとえば・・・

 

  • キャンプ禁止
  • 公園内の施設を傷つけないでください
  • 利用者の迷惑になるような行為はおやめください

・・・などなど。

 

管理者によってどうとでもできる表現なので、大きな公園などで見回りしている人にだめと言われたら駄目な可能性が高いですね。

 

また、ポップアップテントはいいけど、ペグダウンはだめというところも多いです。

 

このあたりは、公園とひとくくりにしても管理団体や自治体によって細部が違うので

もし自宅近くの公園でしたい場合は自治体の「公園管理課」のようなところへ問い合わせてみてください。

 

河川敷

河川敷は比較的自由にしていいというところも多いです。

ただし、ローカルルールも存在するのでこちらも河川事務所などへ問い合わせるのがいいと思います。

 

▼お探しの場所が東京都内であればこちらの方のブログが参考になりそうですよ。

都内の河川敷でタープピクニック!:多摩川河川敷

 

自宅の庭

自宅の庭だと誰にも文句を言われずテントを張ることができます。

ただし、たいていの場合は一戸建てであることが条件になりますし、庭があってもテントを立てれられる地面(土か芝)やスペースがないといけません。

もし、それらの条件を満たしたスペースを自宅に確保できるなら一番おすすめといえます。

 

またドーム型などのテントであれば自立するので、あまり広いスペースを取らずに設置することができます。

ポールの通し方などは自宅の庭で確認して、ガイロープやペグダウンはキャンプ場で最終確認するというのがおすすめです。

 

自宅内

テントは外で立てるものと思っている方もいますが、そうとも限りません。

アウトドアショップなどで室内にテントが展示されているのを見たことがあると思いますが、ああいった感じで室内でも簡易的にテントを立てることが可能です。

 

ただ、外の地面のようにペグダウンはできないので張り綱(ガイロープ)はおもりにくくりつけるなどしてピンと張らないといけません。

また室内にテントを広げるスペースを確保しなければならないので、近くにどうしても張れる場所がない場合に取る選択肢と思っておいたほうがいいと思います。

 

また自宅の室内でも自立式のテントであれば重りを使わなくとも簡単に立てることができます。

反対にワンポールテントやパップテントなど非自立式のテントの場合はけっこう苦労すると思います。

 

テント講習会・設営会

アウトドアメーカーやショップが主催する「テント講習会・設営会」というイベントがあります。

自分のテントを持っていけるわけではわりませんが、購入前に立て方を教えてもらったり、

購入したけれどまだ試し張りできていない時に活用することができます。

 

イベントによってはオリジナルのプレゼントをもらえることもあるようですよ。

一度「テント設営・講習会」で検索してみてください。

 

テントの試し張りはどこですればいい? みんなの口コミは?

 

キャンプ場

 

みなさんのつぶやきを見るとキャンプ場で試し張りしている人がかなり多いなという印象でした。

 

公園

河川敷

自宅

室内

設営会・講習会

テントの試し張りはどこでする?公園や河川敷よりキャンプ場が正解な理由 まとめ

今回の記事は「テントの試し張りはどこでする?公園や河川敷よりキャンプ場が正解な理由」というテーマでお話してきました。

 

結論はテントの試し張りはキャンプ場がおすすめということでした。

特にキャンパー人口の少ない地域では思い切ってキャンプ場まで行った方が、いろいろとめんどくさくなくてよいと思います。

 

また、初心者にはドーム型テントがよいと言われますが、自立式なのでどこでも試し張りができますし、スペースを取らないドーム型はまさに初心者にうってつけだと今回記事を書いてみて感じました。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

さいごに、お近くのキャンプ場を検索するのに便利なキャンプ場予約サイトを比較してみました。

おすすめのサイトも紹介しているので、これから試し張りするという人は参考になると思います。

↓ ↓ ↓

キャンプ予約サイト比較7選+α!いい点・悪い点をズバリ

 

それでは、また!

▼初心者さんにこちらの本もおすすめ

成美堂出版
¥1,430 (2021/09/25 11:29:30時点 Amazon調べ-詳細)

▼私が実際に購入したパップテントを選んだ理由はこちらから。

Soomloomのパップテントを買った理由【キャンプ初心者実践ブログ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください