YouTubeはじめました!>タップして動画を観る<

ブログ・ピコグリル498使用レビュー!気になる点いい点は?398との比較も

焚火台ピコグリル498を購入して使っている筆者です。

 

今回の記事ではピコグリル498をキャンプでの焚火調理に使ってみて分かった

気になった点、いい点をお伝えします。

 

結論から言うとピコグリル498は調理しやすく効率的に使える焚火台で、持ち運びも収納も手軽。

持っていて損はない焚火台だと感じました。

 

また合わせて、ピコグリル498と398を比較してみました。

記事の中に詳しく書いていますので、気になる方はぜひ最後までお読みください。

 

それでは、どうぞ!

 

Picogrill (ピコグリル)
¥15,800 (2021/11/26 23:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ブログ】使って分かった!ピコグリル498の気になるところ

風に弱い

ピコグリル498は風に弱いので風の影響を受けやすいです。(ピコグリル系の焚火台全てに言えること)

 

ある程度風がある状況では、火が流れやすく焚火調理の際に思ったようにクッカーやフライパンに火が当たらないという状況が起こります。

陣幕や風防を活用すれば風をある程度防ぐことができるので、ピコグリルを使用するなら合わせて持っておきたいところです。

 

ただ、風に弱いという部分は燃焼効率や空気循環などとトレードオフな部分なので、

風が吹いていない状況でピコグリル498で焚火をすれば非常によく薪が燃えてくれますし、

そもそも火つきも良いです。

 

このため、着火が上手く行かないことが多い初心者にとってはとても使いやすい焚火台だと思うので、

もし着火の簡単さや燃焼効率を重視するなら、とてもおすすめです。

 

スピットや網の使用時に薪が正面から入れられない 398との差

ピコグリル498は調理する時にスピットや網を使っている状態だと、正面から薪が入れられません。

 

これは、498独自の2段フレーム構造によるもので、正面にくる三角形の部分が邪魔をしてしまいます。

そのため、薪を追加したい場合は横からヨイショッ!っと入れなくてはなりません。

(気にならない人もいるかもしれませんが、少なくとも私はちょっと使いづらいと感じました。)

 

一方、ピコグリル398ではシンプルなフレーム構造になっているので正面からも薪を投入可能です。

 

このことは購入してから気づいたので、

 

ただ、この正面から入れられないというデメリットは考え方や、ある方法によって改善するので

それについては後述の「ピコグリル498 薪が正面から入れられない弱点を克服する方法」の項目でじっくりお伝えしたいと思います。

 

398で使える「定番の」サードパーティ製オプションが使えない

ピコグリル498ではピコグリル398で使えるサードパーティー製のオプションが使えないことが多いです。

 

たとえば、You Tubeやブログで多く紹介されているキャンピングムーンの「五徳(ごとく)」↓

 

こちらは398にぴったりハマりますが、498ではフレームの幅が違うためハマりません。

 

それと、チタン製で軽くて焦げ付かないと人気のBoundless Voyageの五徳兼グリル↓

こちらも、498には幅が合わないため下に落ちてしまいます。

 

また、ピコグリル398にセットしてオーブンとして使用できるCGKのハマグリル↓

 

・・・こちらもピコグリル498には使用できません。

 

など、多くのサードパーティー製オプションは398に合わせて作られているため、

サイズが少しアップしているピコグリル498では合わないことが多くなっているため、注意が必要です。

 

・・・とはいえ、ピコグリル498に合うサードパーティー製のオプションもあります。

 

たとえばピコグリル498に合う、五徳のおすすめなら↓下記のものがいいです。

 

▼DOD(ディーオーディー)の秘密のグリルさんの五徳(38センチ)

 

▼Bush Craft Inc.  たき火ゴトク Sサイズ純チタン中空パイプ (38センチ)

 

収納袋に入らない可能性がありますが、上記のものであればピコグリル498でも使用が可能です。

 

 

ちなみにどんなサードパーティー製のオプションがピコグリル498で使えるか、必要なサイズを測ってみました。

 

  • ピコグリル498の2段フレームのフレーム間の幅 26.2センチ(実測)
  • 純正のスピットの長さ 35.3センチ(実測)
  • 純正の焼き網の長さ 30.1センチ(実測)

 

・・・という数値となっています。

 

五徳の場合、フレーム間の幅以下(26センチ以下)だと落ちてしまいますし、使用中のある程度のズレも考慮して

少し長いものを使うといいでしょう。

 

ピコグリルのメーカーとしてはスピットと網のサイズをそれぞれ次のように設定しています。

 

  • 網は網目にフレームの出っ張りを引っ掛けられて、ズレ止めできるので、+4cm
  • スピットはストッパーがないので、+9cm

 

・・・となっていますね。

メーカーとしては五徳や網は上記の長さがあると使いやすく設計されていると考えられます。

 

サードパーティー製の五徳や網を探している人は上記のデータを参考にしてみてください。

 

とてもおしいと感じる部分も

焚火調理することが好きなキャンプ初心者の意見として聞いてほしいのですが、

ピコグリル498は398からサイズアップしているとはいえ、

わずかな差なので下段の場合、同じスピットに6インチスキレットなどのクッカーを2つ並べられないのが個人的におしいと感じます。

 

一つのスピットに2つのクッカー類を並べるのは上段なら可能なのですが、下段ではフレームが邪魔して2つ並べることができません。(小さなクッカーなら可)

 

このためクッカー類を一つずつ左右に分けて配置しなければならならず、そうすると少々薪が入れづらい状況が発生してしまいます。

 

しかも薪の入れやすさを考えると左右とも下段を同時に使うのは、ちょっとむずかしいという状況です。

(薪を追加する際に下段にスピットや網があると邪魔になってしまいます。火が安定している時間を上手に作り出せればいいのですが…)

 

なので、ピコグリル498にもう少しだけ幅があれば、

クッカーを下段に2つ並べておき強火力を維持しつつ、反対側のサイドから薪を投入しやすい状況にすることができるので、その部分がとても惜しいなぁと感じます。

 

ただし、このあたりは自分の焚火スキルが上達して熾火や炭をもっと上手に使えるようになると

改善できると考えていますが、

 

現状、初心者の状態では・・・というところですね。

 

ピコグリル498 調理時に薪が入にくくなる弱点を克服する方法

この項目では個人的に感じる「調理時の薪の入れにくさ」を克服する方法を考えたいと思います。

 

ひとつずつ料理をおこなっていく場合には薪の入れにくさは感じませんが、

 

片側でしっかり火を入れて調理をしつつ、もう一方で保温をしたい時など、

ピコグリル498の全体を調理で使う時に困ります。

 

特に炎が燃え盛り、焚火台を体から遠ざけて使う場合に負担が大きくなります。

 

重い薪を火ばさみで掴みながら、少し離れた焚火台に薪をくべるので

腰に負担がかかる姿勢を取ることになります。

 

そのため、地べたスタイルを好んでいる筆者には少々薪の入れづらさを感じてしまうのです。

 

ということで、なんとかこの薪の入れにくさをなんとか改善できないだろうかと、

ピコグリル498を使った調理の際に薪を入れやすくする方法を独自に考えてみたので参考にしてみてください。

 

縦向きで使う

非常にシンプルな解決法なのですが、普通は横向きで使うであろうピコグリル498を

90度回転させて縦向きに使う方法です。

 

90度向きを回転させればフレーム上にスピットや網が乗っていたとしても、まっすぐ薪を入れることができます。

 

ただし、手前側で火が高く昇った場合に奥側が使いにくくなるので、一長一短という感じです。

 

トライポッドを使用して、スピットや網を使わないようにする

トライポッドなどを使ってクッカーやダッチオープンを吊るし、スペースを作る方法です。

 

たとえば、左側はスピットなどを使わずにダッチオーブンを吊るし、その下から薪を入れられるようにし、

右側はスピットを下段で使って高火力でスキレット調理を行うという感じです。

 

この方法であればトライポッド側に薪を入れるスペースができるので、

割と自由が効くのではないかと考えます。

 

火床を90度回転して装着する(注意が必要)

※メーカーは推奨していないので、自己責任になりますので注意してください。

 

火床・炭薪受けを90度回転させて装着するという方法もあります。

 

これが・・・

こうですね。

 

こうすると、2段フレームの部分がじゃまにならず正面から薪を入れるスペースが生まれます。

また横にもスペースができるので、そちらからも薪が入れられるようになります。

 

 

ちなみに、火床は上からははめにくいので、あらかじめ下からフレームにくぐらせて上に向かって装着していくとスムーズです。

 

どうしてこの方法が成立するかというと、フレームの中心四角形の部分が正方形になっているから。

 

ただし、本来なら火床の左右下にある、火床を受ける役割の細いフレーム部分がない状態になり、

切り欠けの部分だけで火床を支えている形になるので、使っている最中に外れる可能性があります。

火床がはずれないように薪を載せすぎないようにすることや、火床の歪みや外れに注意したほうがよいと思われます。

もし、規定外の火床の向きで使う場合は左右の火床下に大きめの薪を置いて、ストッパーにしておくのもありかと思いますね。

※あくまでも、自己責任で。

 

【ブログ】使って分かった!ピコグリル498のいいところ

上段・下段の素早い使い分けが可能

ピコグリル498の最大の特徴である2段フレーム。

 

この構造のおかげで調理の際に火力調整がしやすくなっています。

 

焚火調理はガスとは違い、微妙な火力調整がものすごく難しいです。

 

ですので、火が弱くなってきて食材が焼けないからといって薪を追加すると、一気に大火力で扱いづらくなるということが起こります。

 

そんな時に、この2段フレームを利用すると火が弱くなってきたら、薪を追加することなく下段へクッカー類を移すだけで火力の維持ができます。

 

これはピコグリル398にない機能なので、焚火調理を効率よくしたいという人には嬉しいですよね。

 

軽くて薄いので持ち運び・収納が楽

ピコグリル全般に言えることなのですが「軽くて薄い」という点が良いです。

 

しっかりして頑丈な焚火台はたくさんありますが、ここまでコンパクトで軽い焚火台を生み出してくれたことは

称賛に値します。

 

キャンプを始めてみて分かったのですが、焚火をするにしても準備して車に荷物を載せて、キャンプ場現地についたら設営して・・・と様々な工程があるんですね。

 

その際に重い焚火台だと運ぶのに億劫になるし、かさばるものであれば家での保管にも困るし、

車の積み込み方法も考えなくてはなりません。

 

ですが、ピコグリル498はほぼA4サイズという大きさなので、

自宅での保管にも困りませんし、車への積み込みも書類をカバンに入れる感覚でOKです。

もちろん、キャンプ場に到着してからの設置も簡単ですし。

 

この手軽さでしっかり焚火や調理もできるのですから、スゴイとしか言いようがありませんね。

 

設置展開・収納が早い

ピコグリル498は大きく2パーツのみで構成されているので、設置が早く折りたたみもあっという間です。

 

すでに連結しているフレームを広げて・・・

 

・・・あとは火受けをはめるだけで完成です!

 

最初に火入れする前に数回練習して本番のキャンプに挑みましたが、あっさりと組み立てられました。

 

一回火入れすると慣れたのもあるのか、さらに火床がハマりやすくなったのでより簡単に組み立てと撤収を行えるようになりました。

 

キャンプでは焚火台だけでなくテントやタープなどの設営もあるので、焚火台は簡単に組み立てて

他のことに時間が使えるのはとてもいいと感じました。

 

地べたスタイルに合う高さ

筆者はパップテントで地べたスタイルなキャンプがお気に入りなのですが、

ピコグリル498は398と比べて少し火床が低くなっているため、さらに地べたスタイルでも使いやすくなっています。

 

反対にヘリノックス系のローチェアで498を使って調理をした際は少し低いなぁと感じました。

地べたスタイル以外で椅子を選ぶならロゴスのあぐらチェアやDODやバンドックの焚火椅子なんかが作業しやすそうです。

 

ヘリノックス系でも498自体を焚き火テーブルなどでわずかに底上げすれば、対応は可能です。

 

よく燃える

筆者は焚火経験がない時にピコグリル498を使ったのですが、まったく不安なく火がつけられ変なタイミングで鎮火することはありませんでした。

 

初心者でも最初の火付けさえ上手くいけば、燃焼効率が良いので安心して焚火を楽しむことができます。

 

また焚火終了後に残った灰を見てもほとんど白くなっていて、薪が完全に燃え尽きているのが分かりました。

これは、かなり燃焼効率がいい証拠ですね。

 

灰の片付けも楽

ピコグリル498は火床をフレームにひっかける切りかけの部分が簡単に抜けない構造になっているので、

フレームを持って本体を持ち上げても外れにくくなっています。

 

このため、焚火終了後に灰の片付けをする際は本体を持ち上げて、火消し壷や灰捨て場にざーっとやれば、

灰の片付けは9割完了します。

 

そもそも燃焼効率がいいので、しっかり燃えてくれるため灰や燃え残りのばらつきがなく

ほとんど細かな灰になっているため、ちりとり感覚で灰を捨てればいい状態になっています。

 

あとは、火床にうっすらついた灰をブラシなどで軽く取ってやれば完璧です。

 

片付けがストレスにならないというのは、ホント素敵です。

 

ピコグリル498のみんなの口コミ

 

 

ピコグリルを選ぶなら、398か498どっちがいい?

この項目では実際に購入する際に迷うであろう398と498。

どちらの焚火台が合うかおすすめポイントをまとめたいと思います。

498がおすすめな人

  • 薪を短くするのが面倒くさい人
  • 焚火調理をしっかり楽しみたい人

 

498は398と比べてサイズが大きいのでのこぎりなどで薪を短くするのが面倒だという人に向いています。

筆者はホームセンターで購入した40センチほどの薪を使っていますが、そのまま火床に寝かせて使えます。

キャンプを始めたてで色々するのは不安だという人に向いているでしょう。

 

また、前の項目でも説明してきたように2段フレームのおかげで火力調整がしやすくなっています。

 

ですので、焚火調理を本格的に行いたいという人にはかなりおすすめできますね。

Picogrill (ピコグリル)
¥15,800 (2021/11/26 23:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

398がおすすめな人

  • 豊富な外部オプションを使いたい人
  • キャンプ芸人ヒロシさんの大ファンだという人

 

398は豊富なサードパーティー製(外部)オプションがあるので、先輩ユーザーさんが使っている定評のある五徳や網を使うことができます。

キャンプ芸人のヒロシさんが使っていることをきっかけに爆発的に人気になったので、情報も多くカスタマイズや活用例もすぐに調べられるでしょう。

そういったみんなが使っている安心感を求める人にかなりおすすめです。

Picogrill (ピコグリル)
¥14,000 (2021/11/26 23:01:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブログ・ピコグリル498使用レビュー!気になる点いい点は?398との比較 まとめ

今回の記事では

を紹介しました。

少し気になる点もありますが、そのあたりは使っていくことでカバーできそうな範囲です。

調理をしっかりしたいという人におすすめしたい焚火台ですので、ぜひぜひ使ってみてくださいね!

 

それでは、また!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください