30代兼業パパブロガーのプロフィールを見る

妊娠中のカフェイン摂りすぎに注意。コーヒーより多いものを知ってる?

今回は、妊娠中・授乳中の気になるカフェイン摂取に関する記事です。

ひでさん

妊娠をすると色々と食事の制限がかかりますよね。

うちの奥さんも妊娠中はたくさん我慢をしていました。

 

特に好きなコーヒーを「カフェインが入っているから」と飲むのをやめて、

たんぽぽコーヒー(コーヒーではない)に変えてコーヒーの雰囲気だけ味わうことにしていたようです。

 

…というように、妊娠中はコーヒーを避けがちですが、

そもそもの話。

実は注意すべきは、コーヒーそのものではなく「カフェインの摂取量」なんです。

 

この、カフェインに注目してみると

実は、コーヒー以外にもカフェインが多く入っているものがたくさんあるのです。

 

コーヒーは摂らないようにしているけれど、

他の食品でコーヒーより多くのカフェインを摂っていませんか?

 

もし気になるなら一度チェックしてみることをおすすめします。

今回は、そんな妊娠中・授乳中のカフェイン摂取についてお伝えします。

そもそも、妊娠中のカフェイン摂りすぎは何がいけないの?

特に妊娠&授乳中はいろんな食事制限がかかりますから、ストレスもたまりやすいですよね。

カフェインが入っているので、赤ちゃんに影響があるかもしれないから…と、大好きなコーヒーを我慢していらっしゃる方もおられることでしょう。

 

ネット上にはいろんな情報があふれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

気になる方のために、お医者さんが監修している記事を見つけたので、要約したいと思います。

▼元記事はこちら>>>妊婦のカフェインはなぜダメ?1日の摂取量は?取りすぎの影響は?

妊娠中にカフェインを摂りすぎると、どんな影響が?

▼カフェインを摂りすぎると次のような影響があるのだそう。

カルシウム不足や、貧血を起こしやすくなる!

カフェインを取ると、利尿作用があることは知られていますが、せっかく体内に取り入れたカルシウムや鉄分とタンニンが結合し、排尿とともに大切な栄養素を体外へ排出してしまうのです。

そのため、カフェインを摂りすぎると、母体が慢性的なカルシウム不足になったり、貧血を起こしやすくなったりすることがあります。

せっかく蓄えた栄養素が排出されてしまうのは避けたいですね。

もともと貧血気味の方も要注意です。

妊娠中期では胃もたれ、吐き気、下痢、後期では高血圧

妊娠中期からお腹が大きくなってくると胃が圧迫されてきます。

このころにカフェインを多く摂取すると、カフェインが消化器系や胃液の分泌を活発にするため、胃もたれや、吐き気、下痢などの症状を引き起こすことがあります。

また、妊娠後期になると肝機能が低下してくるため、カフェインの摂取により高血圧を誘発してしまう可能性があります。

コーヒーを飲むと消化がよくなる一方、胃酸が出すぎることもあるようです。

逆流性食道炎などがある方は摂らないほうがいいでしょう。

お腹の中の赤ちゃんへの影響

海外の研究機関によると、妊娠中のカフェインの過剰摂取は、胎児に下記のようなリスクがあると報告されています。

低酸素状態
発育障害
発育遅延
低体重児
流産・早産・死産など

これは怖いですね…。

 

▼つづいて、授乳中のカフェインについてみてみましょう。

「授乳中」のカフェイン摂りすぎはどんな影響があるの?

カフェインによる影響は、赤ちゃんが興奮しやすく、落ち着きがない、泣き止まないなどの症状があらわれるようです。

また、喫煙とカフェイン摂取が重なった場合は、乳幼児突然死症候群のリスクが高まるといわれています。

ということで、出産後の授乳中も注意が必要です。

もし、赤ちゃんが泣き止まないなという方はコーヒー以外にもカフェインを摂りすぎていないか一度見直してみることをおすすめします。

結局のところ、カフェインを摂取していい量は?

総合して考えると、妊婦が1日に摂取してもよいカフェインの量は、100mg以内にするとほとんど問題ないといわれています。

カフェインには鉄分の吸収を妨げる働きがあるため、カフェインが含まれたコーヒーや紅茶などを飲むのであれば、食後30分以上の時間をおいて摂取するほうがよいようです。

その他の食品などに含まれるカフェインも気を付けて!

また、注意してほしいのはコーヒー以外にもカフェインが含まれている食品があるということ。

同サイトによると、とても身近なものにも多く含まれているので、コーヒーだけでなくその他のものにも目を向けてみましょう。

 

一日の摂取量100mgを上回るものをサイトの表からピックアップしてみました。

▼元記事はこちら>>>妊婦のカフェインはなぜダメ?1日の摂取量は?取りすぎの影響は?

カフェインが多いもの

商品カフェインの量↑
コーヒー(ドリップタイプ)150ml100mg
玉露150ml180mg
バファリンプラスS(解熱鎮痛薬) 1回分(2錠)120mg

緑茶の玉露や、薬のバファリンにもカフェインが多く含まれています。

 

また、驚いたのは、ウーロン茶やコーラ、ココア、チョコレートにもそれなりに含まれているということ。

何気なく口にする食品なので、意外と見逃しがちですよね。

 

また、赤ちゃんのために葉酸を妊娠中に摂られる方も多いですが、カフェインとの食べ合わせも注意が必要です。

カフェインは、葉酸が体内に吸収されるのを抑える働きがあるようです。

また、カフェインには利尿作用(身体の水分を尿として排出する作用)があります。

そのためカフェインが含まれた飲み物を飲むと、身体の水分はおしっことして排出されやすくなります。

葉酸は、水に溶けやすいビタミン類のため、おしっこの回数が増えることで、葉酸も水分と一緒に排出されてしまうでしょう。

このように、葉酸とカフェインは相性がよくないようです。

▼葉酸についてはこちら>>>葉酸とカフェインは一緒に飲んでも大丈夫?お茶やコーヒーは危険?

カフェインが少ないもの

反対に次の食品はカフェインの量が少ないので安心です。

商品カフェインの量↓
コーヒー(カフェインレス)150ml 1mg
麦茶150ml0mg
ルイボスティー150ml0mg
杜仲茶150ml0mg
カフェインの量を普通のコーヒーと比べると、カフェインレスはかなり少ないんです!

ひでさん

カフェインレスコーヒーの注意点!

カフェインが少ないカフェインレスコーヒー。

妊娠中やおやすみ前にも我慢せず飲みたいという、コーヒー好きな方におすすめです。

 

…が、注意点が一つ。

 

実はあまり知られていませんが、

カフェインレスにする過程で「薬品」を使ってカフェインを抜いているものがあり、

カフェインレスだからと言って大丈夫というわけではありません。

 

パッケージに製法が書いていないものは注意しておく必要があります。

▼こちらがおすすめ

 

妊娠中のカフェインの摂りすぎに注意! まとめ

妊娠中のカフェイン摂取についてお伝えしました。

たいていの場合コーヒーは意識しますが、その他の食品にも多く含まれていることがあります。

ぜひ、注意しながら出産・育児を迎えていただければと思います。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください