Amazonチャージがお得!1000円もらえるキャンペーン再開>>>

『 dカードプリペイド』は使いすぎが心配な人も安心のお得なカード

こんにちには!ひでさんです。(@tekutekuhidesan

日常をほんのりよくする情報を発信しています。

今回は初心者におすすめのカード『dカードプリペイド』をくわしく紹介します!

ひでさん

近頃、ますますキャッシュレス化が進んでいますよね。

政府も2019年10月の増税に合わせて、キャッシュレス決済の際に5%還元する方針を打ち出しました。

▼国の政策・ポイント還元についての記事

安倍晋三首相は22日、2019年10月に予定する消費増税への経済対策として、クレジットカードなどを使ってキャッシュレス決済した際に5%のポイント還元を検討する考えを表明した。増税から20年夏の東京五輪前までの9カ月間実施する。2%の増税幅を超える負担軽減によって、増税後の景気を下支えする狙いだ。

中略

キャッシュレス決済によるポイント還元は中小小売店での購入分を対象とする方針だ。クレジットカードや電子マネー、QRコードなどでの決済が対象となる。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、会社の負担分を国が補助する。

2018/11/22付 日本経済新聞・「消費増税対策、還元ポイントは5% 9カ月間で検討」より

今後、東京オリンピックでの訪日外国人の増加などを背景にますます整備が進むものと思われます。

でも、やっぱりクレジットカードを持つのは不安です

興味はあるけど、使い方がよくわからないから、できればクレジットカードでないもので、練習してみたい。

そんな声もあると思います。

そこで、今回はクレジットカードを持つことが不安な方むけに、おすすめのカードを紹介します。

そのカードというのが・・・

『dカードプリペイド』(NTTドコモ)です!

ひでさん

 

実はこのカード、先払いのプリペイド方式で使いすぎ防止にもなるし、審査もなし、しかも年会費無料というカード初心者にぴったりのかなり手軽に持つことができるものになっています。

ドコモのカードですが、現在はドコモユーザーでなくても作ることができ、街中でよく見かけるローソンやマツモトキヨシ、高島屋などでかなりお得なポイント還元を受けることができます。

キャッシュレス化が進む現在にあって、初心者がはじめに選択すべきカードと言えるでしょう。

このカードから慣れていって、クレジットカードにステップアップというのもおすすめです。

さて、そんなdカードプリペイドとはどんなカードなのか?

詳細は以下で説明していきますね。

それでは、どうぞっ!

この記事のポイント
  • dカードプリペイドの概要がわかる
  • クレジットではない、プリペイドで安心管理!
  • カード払いが断然お得!
  • 現金より、カードのほうがこんなに節約できるなんて!

・・・ということがご覧いただけます。

dカードプリペイドをおすすめしたい人

▼まず、このdカードプリペイドをおすすめしたいのは以下の人たちです。

  • 中学生以上の子どもを持つ人
  • クレジットカードでは使いすぎてしまうという人
  • iPhoneでApple Payを使いたい人
  • 審査なし、無料で手軽に使いたい人

もし、当てはまる項目があったなら、以下で解説しますので、読み進めてみてください。

『dカードプリペイド』の基本情報

国際ブランドMastercard
年会費無料
ポイントの種類dポイント
基本ポイント還元率0.5%(200円で1P・1p=1円相当)
カード残高上限額30万円
Apple Pay使用可能

dカードプリペイドのおすすめポイントまとめ!

まずは、このdカードプリペイドのおすすめポイントを整理しておきます。

  • プリペイドでお金の管理がしやすい
  • 国内外のMastercard加盟店、全国のiD加盟店の利用でdポイントが貯まる
  • 実は、ネットショッピングもできる!
  • Apple Payに登録して使える
  • 年会費無料で、審査もなし!(発行手数料はドコモ回線契約ありの場合無料)
  • 中学生以上なら申込み可能
  • お得な還元率のお店がある!

・・・となっています。

▼以下で項目ごとに見ていきましょう。

プリペイドの特徴とは?

dカードプリペイド

プリペイドとついているとおり、この『dカードプリペイド』はプリペイドカードで、クレジットカードではありません。

MEMO
プリペイドとは、「pre(前に )paid(支払われる)」ということで、あらかじめ現金を前払いしておくカードのことです。

 

具体的な使い方としては事前にカードにお金をチャージして使います。

 

例えば、セルフのガソリンスタンドで支払いをする時に使うことが多いのがプリペイドカードですが、

ああいったように、事前に機械を通して現金をカードにチャージして使用します。

 

プリペイドカードを使うメリットは使いすぎの心配が少なくできることです。

クレジットカードは後払い式なので、思わず使いすぎて、請求が大変ということが起こりえますが、

プリペイドの前払い方式では、事前にチャージする金額を決められるので、その心配があまりありません。

 

カード初心者におすすめなのが、この点です。

国内外のMastercard加盟店、全国のiD加盟店の利用でdポイントが貯まる

dカードプリペイドは、iD加盟店やMastercard加盟店で使用することができます。

▼iDって何?という人はこちらをチェック>>>

『iD払い』と『クレカ払い』の違いとは?おすすめの使い方も紹介!

 

iD加盟店やMastercard加盟店は全国的にかなり多いので、カードをたくさん持ち歩かなくていいというメリットがありますし、一枚のカードプリペイドにポイントを集約することも可能です。

注意
ただし、クレジットカードとは違うので、すべての使用に対応しているわけではありません。以下のような使い方ができないので、注意してください。

●Mastercardが使える世界中の店舗、インターネットショップの中でも、下記お支払いにご利用いただけません。
■月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
公共料金/電話料金(ドコモの携帯電話料金を含む)/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。
■ガソリンスタンドでのお支払い
■高速道路通行料金(有人ブース)でのお支払い
■航空会社の機内販売でのお支払い
■一部ホテルでのお支払い
■各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ/POINT WALLET VISA PREPAID/Pollet Visa Prepaid/キーゴ/ウェブマネー など
■その他
ご利用先の利用環境や、弊社の定めによりご利用いただけない場合があります。
●iDが使える国内の店舗の中でも、下記お支払いにご利用いただけません。
■飲料自動販売機・ガソリンスタンド・電話料金(ドコモの携帯電話料金を含む)
その他、ご利用先の利用環境や、弊社の定めによりご利用いただけない場合があります。

ご利用できない加盟店について

上記のような利用を考えている方はクレカの方がいいですが、使いすぎが心配という方には断然プリペイドがおすすめです。

ひでさん

ネットショッピングでの使用も可能!

このカード。調べてみて驚いたのですがプリペイドでも、なんとネットショッピングもできるんです。

ただのプリペイドではなく、「Mastercard」のマークが入っていますから、そういった使い方もできるわけです。

ネットショッピングでのカード支払いはクレジットだけだと思っていたのでびっくりしました。

ひでさん

Mastercardマークが表示されているインターネットショップでご利用いただけます。
お支払い方法は「クレジットカード」をお選びください。

dカードプリペイド・カードのご利用方法より

詳しい使用方法はこちら>>>dカードプリペイド・カードのご利用方法

Apple Payに対応

Apple Payとは、アップルによる支払いサービスのことで(正確にはアプリではない。)iPhoneやApple Watchを持っている人が使えるものです。

iPhoneに(Walletアプリをとおして)dカードプリペイドを設定すれば、iD加盟店(マクドナルド、TSUTAYAなどでも)で使うことができ、iPhone自体を機械にかざせば支払いが完了します。

そのため、いちいちカードを取り出す必要がないのがメリットです。

dカードプリペイドからは少し話はそれますが、Apple PayサービスならiPhoneのWalletアプリを通してSuicaへのチャージもできたり、残高をWalletアプリから確認できます。

年会費無料で、審査もなし!(発行手数料はドコモ回線契約ありの場合無料)

使った額によって年会費が無料になるというカードも多い中、元々無料というのは大きいですよね。

さらに、審査もないというのもありがたいです。

クレジットカードの場合、下手をすると申し込んだのに審査に落ちて発行できないということがありますが、このカードでは大丈夫です。

発行手数料に関してもドコモ回線契約者なら、無料です。

ドコモ回線がない場合も「dアカウント」を作れば、申し込めますが発行手数料に200円、発送手数料に440円の合計640円かかります。

プリペイド購入時にNTTドコモが保有する、入力されたdアカウントに係る携帯電話回線のご契約者情報を利用してお申込みされた方は無料

会員規約に定める所定の項目に関するご案内より

※公式サイトを確認すると、現在は「ただいま発行手数料・発送手数料無料にて発行中」という表記があったので、ドコモ回線がなくても無料でできるようです。(2019年2月4日現在)

中学生以上なら申込み可能

中学生以上なら申し込めるというのもおすすめポイントです。

これから、キャッシュレス化がますます進む中で、将来的に子どもさんにもスマホやカードを持たせるということがあるかもしれません。

その場合は、プリペイドである『dカードプリペイド』なら安心です。

たとえば、子どもには現金でお小遣いを渡して自分自身でカードにチャージさせ、その中から自分で考えて使わせるようにすれば、金銭の管理センスも磨かれます。

しかも、マイページではクレジットカードと同じように使った分の明細や日付も確認できますので、子どもさんが何にいくら使ったか把握することも可能です。

明細を確認できるのは親としては安心です!

ひでさん

お得な還元率のお店がある!

dカードプリペイドは普通は200円で1ポイントと、0.5%の還元率ですが、

ある特定のお店では還元率が高くなっています。

しかも、普段私達が利用することの多いお店が高還元率の対象になっています。

▼詳細は以下にまとめました。

お得度・ポイント還元率まとめ

このdカードプリペイドはお得度が高く、通常のiD加盟店、Mastercard加盟店では、基本200円で1ポイントの還元(0.5%)ですが、

ローソン、マツモトキヨシなどのお店では最低でも100円で1ポイントと、還元率が倍位以上になります。

 

具体的にはマツモトキヨシと高島屋での利用では最大2.5%のポイント還元。

ローソンでは驚きの最大4.5%もお得になっちゃうんです!

 

しかも、たまったdポイントは全国の加盟店で利用できるので、上手に使えば節約にもなりますよね。

 

それでは、次からは店舗別に見ていきましょう!

ひでさん

ローソンでは最大4.5%お得!

なんと、ローソンではかなりお得な買い物ができます。

dカードプリペイドの・・・

  1. カード決済で、3%オフ
  2. カード決済で、0.5%ポイント還元
  3. カードの提示で1%ポイント還元

と、プリペイド決済をすることで、合わせて最大で4.5%お得になります。

1000円の買い物をすると、還元ポイントや割引で最大で45円分お得になるということです。

毎日ローソンに立ち寄るという人はかなりお得になりますよね。

 

オフとか、ポイント還元とか、提示とかややこしいですが、普通にチャージしてプリペイドカードで支払えばお得になるということです。

 

▼ちなみに、①の「3%オフ」に関しては・・・

一部対象外の商品・サービスがあります。税抜価格から3%割引となります。1回ごとのお買い物金額(税抜)の3%分(1円未満は切り捨て)が利用の翌月中旬にチャージされます。

dCARD・dカードならローソンでより

・・・ということで、その場で値引きになるわけではなく、翌月中旬にチャージされます。実質は3%キャッシュバックということですね。

マツモトキヨシでは、最大2.5%お得!

ドラッグストアのマツモトキヨシでは、dカードプリペイドの・・・

  1. カード決済で・・・0.5%ポイント還元
  2. カード提示で・・・1%ポイント還元
  3. 特約店ポイント・・・2%ポイント還元

合わせて最大2.5%もの還元があります。

さらに、マツモトキヨシでは同時にマツキヨポイントも貯めることが可能です!

マツキヨヘビーユーザーはdポイントも、マツキヨポイントも貯められるので、とってもお得なんです。

高島屋では2.5%還元!

高島屋では、dカードプリペイドの…

  1. カード決済で・・・0.5%
  2. カード提示で・・・1%
  3. 特約店ポイント・・・1%

合わせて最大2.5%のポイント還元があります。

百貨店では支払いがある程度高額になることも多いので、ここでの2.5%はけっこう大きいです。

なお、高島屋オンラインストアなどでは最大1.5%のポイント還元になっています。

その他

その他、ドコモオンラインショップでは最大1.5%のポイント還元。

タクシーの東京無線では1.5%のポイント還元、JR高島屋では1.5%のポイント還元があります。

MEMO
クレジット機能のある「dカード」および、「dカードGOLD」では、さらに還元率が高く、また、還元のある特約店がさらに多くなっています。

簡単な使い方の説明

実際にどう使うかも気になるところですが、以下で簡単に説明します。

 

まずは、dカードプリペイドにチャージをします。

ネットでもできますが、コンビニの店舗やATMを使った方がラクです。

iD加盟店で・・・

iD(アイディ)で!

ひでさん

と伝え、カードやスマホを機械にタッチ。支払い完了!

※Apple Payの場合は指紋認証や顔認証をします。

▼『iD』って何という人はこちらの記事で詳しく説明しています。

『iD払い』と『クレカ払い』の違いとは?おすすめの使い方も紹介!

Mastercard加盟店で・・・

マスターカードでお願いします。

ひでさん

店員さん

支払回数は?

・・・と聞かれたら、

1回払いで

ひでさん

※支払回数は1回払いを指定してください。

▼詳しくはこちら>>>店舗でのご利用方法

Mastercardマークのある、ネットショップで・・・

  • カード券面記載のMastercard番号
  • 有効期限、
  • 3桁のセキュリティコード、
  • 氏名(カード名義)

・・・などを入力します。

ここまでは、クレジットカードと同じですが、

▼少し違うのが以下の点

MEMO
カード名義は「PREPAID MEMBER」固定になっています。

詳しくはこちら>>>インターネットショッピングでのご利用方法(Mastercard)

 

以上のような感じでカードを使うことができます。

お得なカードだけど、ドコモ回線がないと申し込めないんじゃ・・・?

ドコモのカードだから、ドコモと契約していないと申し込めないのでは?

と考える方もいらっしゃるでしょうが、そこは大丈夫です!

「dアカウント」を作りさえすれば、申し込むことが可能です!

Q:dアカウントはドコモの契約がなくても作成できますか?
A:dアカウントはドコモの回線をお持ちでない方でも作成できます。作成方法は「新規作成ガイド」をご覧ください。

よくあるご質問 -dアカウントについて-

ちょっと気になる、アンドロイドスマホでの使い勝手は・・・?

気になるのがこの点。

公式サイトでは、Apple Pay推しのようで、アンドロイドスマホでの利用についてはほとんど書かれていません。

ネット情報ではアプリを使って、アンドロイドスマホでもかざして使えるとあったりするのですが、定かではありません。

申し訳ありませんが、この部分は引き続きしらべてみたいと思います。

ひでさん

ただ、カード自体を機械にかざせば使用できるので、iPhoneをかざす場合に比べて少し手間にはなりますが、アンドロイドの方はその方法で決済するのが確実です。

まとめ

さて、dカードプリペイドについて見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に、おすすめポイントをまとめたいと思います。

dカードプリペイドを特におすすめできる人
  • クレジットカードが苦手な方
  • ローソンのヘビーユーザー
  • マツモトキヨシのヘビーユーザー
  • 中学生以上の子どもに持たせたい方
  • ネットショッピングをしたい方
  • iPhoneユーザー

この記事を読んでピンときたら、ぜひぜひ申し込んでみてくださいね。

リンク>>>『dカードプリペイド』公式ページ

▼今なら1000円分チャージしてもらえるオトクなキャンペーンやってます。

リンク>>>キャンペーンページ

関連リンク

『iD払い』と『クレカ払い』の違いとは?おすすめの使い方も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください